投稿

注目記事

ADHDの私が落ち着いて集中できるようになった、たったひとつの理由

私の人生は、やるべきことが出てくる、やる、フィードバックが得られるのくりかえしでした。というか、先進国の成人の活動はそういうことに収斂していきますよね。仕事も生活も。

私の問題は、これは10代になるとすぐ自覚したんですが、物事に集中できない。飽きっぽい。物忘れ、ケアレスミス、おっちょこちょい、物を無くす。こういうのに苛まされ続けてきました。

子どもの頃は、たとえばいまでも忘れないのですが、冬にプールの微生物を採集しようという理科の授業で、網をプールの底に落としてみたり。大人になればなったで、本の注文部数を間違えて何千冊も多く発注したり。消費税の書類を出し忘れて何十万円も損したりとか。枚挙にいとまはありません。

なにかに取り組んでいるとすぐほかのことが気になります。そして実際、途中で放り出してほかのことをはじめてしまいます。その結果、何も完成せず、中途半端な成果しか得られません。また、大人になるとこの弊害の影響は深刻化します。

特定のビジネスをおっぱじめても飽きてしまって苦痛になります。もちろん、さすがに放置するわけにも行かないので、我慢してやるんですが、年々、うんざり具合が高まってきていました。収入(売上)が減っても、決まり切ったことをやるのが精一杯なので、必ずじり貧になるのです。家計は火の車になります。

KADOKAWAの川上社長がこういっていたのに非常に共感を覚えました。引用します。
僕は、仕事をすることが退屈で仕方がない。結果が分かっているのに、結果が出るまでには半年かかったりして、かったるくてやっていられない。それを数学を勉強することで、何とかごまかして毎日を過ごしているのです(笑)。(週刊ダイヤモンド2018.6.27)  結果が分かっていること、これまでに何十、何百とやってきた所作、活動、これをやるのがもうダメなんです。会社勤めも、何がいちばん「恐怖」だったかといえば、役職を上り詰めていって、席があそこに移って、そして部屋があそこになって、最後定年、お花もらってはいさよなら、みたいなそういうのが日常的に見えるわけです。それがもう無理でした。なぜ無理かというと、生き物としての人間の最大の恐怖である「死」へのコースに見えるじゃないですか。結局は、毎日会社いにいって、そして何十年後かは、あの個室の中にいるハゲの社長みたいに加齢臭を発する老齢となり、定年で終わ…

子育てしやすい社会が到来するのはみんなが死んだあと

子育てしやすい社会とは、どんな社会のことか? 私の答えは、金の心配なく、子どもといつまでも一緒に過ごして遊べる社会のこと。つまりベーシックインカムで生活が保障されている社会のこと。そうした時間を親子が過ごせてはじめて、子どもの持つ「愛される権利」が充足される。

それに対し、現政権がいっている「女性が活躍できる社会」「女性が輝く社会」。こういうのは幼稚園児の寝言並みに間違った、トンデモオカルト論であり、意味がまったく分からない。

この国の、致命的に馬鹿な首相(とその放送作家)は、これをいうときに、女性が、いったい、どこで、どんな尺度で「活躍」したり「輝く」社会を目指しているのか。これがまずわからない。

そもそも子ども育てるのに、仕事とか、育児といった線引きは成り立たない。生き物としての人間が、子どもに愛情表現したり、世話をする状況において、「はい、5時なので、バイバーイ」とかあり得ない。まずこの現実を見ないといけない。そうしたら、もっぱらこれを担っている人に、もっと活躍しろとか、さらになにかかがやけとかいうのは、ほとんどディスリであり、テロ的言説とさえ言える。つまり、保育園もろくすっぽ作っていないが、とりあえず何時から何時までは働け、と強要しているわけで、その間の子どもの世話についてはナンの言及もない。(おまけにクソ狂ったオリンピックとかをオッパじめているので、ますますヤバい)。ここがまず重要だ。百歩譲って、保育園を整備してみたとしても、家事は盛りだくさんで、この家事が有償(つまりベーシックインカム)にならないかぎり、女性がさらに活躍したり輝く余裕など一ミリもない。というか、今女性の多くは、子育て育児、がんばっている。

そして、もう活躍もしたくなければ、輝きたくもない、それ以前に、余計なお世話だと、政権の戯言にいらついている。

男性が育児参加したらじゃあ、どうなるか。その男性(つまりたとえば私のことだが)の「生産性」がだだ下がりするだけ。育児参加した男性の労働時間は減り、成果物ももちろん減る。それでいいんだろうか?

