投稿

注目記事

ADHDの私が落ち着いて集中できるようになった、たったひとつの理由

私の人生は、やるべきことが出てくる、やる、フィードバックが得られるのくりかえしでした。というか、先進国の成人の活動はそういうことに収斂していきますよね。仕事も生活も。

私の問題は、これは10代になるとすぐ自覚したんですが、物事に集中できない。飽きっぽい。物忘れ、ケアレスミス、おっちょこちょい、物を無くす。こういうのに苛まされ続けてきました。

子どもの頃は、たとえばいまでも忘れないのですが、冬にプールの微生物を採集しようという理科の授業で、網をプールの底に落としてみたり。大人になればなったで、本の注文部数を間違えて何千冊も多く発注したり。消費税の書類を出し忘れて何十万円も損したりとか。枚挙にいとまはありません。

なにかに取り組んでいるとすぐほかのことが気になります。そして実際、途中で放り出してほかのことをはじめてしまいます。その結果、何も完成せず、中途半端な成果しか得られません。また、大人になるとこの弊害の影響は深刻化します。

特定のビジネスをおっぱじめても飽きてしまって苦痛になります。もちろん、さすがに放置するわけにも行かないので、我慢してやるんですが、年々、うんざり具合が高まってきていました。収入(売上)が減っても、決まり切ったことをやるのが精一杯なので、必ずじり貧になるのです。家計は火の車になります。

KADOKAWAの川上社長がこういっていたのに非常に共感を覚えました。引用します。
僕は、仕事をすることが退屈で仕方がない。結果が分かっているのに、結果が出るまでには半年かかったりして、かったるくてやっていられない。それを数学を勉強することで、何とかごまかして毎日を過ごしているのです(笑)。(週刊ダイヤモンド2018.6.27)  結果が分かっていること、これまでに何十、何百とやってきた所作、活動、これをやるのがもうダメなんです。会社勤めも、何がいちばん「恐怖」だったかといえば、役職を上り詰めていって、席があそこに移って、そして部屋があそこになって、最後定年、お花もらってはいさよなら、みたいなそういうのが日常的に見えるわけです。それがもう無理でした。なぜ無理かというと、生き物としての人間の最大の恐怖である「死」へのコースに見えるじゃないですか。結局は、毎日会社いにいって、そして何十年後かは、あの個室の中にいるハゲの社長みたいに加齢臭を発する老齢となり、定年で終わ…

ルサンチマン諸君、カタルシスはアートで味わおう

ネット上で誰でも何でも言えるようになった結果、非常に数は少ないけれど、ネトウヨとか、ネトサヨのトンデモカルト暴言が伝え漏れてくるご時世だ。

私はSNSにはそんなに知り合いがいないのでこういう体験はないが、先日あるラジオで、「知人がネットでネトウヨに与するような書き込みをしているのを見たときほどがっかりすることはない」というのを見た。

実際に、知り合いがそういうことをしたら(たとえばLGBTを生産性がないと攻撃した破たん政治家を擁護したりしたら)、私はその知り合いとは直ちに関係を断つか、またはランチに誘うなどして最終的には別の方法で憂さ晴らしを勧めようと思っている。

憂さ晴らしというとふざけているように聞こえるかもしれないが、鬱はれっきとした病気で、トンネリング(視野狭窄)の中で、見苦しい前近代的な発言をネットに書き込むのは「憂さ」がもはや周囲に迷惑になるほど重篤化してきており、鬱病になりかけていることを意味していると私には思える。したがって、ここではやはり、憂さ晴らしが喫緊の処方となるだろう。

私がおすすめする憂さ晴らし、それはアートだ。絵画、詩作、何でもいい。なにかを創出することがもっともすばらしいことだと思う。

アートが人にすばらしい効果をもたらす証拠は、科学的に次々解明され、枚挙にいとまがない。ただ、わかりやすいところでいうと、これまたNHKクローズアップ現代の世界が注目!アートの力が社会を変える!とか、ドヤ街と詩人とおっちゃんたちをみるとよいだろう。アートは何より人を幸福にしてくれる。そして、孤独から脱する機会を与えてくれるし、健康長寿にも効果がある(医者がそういうほどである)。

そもそも人類は、何千年何万年も前から、壁に絵を描いたりしてきた。「表現欲求」は本能に根ざした切実なモノであるはずで、それを抑えたり、ないものと思い込んだりするのははなはだ不健康で、不幸への片道切符となり得る。どんなひとでも、絵を描く、絵が下手なら、詩を書く、文章を書く(これのブログ!?)、そういう表現活動を日常的に暮らしに取り入れて、幸せになることができるのだ。

