投稿

注目記事

ベーシックインカムはここからはじまる

ベーシックインカムは国が、憲法25条の要請(国民がまともに暮らせるようにする)にしたがい国民全員に無条件で定額を定時に給付する制度のことである。そして、現在資本主義が人間の数が減ってデフレが恒常化し、制度存続に赤信号がともっているなかで私みたいに子どもをたくさんそだてるためにはつまり資本主義の今後の存続のために努力している人間に報いるのに、ベーシックインカムしかないと言うことはずっとわたしが言ってきている。 何しろ今の日本では5000万世帯のうち約半数だったか3分の1は単独世帯である。デカい声で物を言うにはこどもの世話なんてやってたらそれはできない話しなのでいわゆる世論というのは子どもの数が少ない世帯前提で進んでいるように思う。だから、ベーシックインカム月7万じゃやっていけないって騒がれている。実際のところ足りないのはボッチ(ラウドスピーカー)たちの心の寂しさを埋め合わせるなにかであって金じゃない。ボッチが7万もらったって足りるはずがない。金額の多寡ではなく、ボッチに足りないのは孤独を癒やすコミュニティーからのフィードバックだがそこは混同されて語られている。孤独を癒やすコミュニティーは「資本主義の都合により」世界からものすごい勢いで消え去っている。詳細は宮台真司などの社会学者らの研究を参照してほしい。 で、うちのように子どもがたとえば4人いるとしよう。ベーシックインカム、「足りない」7万とはいえ、両親会わせて6人分、つまり6倍、42万円が入ってくる。42万あったらそもそも足りる。足りすぎる。このブログの活動じゃなくて、いよいよ拡散りょくの強い動画に着手する時間も出来るうれしいー!! というわけでベーシックインカムを待望しているのは私のような貧乏子だくさん世帯において最も切実で真剣だ。ところが声は非常に小さい。 さて金を1億人以上の人間に配るというのは書くのは簡単だが実行するのはこれはたいへんな手続きが必要になるだろう。また、手続き以前の話として、そもそも政治的には導入は現在困難である。ところが、ベーシックインカムとまでは行かなくても、少なくともこの憲法25条の国民の権利からの要求に応えることはまもなく出来る気配が私には感じられる。 それはマイナンバーカードの驚くべき普及の加速だ。管政権は2021年度からデジタル庁を設置する。この新省庁の爆誕こそがベーシックインカムの

子供は、都市では負債。田舎ではアセット

イメージ
 不動産業に従事するある賢人が言った。 都市は、少子化を加速する。一坪あたりの生産性が厳しく問われるのは、都市の地価が高いからだ。 例えば、山梨県の北杜市は、一坪大体2万円からある。ここ、小金井市は一坪160万円と、80倍も開きがある。 子供一人、産んで育てようとしたときに、山梨と小金井で、いきなり年収が80倍も変わるか。変わるはずがない。物価が、山梨より小金井が、80倍も違うか?違わない。 ただ、そのベットを置くスペースの、地べたの値段だけが、異常に高いのである。 もともと土地を世襲していないのであれば、ローンを組んでそのスペースを確保する他ない。 したがって、都市では子供は負債なのである。 一方、田舎では、もし畑なり林業なり農業を営むんであれば、人手はあるにこしたことはない。子供を産んでも、ベットを置くスペースの価格は、都市のそれに比べればタダ同然だ。程なくして子は大きくなる。都会と違って、そのために負債を負う必要もない。子供は親の仕事を手伝うよう、育てることだってできる。それゆえ、田舎では子供はアセット(資産)となる。 子供だって、負債を抱えてきりきり舞いの、薄氷を踏んで家計をまわす親の顔、それも朝と夜だけ(ひどいときは週末だけ)挨拶し、ほとんどの時間を狭いビルの保育所で過ごすよりは、広い、自然豊かな田舎で虫など観察しながら育ったほうがいいに決まっている。 都会の親の末路は、ブルシットジョブに従事して、40歳くらいになったらリタイアして田舎に引っ越すことを夢見る、的な。 あまりにもあんまりだろう。要するに都市の成長に資本主義の成長を託している限り、子供は絶対に増えない。 シットジョブはブルーカラーの。ブルシットジョブはホワイトカラーの仕事らしい。

頭おかしい国

イメージ
 センセーショナルな表題だが「頭」も、「国」ももはや共通のイメージをシェアできなくなるのに十分なほど世界はバラバラになっているところで、もし刺さる人がいたら一縷の望みをかけて書きたい。 3冊の本を挙げる。『パーソナリティ障害 いかに接し、どう克服するか』、『平気でウソをつく人たち』、『自傷行為の理解と援助』。 これらの本に共通しているのは、幼少時に深刻な虐待を親から受けると、まあ、ちょっと非常に無視できないような人格が出来上がりますってコト。その人格の具体例だとか、どんな育てられ方が問題なのか、とか、その辺は本を読んでもらいたい。 話は変わるが、Twitterか何かで、パソコンに詳しい人ってのは、単にパソコンについて質問してきた人の代わりに調べてあげているだけだっていうのがバズったそうだが激しく共感する。 正直言って虚しい。それで金がもらえたり、評価されればいいんだけれどもほとんどの場合、せいぜい訊いてきた人のイラ立ちが若干薄まる程度である。 調べるのは本当にたいした手間はかからない。若い頃はものすごく勉強が出来て高学歴な、そしていま高齢者の中にも、人に訊いて教えてもらうことが当たり前、みたいに出来上がっている人、ゆであがっているヒトがいなくも無い。そういう人たちは、インテリ風なむずかしい本を読んだりするくせに、パソコンのマニュアルだとか、ネットでググったりだとか、そういうのは決してしない。