小学校で習う漢字も読めなければ、沖縄の知事とカンペなしで話しもできない。ほんとうにおわってる。

パラダイムシフトを待つしかない。つまり、今の世代が全員死んだ後の話しである。そのための種まきとしてこのブログはある。

NHKスペシャルマネーワールドも「BIしかない」

NHKスペシャル マネー・ワールド~資本主義の未来~第2集▽仕事がなくなる!?
見た。
このブログで再三話している結論になった。たぶんプロデューサーやディレクターが読んでいる本が私とかぶっているということだろう。その結論とは、今後数年から十年程度のあいだに、ほとんどの人の仕事、とりわけホワイトカラーや専門職(会計士や弁護士など)の高給取りの仕事がAIに代替される、というもの。だから、政府はベーシックインカムの政策を何とかして実現しないと、社会不安となってヤバいぞと。人が死ぬ事態になるぞと。そういう結論だ。
今、すでにベーシックインカム状態になっている人というのは日本にも至る所で目にすることが出来、またその数は増え続けている。それは誰かというと、年金生活者や、相続地主(アパマンで家賃収入で暮らしている人)、創業株主とその係累等、(中小)企業のオーナー代表者のことである。
そういう人たちが、はたして、面倒な仕事の全部を近隣植民地から引っ張ってこられた奴隷に丸投げし、自分たちは不労所得で自由を満喫したローマ市民と同じように暮らしているのかどうなのか? 私は実際のところは分からない。人によるだろう、それは。そんな、何百万人もいる人のかたまりについて、どう暮らしているか、況んやローマ市民とくらべてどうかなど、分かるわけがない。
ただひとついえることは、こういう不労所得の人たちが、たくさんある時間を使って、よりよい社会を作り出すために文化や哲学思想を深めて、ルネサンス時代のような豊かな社会状況になっているのかどうか。良い政治家を選んで、前世代が将来に向けて希望を持てる世の中にしているのかどうなのか。国際的なさまざまな指標を見る限り、日本は残念ながら恥ずかしいほど低いレベルにとどまっているというのが私の印象だ。
それはそうと、AIでは昔の産業革命時代のように、ブルーカラーの仕事を奪うということではない点に注意が必要である。昔は、イノベーションによって、一部の雇用がうしなわれはしたものの、新しい雇用がまた生み出された。しかし今回は違うというのがもっぱらの学者たちの見解だ。
私は都合により、この4月頃からプログラミングの勉強をはじめた。もともとVBAとか、PHPとか、pythonとか、ちょこちょこ必要なものはかじってきたが、今回はウェブサイトのフロントエンドでは欠かせないJavas…

貧困と疎外

沖縄の若い貧困女性を取材したラジオを聞いて分かったのは、彼女たちは小学校高学年で学校に行くのをあきらめ、十代で妊娠してすぐ離婚し、シングルマザーとなっている。そして、一様に、「中国が攻めてくる」ことをもっともおそれている。同じ世代のママコミュニティーはおもにSNS上にある。国際条約など知るよしもなく、「みんなが言ってるよ」ということだけを根拠に、「ネトウヨカルト」思想にすっかり染まってしまっている。(ちなみに、「中国脅威論」が気になって気になって仕方がない方は、1度、心療内科か地域の福祉事務……(以下省略))
 この沖縄の事例が、全体の何人かは知らないけれども、少なくとも琉球大の教授が調べた限り、こうした女性は増えているらしい。
 非常にまずいと思う。
 もう一点、慶応大学の学生グループが調べたのを朝日新聞で見たんだけど、今の年金制度は、将来世代がもらえる分を、今の高齢者が先食いしているような状態になっているらしい。というか、そもそも日本の金融資産の多くを保有する高齢者を利するために、日銀が株価を支えたり国債を買っている時点で、十分に高齢者優遇の構造。それに加えて、年金も今の高齢者の、いうならばベーシックインカムのために若者から吸い取られていることがもう完全にはっきりしている。
 国民年金は、20歳になると払う義務が生じる。奨学金を借りた学生は、そこからこの年金を払うことが推奨されている。貧しい学生に借金までさせて、この国は高齢者にお金をばらまいている。
 もう今の30歳以下の人は、そして子どもがいる40歳以下の人は全員、いますぐまずは過払い金があるかどうかを司法書士法人イストワールに電話して「スッキリ」するのではなくて、生活保護を受給できないか、地域の福祉事務所に行くべきだろう。
 さらにいうと、大事なお金が、若者を搾取するシルバーデモクラシーの、このクズな構造を堅持したまま、低い生活保護の捕捉率を放置したまま、2年後の土建屋とメディア(いずれも黄昏れた業界だ)のための最後の花火――オリンピックのために使われようとしている。
 ここでは、マルクスのいう「疎外」という概念について、勉強をはじめるときだと思う。いったい何でこんなことになっちまったのか。はーあ。

タワマンでも子どもが優秀に育ち、死産率も下げるには?!