ネトウヨの諸君は、みっともない排外主義の受け売りや擁護はやめて、何でもいいからはじめてみたらよいと思う。

ただ、詩作については一点だけ注意したいことがある。それは寝不足になると危ないということ。

NHKクローズアップ現代…

消費税はあげなくても破たんしないらしい

高橋先生のこの記事によると、消費税の増税は財政健全化のためには不要である。なぜならすでに財政は、負債=資産となっており健全になっているからだ。

にもかかわらず、政府与党は躍起になって増税に前のめりだ。というかほとんどの識者は、上げないといけないと思っているようである。

毎年1兆円増える社会保障費に充当するために消費税を上げるというのは、つまり貧乏人は不摂生の責任は自分たちで何とかしてほしいというのが、為政者および資産家たちの本音。たしかに公的部門が多くの債権を持っているとはいえ、それをみすみす健全化などのために、つまりお国のためなんかに計算に入れられるのはまっぴらだということであろう。

税は、社会保障の分も含めると勤労者の所得の半分近くに迫っている(国民負担率、財務省のHP参照)。そして、その勤労者の給与はもう何年も上がっていないどころか下がっている(厚労省があれこれ操作してもそれは隠しようもない)。上場企業の株のPBRとか、いろんな指標はどんどん上がってきているし、内部留保も過去最高に達しようとしている。

国民はこうした不都合な真実を、マスコミや政府によって目立たないようにされてしまい、麻薬的な記号消費(ボードリヤール)に奔走している。陰謀論を言うわけではないので、まさにこれは「神の見えざる手」により、穏やかに格差社会が進展していく。

とにかく私は、消費税などというチマチマしたモノでごまかさずに、堂々と法人税とか、GAFAによって海外に移転された莫大な富をこの国民に戻すよう、ベーシックインカムという「水道」を通さないといけないと引き続き声を大にして訴えていきたい。

財源を言い出して「力への意志」に陶酔するのはバカの典型

何でもかんでも、再分配の話をするや否や、それをかぎつけて「財源はどうするんじゃ」とつっこむ輩は珍しくない。自我が貧弱で、社会的包摂にも恵まれず、いつも悔しい思いをしているから、そういう自分のアイデンティティを支えるために、記号的消費がかさんでいるに違いない。生活に必要以上に金がかかるから、さらに税金が上がるのはたまったものじゃないと、視野狭窄の中でわめく。偉そうに財源を主張するのは、このように、みじめな境遇をカミングアウトしただけの結果に終わるからきをつけてほしい。
「財源はどこから出すんだ」という話になる。でも、よく考えてみてください。年金で約50兆円、医療で約40兆円もの予算をかけている。一方で、極端な話、日本のすべての大学を無料化した場合でも、2兆~3兆円くらいあれば足りる。ケタが全然違うわけですよね。出典 財源をうんぬんするのは財務省だけで十分なのであり、私たちは国民として、今や世界的にすっかり恥ずかしい、取るに足らない「限界国家」、消えゆく国になるその瀬戸際にある。

引き続き、孤独なアイデンティティをでかい話やばかげたファンタジー(たとえば噴飯の「美しい国」とか!)にもたれさせかけて生きていきたいのなら、現実逃避をやめてまずはしっかり人の話を聞いたほうがいいだろう。若い人たちの特殊詐欺犯罪(振り込め詐欺など)による「再分配」がどんどん進んでいる。振り込め詐欺による世代間所得移転に比べれば、私のこのブログ、私のベーシックインカムの訴えなどホコリ以下といっていい。

ただ、一つだけ老婆心ながら言い添えたい、振り込め詐欺は、若い人への、高齢者からの再分配に、結果としてなっている。年間何百億円もの金額で、二桁パーセントの勢いで毎年増えている。とはいえ、100兆円に迫ろうとする年金、医療の予算に比べれば、数百億円は微々たるものだ。

子育てしやすい社会が到来するのはみんなが死んだあと

子育てしやすい社会とは、どんな社会のことか? 私の答えは、金の心配なく、子どもといつまでも一緒に過ごして遊べる社会のこと。つまりベーシックインカムで生活が保障されている社会のこと。そうした時間を親子が過ごせてはじめて、子どもの持つ「愛される権利」が充足される。

それに対し、現政権がいっている「女性が活躍できる社会」「女性が輝く社会」。こういうのは幼稚園児の寝言並みに間違った、トンデモオカルト論であり、意味がまったく分からない。

