投稿

注目記事

長年、このブログを書いてきましたが……

長年、このブログを書いてきました。

私は犬を2007年から飼い始めました。ラムっていう名前の雌のチワワ。ブログもこの頃書き始めました。先週、7/3水曜日に、12年の寿命をまっとうして、その犬は亡くなりました。わたし毎日喪失感に苦しめられています。

でもブログは続きます。私が生きているからです。

私がブログで訴えている内容は、ラベル(カテゴリー)を見ればだいたい分かるでしょう、一貫している。ベーシックインカムしかない、ということ。ベーシックインカム、あるいはそういう、巨大な価値転換、富の再分配が必要だという熱烈主張です。

私の家族は6人家族。働いているのは私と妻。ひとり8万もらえるなら、月48万。ヒャッホウ!って話ですよ。最高です。そうなったら。いけませんか?国から金もらって、愛する家族との愉快なくらしを楽しんじゃ、いけないんですか? なにか間違っていますか?(反論は受け付けません)

さて本音はさておき。この資本主義という、数百年間人類が使ってきたイデオロギーがもうポンコツになって使えない。そう思います。本来、ヒャッホウ楽しい、家族大好き、いつまでも一緒に時間を過ごしたい。そう思うのが家族でしょう。でも、働かないといけない。奨学金もある。仕事に出ていって長時間家に父母がいない。おかしいだろこれ。子どもは、そういう親を見て、子ども作りたいって思うかな?

何しろ、地球の富の半分を、たった8人が寡占しているわけです(NHK BS欲望の資本主義)。新しいイデオロギー(虚構)を考えないと、人が新しく産まれてきても不幸だし、みんなが不幸になってきている。人を不幸にする思想や虚構は、絶対に間違っている。

ユリアス・ノバ・ハラリ、マルクス・ガブリエル。現代の知性はみんな、今の人類の主要な虚構(資本主義とか)は、「間違っている」といっている。うちらよりぜんぜん、歴史や哲学をめっちゃ勉強している超天才が、「間違っている」っていってるんだから、まずは彼らの本を読んで、どう間違っているのか、勉強しましたよ、私は。私はね。私はそうしたって話で、他の人は知りません。

1人でも多くの、生まれてきた人が、愉快にこの地球で人生をまっとうできる。それをきちんと実現できる、資本主義に変わるイデオロギーを考えるときが来たんだ、そのことをこのブログでずっといっています。

私は、1992年から四年間、西洋哲学…

シャドウワークが消えたから請求しようそうしよう!

昨日も書いたが、仕事や消費支出は、与えられた時間や予算枠をめいっぱい使い切るまで、膨張するというパーキンソンの法則。

今日本の男性は、かつてなく妻にも働いてもらいたいと熱望している。

低下し続ける実質手取り賃金本当は子どもや妻と時間を過ごしたい欲求 しかし、妻は妻で、昔ながらの安定のジェンダー役割である「家事育児」をやるのにいっぱいいっぱいで、とうてい外に働きに出るなどあり得ないというのが本音である。

仕事は、定時とか、時給とか、給料とか、いろいろな「枠」があるので、パーキンソンの法則が働いたとしても膨張にも限りがある。しかし、家事はどうだろう。朝起きて、旦那が会社に出かけ、子どもも学校に出したあとは、時間は無尽蔵だ。上司もいなければ、労働時間を記した雇用契約書もない。納品のための仕様書もない。つまりパーキンソンの法則に従えば、無限にやることが湧いて出てくる事態。それが家事育児である。

テキトーに済ますことができないのである。

そういう状況のなかで、夫から、妻も働くよう期待されたら妻はどうなるか。ほとんどの場合、幸福度が低下し、イライラが募り、場合によっては鬱病に罹患するかもしれない。なぜならすでに家事育児担当者はパーキンソンの法則によりタスクが寝る時間以外のすべての時間を覆うまでに膨張しており、外で働く余地は一ミリものこされていないからである。そこを無理に働けば、不全感が募って前述の通り不幸になり病を罹患することになる。