老人たち

イメージ
  私の飲食店が土日に開くガレージセール。子ども向けのおもちゃや英語の絵本が並んでいる。(本文とは関係ありません) 最近、社会福祉的なニーズから近所の独居のお年寄りにカレーをお持ちすることがあった。このニーズは私のここ数年の福祉的な活動(たとえば障害者総合支援法、発達障害者支援法からの事業の従事、あるいはゲートキーパー養成講座の受講などでアンテナに引っかかった人への個人的な支援)でご縁があった人に対しておこなういわば市民的包摂活動である。 長年調理師をしていた彼は数年前に退職して以来、家に引きこもっている。2年前から調子が悪く、人との交流もなく、完全に孤立している。内科にはウツ病気味だと言われている。彼の主訴は全身の痛み、人の眼が気になって外に出歩くのがつらい、というもの。それに、私以外、話す相手もなく、孤独でとにかく不安だという(電話番号を教えていつでも電話してくれと言ったことが余りにもうれしかったらしくて何度もお礼を言われる(T-T))。 このコロナ禍にあって彼の外出の機会は著しく減った。週1回の食料品の買い物と、月2回程度の通院である。 私の店は飲食店なので、わたしが個人宅に商品を届けることは原則としてしない。しかし冒頭言ったように、ニーズがあったのであるときから彼に限っては届けることにした。カレーを届けるがてら、週1回、彼の安否を確認することも含まれていて、それは彼に頼まれたことである。一年ほどやっていたのだが、まれに私がその事務を失念する。彼はおなかを空かして待っているのにもかかわらず。 私も人間(しかもADHD)なので忘れることが当然ある、どうしても確実にしたいなら、電話くださいとか、店に来て下さい(歩いて1分もかからない近所)というのだが、これは本人によれば[都合によりそれは出来ない]の一点張りだ。じゃあわたし忘れることあるんでそれご了承くださいと言ってある。それは承諾された。カレー一杯650円である。 このあいだも忘れた。いつも、わたしが忘れるときはこうなる。私に無理を言って持ってきてもらっている後ろめたさから、恐縮しつつ電話かけてくる。「今日はカレーは?」 もちろん私の単なるど忘れゆえ、一方的に私はお詫びするだけである。勇気を持って、電話したのに、謝られるだけでカレーは手に入らないのである。 5回目のすっぽかしの翌週、彼はついにカレーを辞去した。お

高度経済成長の代償

イメージ
  さすがは安富教授だけはある。 なんであんなひどい政党、あんなひどいというのは維新とか、都民ファーストのことなのだが、相変わらず支持者が多いのか? この動画で答えがわかる。 要するに中身空っぽで、イデオロギーに染まっていない、それでいて、昔は家族や会社が提供していた「絆」「所属感」が得られる団体。それが維新であり、都民ファーストだというのである。 ファシズムというのはこの動画では、特定の政治哲学を示すといういよりむしろ、「集まる」ことを目的的に真ん中に据えただけの団体らしい。怖。人は集まればそれだけで十分暴力性を帯びる。 集会結社の自由が憲法で保証されているのも、為政者に人権を蹂躙されないよう国民に武器が与えられていると見るべきだ。つまり集まるというのは十分に権力的である。 問題は、中身が空っぽ、空虚で、なんのために集まっているかがまったくわからないという点だ。それは私や安富さんが問題にしているだけで、当の維新や都民ファの支持者はもちろん問題とは思っていない。 私は自民党党員になってみたものの、なんとなく中身が無いというか、私が好きな宏池会的なリベラルイデオロギーは、少なくとも聞こえてこない。重視もされていない。というか、リベラルイデオロギーはもとより、何も聞こえてこない。実は自民党も空虚である。 空虚さを争っている。というか、空虚同士で、動員を競い合っている。怖い。 それに釣られる大多数の人々。その人々の評価もぜひ動画で確認してほしい。 維新の「いかがなものか」感を知りたかったらこの動画。