この国の、致命的に馬鹿な首相(とその放送作家)は、これをいうときに、女性が、いったい、どこで、どんな尺度で「活躍」したり「輝く」社会を目指しているのか。これがまずわからない。

そもそも子ども育てるのに、仕事とか、育児といった線引きは成り立たない。生き物としての人間が、子どもに愛情表現したり、世話をする状況において、「はい、5時なので、バイバーイ」とかあり得ない。まずこの現実を見ないといけない。そうしたら、もっぱらこれを担っている人に、もっと活躍しろとか、さらになにかかがやけとかいうのは、ほとんどディスリであり、テロ的言説とさえ言える。つまり、保育園もろくすっぽ作っていないが、とりあえず何時から何時までは働け、と強要しているわけで、その間の子どもの世話についてはナンの言及もない。(おまけにクソ狂ったオリンピックとかをオッパじめているので、ますますヤバい)。ここがまず重要だ。百歩譲って、保育園を整備してみたとしても、家事は盛りだくさんで、この家事が有償(つまりベーシックインカム)にならないかぎり、女性がさらに活躍したり輝く余裕など一ミリもない。というか、今女性の多くは、子育て育児、がんばっている。

そして、もう活躍もしたくなければ、輝きたくもない、それ以前に、余計なお世話だと、政権の戯言にいらついている。

男性が育児参加したらじゃあ、どうなるか。その男性(つまりたとえば私のことだが)の「生産性」がだだ下がりするだけ。育児参加した男性の労働時間は減り、成果物ももちろん減る。それでいいんだろうか?

小学校で習う漢字も読めなければ、沖縄の知事とカンペなしで話しもできない。ほんとうにおわってる。

パラダイムシフトを待つしかない。つまり、今の世代が全員死んだ後の話しである。そのための種まきとしてこのブログはある。

NHKスペシャルマネーワールドも「BIしかない」

NHKスペシャル マネー・ワールド~資本主義の未来~第2集▽仕事がなくなる!?
見た。
このブログで再三話している結論になった。たぶんプロデューサーやディレクターが読んでいる本が私とかぶっているということだろう。その結論とは、今後数年から十年程度のあいだに、ほとんどの人の仕事、とりわけホワイトカラーや専門職(会計士や弁護士など)の高給取りの仕事がAIに代替される、というもの。だから、政府はベーシックインカムの政策を何とかして実現しないと、社会不安となってヤバいぞと。人が死ぬ事態になるぞと。そういう結論だ。
今、すでにベーシックインカム状態になっている人というのは日本にも至る所で目にすることが出来、またその数は増え続けている。それは誰かというと、年金生活者や、相続地主(アパマンで家賃収入で暮らしている人)、創業株主とその係累等、(中小)企業のオーナー代表者のことである。
そういう人たちが、はたして、面倒な仕事の全部を近隣植民地から引っ張ってこられた奴隷に丸投げし、自分たちは不労所得で自由を満喫したローマ市民と同じように暮らしているのかどうなのか? 私は実際のところは分からない。人によるだろう、それは。そんな、何百万人もいる人のかたまりについて、どう暮らしているか、況んやローマ市民とくらべてどうかなど、分かるわけがない。
ただひとついえることは、こういう不労所得の人たちが、たくさんある時間を使って、よりよい社会を作り出すために文化や哲学思想を深めて、ルネサンス時代のような豊かな社会状況になっているのかどうか。良い政治家を選んで、前世代が将来に向けて希望を持てる世の中にしているのかどうなのか。国際的なさまざまな指標を見る限り、日本は残念ながら恥ずかしいほど低いレベルにとどまっているというのが私の印象だ。
それはそうと、AIでは昔の産業革命時代のように、ブルーカラーの仕事を奪うということではない点に注意が必要である。昔は、イノベーションによって、一部の雇用がうしなわれはしたものの、新しい雇用がまた生み出された。しかし今回は違うというのがもっぱらの学者たちの見解だ。
私は都合により、この4月頃からプログラミングの勉強をはじめた。もともとVBAとか、PHPとか、pythonとか、ちょこちょこ必要なものはかじってきたが、今回はウェブサイトのフロントエンドでは欠かせないJavas…