心療内科で、ここ数年激増している疾患がある。もちろんそれは鬱病である。これは、別に絶対数が増えたのではなく、受診する人が増えたということらしい。昔から人口の一定数、鬱病はいたが、近年の傾向として、心療内科の敷居が下がり、昔は病院に行かなかった一も、気軽に受診するようになった。鬱病治療薬を売りたい製薬メーカーのプロパガンダが奏功している証だ。まあそれはいいや。

いいたいことは結局、人間にとって、そもそも家事育児と仕事の両立というのは本性に反する無理ゲーだということである。もう絶対に無理な話で、それを無理矢理やらせても医者がよいが増えるばかりで社会全体にとって一ミリもプラスにならない。

なぜなら子どもは、家に帰っても自分でカギを開けて親の帰りを待つライフスタイルになる。これ絶対によくないだろう。どんなことよりもこれはよくない。子どもに話しかけたり、や…

技術が進歩したのになぜ家事や労働に私たちが追われ続けているのか

技術が進歩したのになぜ家事や労働に私たちが追われ続けているのか。
Gigazineによれば、それは次の3つの理由からだという(アメリカの社会学者ジュリエット・ショア-氏による考察)

パーキンソンの法則経済的地位の再生産社会制度 1のパーキンソンの法則は次の通り
仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する これは仕事に限らず、家事にも該当する。私の経験からいうと、1日予定がない場合、家を片付けたり掃除をはじめる。はじめたときはいくらでも時間があるように思えて、あれもこれもと片っ端から気になったことに着手する。結果としてすべて中途半端か終わらずに夜になり自己嫌悪に陥る。

納期のある仕事とない仕事を考えてみてもこれは歴然としている。納期のない仕事は、単に着手できないか、殊勝にも着手できても決して完遂しない。

私にとって完遂できる仕事は、やらないとマジでやばい内容、たとえば税務申告(やらないと最悪国から処分される)、支払(利子などでふくれあがるばかりか信用を失う)、家族の健康と生命の安全に関わる内容(見守りが必要な公園遊びの随伴や食料、消耗品の補充など)。

これ以外の、まあ長期的にはやったほうがいい課題について取り組むのは極めてむずかしい。その理由はパーキンソンの法則で、与えられた時間の枠がない仕事というのは、決して終わらないのである。終わらない理由は、無限に細かくタスクが、ウジ虫みたいに湧いて出てきて、無間地獄にハマるから。そういう状態は極めて居心地が悪いため、着手自体を忌避するようになる。

2の経済的地位の再生産。これは子どもにも、自分と同じように大学出て就職して稼げるようになってもらうために、(もはやだいぶうさんくさく持続可能性も黄色信号がともっているにもかかわらず)人生のレールの上を走らせるためのすべての活動だ。塾や学校への送り迎えや、利用できるすべての給付制度への申請書類作成作業が含まれる。

3の社会制度。これは法律を変えない限り絶対に変わらない。つまり、1日何時間働くか。就業時間のことだ。今は週40時間が標準になっている。マーケットフロンティアが枯渇し縮小するパイの奪い合いが苛烈を極めるいまの資本主義社会ではすべての営利企業の経営者は、週40時間つまり1日8時間は、従業員を使えると思っている。それを、自社だけ短く短縮するインセンティブはまったく…

物より時間を買うほうが幸せに

GIGAZINEのこの記事によると、人は物を買うのではなく、時間を買うほうが幸せになれるという。

時間を買うというのはどういうことか。具体的には外食に行く、家事や育児を外部化する(お手伝いさんやベビーシッターなどを雇う)、何も自分がやらなくてもできるルーティンワークを人に頼む。そういうことである。

これは本当にその通りだと思う。毎日、朝起きて、今日も昨日と同じ、そして一生のうちで何百回とやらないといけないルーティンワークが待っていると思ったら、どんな朝でも鬱々として布団から出たくない。

とくに私のようにADHDっぽいとなおさらキツイ。つまらなくて単調なルーティンワークからの逃避のインセンティブは、普通の人の何倍にもなる。取りかかるにはクスリ(コンサータとか)が必要である。

しかし、クスリを飲んでまでやるんじゃなくて、人に頼めるものは出してしまうという発想もありだ。そうしてできた時間を、しっかりと大切に使うことができるだろうし、その方が人生の満足度は高い。