イメージ
2018.9.21のTBSラジオ荒川強啓デイキャッチでは、タワーマンションでは次のような問題が実証されてきているといっていました。
子どもの成績が伸び悩む死産率が有為に上がる鬱病になりやすい死亡リスク高まる(高層階からのマウンティングストレス) 理由としては、人間(ここでいう人間というのはサピエンスのこと、サピエンス全史読もう!)はこんな高い塔の上で「生きる」ためにそもそもできていないから、あらゆる不具合が出るのが当たり前ということ。詳しくは、このラジオクラウドで聞けるので、TBSラジオクラウドで検索して聞いてね。

タワマンなんてものに住んで不具合が出る。まったく不思議じゃないですよ。むしろタワマンに住んだほうがいいなんてのは、自然には受け入れがたいあり得ない話しで、それは不動産や建築資本の息のかかった学者やメディアだけで見られる「フェイク」といって間違いない。(消したのはあとから読んでみて気持ち悪かったから)

ポジティブなことをいうのがこの媒体の志なので、じゃあ、運悪くタワマンに住んだらどうやってこれらの問題を克服すればいいのか。簡単です。
なるべく子どもを自然に連れ出し、自然と触れさせる実家(タワマンではない)で子作り&出産運動する 何でも、タワマンは上層階は気圧が低いらしい。私は低気圧で偏頭痛とか、あれこれ不具合が生じるので、年中低気圧だったらマジつらい。しかし、タワマンに住んでいると、エレベータに乗って下に降りるのがおっくうになり、だんだんこもりがちになります。しかしそれが諸悪の根源でしょう。何とかしてこれを克服して、タワマンの害を減らす努力が必要です。

風を感じない。緑を見ることができない。季節を感じない。こうした低刺激環境では、人間の感覚が劣化して、ひいては感情や意欲、集中力も減衰してしまうそうです。怖!!

住むだけでこんな努力をしないといけないなんてたいへんですね。古屋を改造して住んだほうがよほどましです(cf.埼玉の仙人)。

だいたい、塾の経営wをはじめて思うが、勉強に興味も関心も持たない子どもは、頭がいい悪い以前の話しで、いちばんヤバい。頭が悪くても? 勉強対象に意欲や好奇心があれば、その分野の成績は上がるし、それで勉強成功体験でほかの科目も上がり、結局頭が良い人に変身できる! でも、そもそも意欲がないんだったら、勉強をはじめたとしても一秒で眠気が襲…

勉強法の罠

私の趣味は勉強法でした。つまり、私が好きなのは勉強そのものではなく、そのやり方をあれこれたしかめる趣味的な読書のことです。中学の頃から勉強法が好きでした。実際のところ、勉強法を実践するのは、勉強法を読み聴きすることとはまったく異なる種類の活動だということです。そしてそれは、苦行であり、地獄です。

いつの時代も、膨大な数の「勉強法」本が発売されています。そして、こうすれば東大に受かる、こうすれば司法試験に一発合格する、勉強こそコスパが高い、等という惹句に煽られて、楽しく勉強法を読みます。そして、「やればできるんだ」という未来への(じつは根拠のない)自信に満たされる。こういう読書体験を続けてきました。

そして、肝心の勉強はしないのです。当然勉強法の効果は上がりません。「やればできる」けどやらない。だからできない。そのまま年月が経っていく。いい車を手に入れても、目的地に向けて出発せず、車を眺めるだけで満足してしまう。でもじつはこれが「普通」なんです。

勉強法の本は、著者が輝かしい、そしてやや異常性すら帯びる「神童」なのにもかかわらず、自らを「普通」「暗記は苦手」「スマホで気が散る」など、読者と同じレベルに落として話を始めます。勉強法という商法のこれは定石なのです。が、もちろん、神童が普通のワケがありません。彼ら彼女らは、車を手に入れるやいなや、一目散に目的地に向けて走りだし、走り続けることができる、非常にめずらしいタイプの「個」なのです。

私は塾の仕事を始めて1年以上経ちますし、また自分の子どもを育てていて思うんですが、勉強なんてものは勉強法がどうのこうの以前に、やりたくない、不愉快で耐え難い苦行であることに変わりはありません。どんなに環境を整えても、たちまち眠くなるのが勉強ですし、それで寝ても、また勉強しはじめれば例外なく眠くなります。