貧困と疎外

沖縄の若い貧困女性を取材したラジオを聞いて分かったのは、彼女たちは小学校高学年で学校に行くのをあきらめ、十代で妊娠してすぐ離婚し、シングルマザーとなっている。そして、一様に、「中国が攻めてくる」ことをもっともおそれている。同じ世代のママコミュニティーはおもにSNS上にある。国際条約など知るよしもなく、「みんなが言ってるよ」ということだけを根拠に、「ネトウヨカルト」思想にすっかり染まってしまっている。(ちなみに、「中国脅威論」が気になって気になって仕方がない方は、1度、心療内科か地域の福祉事務……(以下省略))
 この沖縄の事例が、全体の何人かは知らないけれども、少なくとも琉球大の教授が調べた限り、こうした女性は増えているらしい。
 非常にまずいと思う。
 もう一点、慶応大学の学生グループが調べたのを朝日新聞で見たんだけど、今の年金制度は、将来世代がもらえる分を、今の高齢者が先食いしているような状態になっているらしい。というか、そもそも日本の金融資産の多くを保有する高齢者を利するために、日銀が株価を支えたり国債を買っている時点で、十分に高齢者優遇の構造。それに加えて、年金も今の高齢者の、いうならばベーシックインカムのために若者から吸い取られていることがもう完全にはっきりしている。
 国民年金は、20歳になると払う義務が生じる。奨学金を借りた学生は、そこからこの年金を払うことが推奨されている。貧しい学生に借金までさせて、この国は高齢者にお金をばらまいている。
 もう今の30歳以下の人は、そして子どもがいる40歳以下の人は全員、いますぐまずは過払い金があるかどうかを司法書士法人イストワールに電話して「スッキリ」するのではなくて、生活保護を受給できないか、地域の福祉事務所に行くべきだろう。
 さらにいうと、大事なお金が、若者を搾取するシルバーデモクラシーの、このクズな構造を堅持したまま、低い生活保護の捕捉率を放置したまま、2年後の土建屋とメディア(いずれも黄昏れた業界だ)のための最後の花火――オリンピックのために使われようとしている。
 ここでは、マルクスのいう「疎外」という概念について、勉強をはじめるときだと思う。いったい何でこんなことになっちまったのか。はーあ。

タワマンでも子どもが優秀に育ち、死産率も下げるには?!

イメージ
2018.9.21のTBSラジオ荒川強啓デイキャッチでは、タワーマンションでは次のような問題が実証されてきているといっていました。
子どもの成績が伸び悩む死産率が有為に上がる鬱病になりやすい死亡リスク高まる(高層階からのマウンティングストレス) 理由としては、人間(ここでいう人間というのはサピエンスのこと、サピエンス全史読もう!)はこんな高い塔の上で「生きる」ためにそもそもできていないから、あらゆる不具合が出るのが当たり前ということ。詳しくは、このラジオクラウドで聞けるので、TBSラジオクラウドで検索して聞いてね。

タワマンなんてものに住んで不具合が出る。まったく不思議じゃないですよ。むしろタワマンに住んだほうがいいなんてのは、自然には受け入れがたいあり得ない話しで、それは不動産や建築資本の息のかかった学者やメディアだけで見られる「フェイク」といって間違いない。(消したのはあとから読んでみて気持ち悪かったから)

ポジティブなことをいうのがこの媒体の志なので、じゃあ、運悪くタワマンに住んだらどうやってこれらの問題を克服すればいいのか。簡単です。
なるべく子どもを自然に連れ出し、自然と触れさせる実家(タワマンではない)で子作り&出産運動する 何でも、タワマンは上層階は気圧が低いらしい。私は低気圧で偏頭痛とか、あれこれ不具合が生じるので、年中低気圧だったらマジつらい。しかし、タワマンに住んでいると、エレベータに乗って下に降りるのがおっくうになり、だんだんこもりがちになります。しかしそれが諸悪の根源でしょう。何とかしてこれを克服して、タワマンの害を減らす努力が必要です。

風を感じない。緑を見ることができない。季節を感じない。こうした低刺激環境では、人間の感覚が劣化して、ひいては感情や意欲、集中力も減衰してしまうそうです。怖!!

住むだけでこんな努力をしないといけないなんてたいへんですね。古屋を改造して住んだほうがよほどましです(cf.埼玉の仙人)。

だいたい、塾の経営wをはじめて思うが、勉強に興味も関心も持たない子どもは、頭がいい悪い以前の話しで、いちばんヤバい。頭が悪くても? 勉強対象に意欲や好奇心があれば、その分野の成績は上がるし、それで勉強成功体験でほかの科目も上がり、結局頭が良い人に変身できる! でも、そもそも意欲がないんだったら、勉強をはじめたとしても一秒で眠気が襲…