号泣必須!!山本太郎「偽善者と呼ばれて」動画を娘に見せようとしたら断られた件

イメージ
私はこの動画を見て、この人神だと思った。そして、多くの視聴者がそうであったように、もう泣いてしまった。便所で。ウ○コしながら。ごめんなさい、お食事中の方。



いや、変に崇拝するとか、絶対視するとかではなく、見た人ひとりひとりが、彼を自分に降霊させて、彼になりきってまわりの人に泣きながら話せるように練習して動画を取ってアップするまでやるべきだろう。音楽はエピデミックサウンドとか契約しよう。ひと月だけでもいい、1500円くらい。音楽重要。宣伝にね。



で、このなりきり山本太郎大作戦挙行、手始めに、最寄りにいる有権者で娘でもある大学生に「山本太郎がさあ、昨日の演説で、偽善者、格好つけてんじゃねーよと聴衆からディスられてそれに号泣しながら反論する動画見ない?」と行ったら、「ケッコーデース」と秒殺。



で、代わりに何を見ているのかなーと覗くと、たぶん、自分のサークルの練習風景かなんかの動画を見てる。



いや、そんな自分たちのわっしょいヒャッホウ動画見てる場合じゃなくて、日本が壊れてるんだけどって言ったけど意味わかんね、みたいな。というかうるさい?



ガーン!!



というか、これは当たり前の反応ですよね。これこそが真実であり、現実です。太郎の演説は、非日常だからこそ面白い。ファンタジーなんです。花畑、とかいって批判する人もいる。お花畑。便利な言葉だね、でももう古いよ。90年頃からいってる人いる。



私が言いたいのは、「関心」。人々の関心が、ちんまりしたスマホの画面に完全にジャックされてしまっている状況。そして、その画面に映し出されるのは、自分が見たいものだけ。あるいはゲーム。



関心が満たされることが重要。それも、低コストで、居ながらにして、すぐに。テクノロジーがそれを可能にしている。GAFA儲かる。そういう動画を作るアプリケーション作る会社も儲かる。それらは、個別の国に納税しないで、タックスヘブンへ。



目の前で音を立ててすべてが壊れていく。太郎の泣き声とともに。泣いて、聴衆に背を向けた太郎。「ガンバレー」ってみんな応援した。みんな泣いていたんだろう。感動だ。



これ、ヤバいのが、帝国劇場のレ・ミゼラブル見ている農協のご一行様じゃなくて、現実問題で青ざめて太郎の話を聞きに来ている当事者たちだってこと。非日常と日常が転換してしまってる。



もう頭がぶっ壊れそうになってきた。横で、学校から帰ってき…

確実に何かが変わろうとしている

最近私は、気候変動の原因が本当にわずかなトップの富裕層の「せい」であることを知った。グレタさんなどの運動に関連する何かの論評で読んだ。

ずっと、世界の富の半分を、昨年現在で26名が寡占している現状。あるいは、ひたすら先進国の債務が積み上がる一方なのに、なぜか金利は低いままという謎現象。これらから資本主義がオワコンであることを指摘する学者は枚挙にいとまがない。

山本太郎がツアーを始めているが、彼が演説している中身はテーマごとにほぼ小話としてまとまって彼の頭の中に入っている。彼はパワポを画面に映して、およそこれまでの政党のリーダーのイメージとは完全に異なる、まったく新しい新世代の演説スタイルを確立している。そして、その洗練され、わかりやすく、そして事実に基づくコンテンツが聴衆の心をしっかりつかみ、巨大なうねりとなっている気がしてならない。

今日はこのウェブサイトを紹介したい。
https://wired.jp/2019/10/17/capitalocene/

一部の富裕層による欲望にまかせた資本の増殖を許し続けるのならば、この地球に住む多くの人たちに、未来はない。これは間違いなくいえる。しかも、最初に死ぬのはもちろん、貧しくて立場の弱い人たちから、である。

アメリカの操り人形として政府の中枢には「空虚」な人たちがとりあえず座ってはいるものの、地球規模で轟音を上げて近づいている私たち人類の危機に気がついて、ヤバイぞこれと声をあげ始めている人が日増しに増えている。