ですから、眠くもならずに猛勉強をして、(仮にそこに勉強法のハックはあったとしても)東大に、司法試験に、ガシガシ受かる「普通の」子どもというのは存在しません。もともとすごい子どもが、さらに教育投資や文化資本の後ろ盾を得て、やっと受かるのが東大であり、難関資格なのです。勉強法なんてものは、うどんにかける七色唐辛子程度のものに過ぎないのです。

ある勉強本のアマゾンのレビューにこう書いてありました。
率直に申し上げて、方法論は参考になるやも知…

士業のおわりと取り戻される自由

人口減少で市場が縮小し、資本主義のエンジンである金利も説明が付かない低迷を続け、株価は政府がかってやっと水準を維持しているありさま。

もはやタコが自分の足を食べている、そんな資本主義の黄昏が、夏の終わりの「カナカナかな」虫の音と共に妙にリアルに感じられる今日この頃、こんな本を見つけました。

バベる! (単行本)――萱原 正嗣 岡 啓輔 (著)
自分でビルを建ててる人がいます。2005年~着工、今も途中です。地下一階、地上三階。
私この人を取材したテレビ番組見たことあるんですが、自分のビルを建てることに時間とお金がかかり、無収入だというのです。
こういう人にこそ、ベーシックインカムが必要なのではないでしょうか?
そして、これから話すとおり、じつはほとんどの人が、このような「自分で建てる」「自分でやる」つまり士業に頼まない世界がやってこようとしているのです。
建築士、弁護士、医師、会計士、税理士、行政書士、保育士。
行政と個人の法的関係を調える代行業の皆様です。もちろん、命の安全にも関わっています。彼らは、お金をもらって、個人が本来やるべきことの一部を代行します。
昔は、個人はお金を外部の市場から稼いできて、そしてそのために時間がなくなってしまうため、余ったお金で本来自分がやるべきことを士業の人に外部委託していました。
ところが、外部の市場が腐ってしまったため、個人にお金が入らなくなりました。その代わりに、暇な時間がふえました。
お金と時間は、私が思うにトレードオフ(どっちかということ。両方は選べない、質量保存の法則を思いだそう)。
家庭を持つほとんどの人は、男女老若問わず、その暇な時間、政府からおしつけられた家事育児に狂奔することになっています。しかしベーシックインカムが始まれば、ちょっとだけこの家事育児の陳腐なアンペイドワークから時間を取り戻せます。

二歳児童発見「師匠」に学ぶ幸せの作り方

2018年夏に、山口県で行方不明になった二歳の男児を、78歳の「ボランティア師匠」(と呼ばれている一般=行政でも、男児の関係者でもない完全に素人の男性)が発見しました。

この人は65歳で自営していた鮮魚店をやめてから、日本を徒歩で縦断したり、登山道を整備しながら山登りしたりとすごい人。

学歴も何もない人間だが、残りの人生を社会にお返しさせてもらおうと思ってきた さて、この大師匠は、日本を縦走するにも、登山道を整備するにも、一日二日でできることではなく、長期的な目標を立ててじっくり取り組むことに取り組んでいます。

ここで注目したいのが、一定の目標を立てたり、ずっとそうなりたいと願ってきたことが実現すると脳内に分泌される脳内物質「ドーパミン」です。お金持ちになりたいと思った人が宝くじに当たったり、大学や資格試験に合格してもこの物質がでて人はハッピーを味わえます。

わたしも僭越ですが、知っています。わたしの場合は、一流大学に合格したい、というのと、彼女がほしい、というのでしたが、それらがかなえられたときは、確かに世界が違って見えたものでした。

しかしこのドーパミンは、数日で雲散霧消してしまいます。つまり、日常に戻ってしまうのです。確かに、大学に合格したり、日本を歩いて縦走したゴールに達成したあと、数日もすればまた元の日常がやってくる、これは当たり前の話です。

そこでまた人間は、新しい目標を立てて、ドーパミンによるカタルシスを得るプロセスに戻るわけです。それが結局、人類の遺伝子に組み込まれた「成長」ということなのかもしれません。

ボランティア師匠の例でいうと、次々と「偉業」を成し遂げています。日本を歩いて縦走する、山に登山道を整備する、もちろん東日本大震災でもボランティアに駆けつけています。そして今回、行方不明児童を自ら単身で乗り込んで、見事にさがしだしたのです。師匠の家は大分で、山口まではもちろん自分の負担で車で行くわけです。

次に、アドレナリンという物質について考えてみたいと思います。ジェットコースターに乗ったり、クラブでギャーギャー騒いで踊ったりして盛り上がると脳内に分泌される「アゲアゲ物質」それがアドレナリンです。

師匠も、子供を見つけるために自宅を出発するときとか、不明になった場所の山に入って探し始めた節は、この「アドレナリン」がでていたことでしょう。そして、山…