哲学科卒の男が死ぬまでにあと2,000回近所のオーケーストア梶野町店に行くことを発見し錯乱

 もともと単調なことが苦手である。ところがたまたま、単調な労働(しかも賃金も支払われない)の最たるものである家事労働の担当になっている。 ペイドワークのうちほとんどがこれまた単調な労働である。そして、家に帰ってきてやるアンペイドワークも、単調な労働だ。 わたしが単調な労働に取り組むには一定時間の気晴らしが必要だ(爪を噛んだり、指の皮をヤバい痛みが出るほどむしって血を絞り出す行為を含む、これは最近、指むしりしょうとかなんとか命名された)。以前は気晴らしを「逃避」と考えて、生活のなかでは忌むべきコトで、やらないように自分を鼓舞してきた。いろいろなライフハックで、気晴らし的な時間無しで、タスクをどんどんこなせるように工夫してきた。しかしそうしたことを3日も続けるだけで、朝、いくらたくさん寝ても起きることが出来なくなる。それはウツ病の始まり以外の何物でも無い。何しろ起きてやることと言ったら、タスクだけである。それじゃ起きること自体が困難になる。 気晴らしは、単調さを隠蔽し、じつは死ぬまでずっと単調なタスクがまだ数千、万単位で残っている事実を忘れさせるに十分な程度の娯楽や刺激が無ければならない。たとえば私は週2回、近所のスーパーに買出しに行っているが、平均余命までの20年間続けるなら、あと2,000回程度やらないといけないことになる。ADHDにとってはこれは拷問以外の何物でも無い。 気晴らし、それはインターネットだったり、サブスクの動画視聴だったりいろいろだが、まとまった時間が取れないので短時間で終わるYoutube動画視聴になりがちだ。 油断するとあるいは、1日の中に無理矢理、たくさんの単調労働を詰め込むとヤバいループが回り出す。寝不足と、そして後まわし、先延ばしにした単調労働が終わらないという無限ループだ。 たまればたまるほど、先延ばしにすればするほど、取りかかるのに必要な気晴らしに要する時間は長くなる。すると当然寝不足になってしまう。寝不足になればますます単調労働は増えていくし、また取り掛かりに必要な気晴らし時間も比例して増える。 かといって、気晴らしを全肯定しむしろタスクより優先する勢いでやり過ぎるとどうなるか。当然、単調労働が消化しきれずたまっていく。するとどんどん寝る時間は無くなっていく。 気がつくと頭の中で、死にたいという言葉しかまわっていないことに気がつく。死

ニーアル ファーガソン著書2冊読書感想文

イメージ
 ハーバード大学の歴史学者ニーアル・ファーガソン氏の著作を最近読んだので短めに感想を書きたい。 『マネーの進化史』 私の問題意識は、各国の中央銀行がかつて無い規模で通貨を発行して、金がだぶだぶになっているのにもかかわらず、その配分が適切さを欠き、道徳的に看過出来ない貧困や困窮が先進国の至る所で見つかり続けているのはなぜかと言うこと。 この本を読むと、マネーは、極めて少数の国家エリートとか、レントシーカー、株主団体、金融機関、巨大政府系ファンド(年金基金とか)などにその操縦を寡占され来たし、これからもそうであり続けるであろうことがよく分かる。 彼らは何も、世代的に困窮状態に置かれたサイレントマジョリティーだとか、とうの昔から経済的な罰ゲーム(負の外部性、外部不経済)を押しつけてきた気の毒な女性たち(家事育児などを担わされている人)のことを気の毒に思い、何とかしなければという志のもとで仕事しているわけではない。まったくちがう。 そういうわけで、マネーという、人の生き死ににのっぴきならないいわば社会的装置の運転が一部のエリートや世襲政治家、そしてそいつらに言いように操作される博識ではない巨大ファンド運用担当者などのおかげで、引き続き貧困や格差が解消される見通しは期待出来ないことがはっきりした。 何せ私とは比べものにならないほど膨大な文献に当たってきた歴史学者の言うことなんだから、多分そうだろうと思う。 お金を印刷して債務を次世代に押しつけながら、自分たちの当面の権益を守ろうとする政治的な主導勢力がいる。日本では高齢者だし、アメリカでは各種利益団体や誤ったイデオロギー、政治的知識に汚染された政治家、評論家、ロビイストらだ。 まあこれ以上言ってもしょうが無いので、読んでの感想としては、死にたくなってしまったのでTM瞑想のやり方の動画を見てやって、寝ることにした。ふて寝である。 2冊目。『劣化国家』 マネーが当てにならないとなると今度は国家である。国家は、私たちの今の絶望に何らかの光を与えてくれるんだろうか?わらにもすがる思いで読んだ。 著者は、アダム・スミスの『国富論』から、「滅多に引用されることがない」とされる「定常状態」に至った国の末路について説明した。 定常状態というのは、かつて豊かだったが今は成長を止めた国の状態のことである。豊かで、成長は止まったとしても、洗練され、

カジノ、何が問題か? だれがなんのために進めようとしているか?

イメージ
  トホホ。 この動画見ればわかるけど、まあ、見ないほうが幸せで心穏やかに暮らせるんで、趣味がよい方にしかおすすめしませんけど、寒いな。 漫画とか、ドラマの世界みたいなことが「ホンマ」