彼ら為政者がいちばん恐れているのは、この「声」にほかならない。声に。いまはまだ、憲法が活きているから声をあげることができる。他人の資産を殖やすために自分の人生と地球をあきらめることはとうていできない。

お父さんが出張で飛行機に乗るっていう人がいたら、グレタさんみたいに学校を休んで声をあげよう。飛行機に乗る人も、飛行機を作る人も、結局何かの資本の増殖のためにそうしているはずだ(ほとんど)。飛行機に乗るのを、やめよう。飛行場へと続く電車にも乗らない。私たちにはベーシックインカムがある。そして請求する権利は憲法25条にちゃんと書いてある。ベーシックインカムを請求し、運動する時間を手にしよう。政府宛に、今すぐ請求書を書こう。消費税はおまけしようね。

子どもを狭い場所に長期間詰め込むと起こるトラブルあるある

よく虐待や育児放棄が話題になるが、その原因が意外に、極めて些末な、小さなトラブルが原因で、具体的なそのトラブル内容は明文化される機会も多くないことに注意しなければならない。

私は今日は台風で家に子どもが全員いるが、極めて危険な状態に容易に転化しやすい。たとえば――、

焼きそばに入れる紅ショウガの配分本を貸してくれ、いやだの応酬TVのチャンネル争い性格批判や「いつもそうだ」みたいな証拠のないクレーム 特に、本を貸せ、持っているだろう、いやだ持っていない、ウソをつけ、といったことから殴り合いに発展しそうになった。大声で物理的な距離をまず離し、本を貸してくれといったほうの当事者に、その本をいますぐ買ってやるからといって(ただし支払は本人名義口座から引き落とし)、事なきを得る。

本のタイトルは、『約束のネバーランド』(1~14巻)であった。これで、たぶん7000円。23日で読み終わる。これじゃ、スマホ育児、スマホ保育したくならないわけがない。

スマホさえ与えて適当に動画とかゲームやらせておけば、こうしたトラブルも起きない。親も平和で、金も出て行かない。

しかしスマホ、ゲームはうちは厳しく時間管理しているので、上記のようなアナログなトラブルがしょっちゅう生じる。

このように、育児の現場では、想定外であまり知られていない、取るに足らない些細なトラブルが、人間のエネルギーの大部分を消耗する。こうした消耗や、家庭内の平和維持、デジタルデトックスの仕事に対して、支払われる報酬はゼロである。金が払われないから理不尽な気持ちになってくる。子どもの安全は、親の忍耐力「だけ」にかかっている。

マスコミで騒がれるようなレベルの育児放棄や虐待はたしかにひどいが、マスコミのニュースになるほどだから実際は滅多にないことだ。だが、子ども育児放棄や殺害などの致命的な「末路」にもいたる小さな育児トラブルは、日々、日本中の子育て世帯で起こり続けている。ここをフューチャーしていくことが急務だろう。

具体的にはケアマネージャーをそういう家庭に常駐させて、細かい家事や育児のもろもろに対処する。もちろんベーシックインカムも必須である。

ヒヤリハットという言葉、ググってみてほしい。正直、育児家事はヒヤリハットの連続だ。工場とかではヒヤリハットの標語の元、だいぶもう効率化され、安全になっただろう(ただ、そうして生み出さ…

子供が学校からもらってきた消費税についての広報パンフ

公立中学の子供が学校で配られたといって、消費税について詳しく説明するパンフを渡してきました。

借金だから返さないといけない、とか。
消費税は他の税と違って安定している、とか。

非常に一面的な、政府に都合がいい情報だけが書いてあります。したがって、次のことは書いてありません。

逆進性が最も高く殺人税制であること。
ここ20年にわたり下げられた法人税の埋め合わせであること。
相続税や利子所得にかかる税など高額所得者を優遇するいびつな税制になっていること。
借金を返すったって、国の借金を返したら金が減るだけでますますデフレになること。

しかしこれ、中学生の子供に説明できたかというとまだできていません。2時間くらいかかるんでしょうね。きっと。でも時間をかけて説明しないといけないと思っています。親としては。