投稿

注目記事

ADHDの私が落ち着いて集中できるようになった、たったひとつの理由

私の人生は、やるべきことが出てくる、やる、フィードバックが得られるのくりかえしでした。というか、先進国の成人の活動はそういうことに収斂していきますよね。仕事も生活も。

私の問題は、これは10代になるとすぐ自覚したんですが、物事に集中できない。飽きっぽい。物忘れ、ケアレスミス、おっちょこちょい、物を無くす。こういうのに苛まされ続けてきました。

子どもの頃は、たとえばいまでも忘れないのですが、冬にプールの微生物を採集しようという理科の授業で、網をプールの底に落としてみたり。大人になればなったで、本の注文部数を間違えて何千冊も多く発注したり。消費税の書類を出し忘れて何十万円も損したりとか。枚挙にいとまはありません。

なにかに取り組んでいるとすぐほかのことが気になります。そして実際、途中で放り出してほかのことをはじめてしまいます。その結果、何も完成せず、中途半端な成果しか得られません。また、大人になるとこの弊害の影響は深刻化します。

特定のビジネスをおっぱじめても飽きてしまって苦痛になります。もちろん、さすがに放置するわけにも行かないので、我慢してやるんですが、年々、うんざり具合が高まってきていました。収入(売上)が減っても、決まり切ったことをやるのが精一杯なので、必ずじり貧になるのです。家計は火の車になります。

KADOKAWAの川上社長がこういっていたのに非常に共感を覚えました。引用します。
僕は、仕事をすることが退屈で仕方がない。結果が分かっているのに、結果が出るまでには半年かかったりして、かったるくてやっていられない。それを数学を勉強することで、何とかごまかして毎日を過ごしているのです(笑)。(週刊ダイヤモンド2018.6.27)  結果が分かっていること、これまでに何十、何百とやってきた所作、活動、これをやるのがもうダメなんです。会社勤めも、何がいちばん「恐怖」だったかといえば、役職を上り詰めていって、席があそこに移って、そして部屋があそこになって、最後定年、お花もらってはいさよなら、みたいなそういうのが日常的に見えるわけです。それがもう無理でした。なぜ無理かというと、生き物としての人間の最大の恐怖である「死」へのコースに見えるじゃないですか。結局は、毎日会社いにいって、そして何十年後かは、あの個室の中にいるハゲの社長みたいに加齢臭を発する老齢となり、定年で終わ…

二歳児童発見「師匠」に学ぶ幸せの作り方

2018年夏に、山口県で行方不明になった二歳の男児を、78歳の「ボランティア師匠」(と呼ばれている一般=行政でも、男児の関係者でもない完全に素人の男性)が発見しました。

この人は65歳で自営していた鮮魚店をやめてから、日本を徒歩で縦断したり、登山道を整備しながら山登りしたりとすごい人。

学歴も何もない人間だが、残りの人生を社会にお返しさせてもらおうと思ってきた さて、この大師匠は、日本を縦走するにも、登山道を整備するにも、一日二日でできることではなく、長期的な目標を立ててじっくり取り組むことに取り組んでいます。

ここで注目したいのが、一定の目標を立てたり、ずっとそうなりたいと願ってきたことが実現すると脳内に分泌される脳内物質「ドーパミン」です。お金持ちになりたいと思った人が宝くじに当たったり、大学や資格試験に合格してもこの物質がでて人はハッピーを味わえます。

わたしも僭越ですが、知っています。わたしの場合は、一流大学に合格したい、というのと、彼女がほしい、というのでしたが、それらがかなえられたときは、確かに世界が違って見えたものでした。

しかしこのドーパミンは、数日で雲散霧消してしまいます。つまり、日常に戻ってしまうのです。確かに、大学に合格したり、日本を歩いて縦走したゴールに達成したあと、数日もすればまた元の日常がやってくる、これは当たり前の話です。

そこでまた人間は、新しい目標を立てて、ドーパミンによるカタルシスを得るプロセスに戻るわけです。それが結局、人類の遺伝子に組み込まれた「成長」ということなのかもしれません。

ボランティア師匠の例でいうと、次々と「偉業」を成し遂げています。日本を歩いて縦走する、山に登山道を整備する、もちろん東日本大震災でもボランティアに駆けつけています。そして今回、行方不明児童を自ら単身で乗り込んで、見事にさがしだしたのです。師匠の家は大分で、山口まではもちろん自分の負担で車で行くわけです。

次に、アドレナリンという物質について考えてみたいと思います。ジェットコースターに乗ったり、クラブでギャーギャー騒いで踊ったりして盛り上がると脳内に分泌される「アゲアゲ物質」それがアドレナリンです。

師匠も、子供を見つけるために自宅を出発するときとか、不明になった場所の山に入って探し始めた節は、この「アドレナリン」がでていたことでしょう。そして、山…

すべての教育はBIに通ず

同じ教科書を7回読む 東大を首席で卒業したNY集弁護士山口さんがおっしゃるおなじみの勉強法です。

同じことを繰り返す得意と苦手をくみあわせる(三〇分ごとに) 準備から片付けるまでをセットで考える 2番目は、集中力を持続させるための工夫。国語を30分読んだら算数を30分解くとか。
3番目は、時間と空間をコントロールする良い習慣を身につけることの大切さ。勉強は乱雑なものがあふれた「適当な」空間だとなかなかはかどらないだろうという。それを片付けるのもまた勉強の習慣に含めれば自己管理力が高まり非認知能力の向上につながる。

しかしそうはいってもこれできないんだったらはい就職もそこそこで、最後はロボットに職を奪われてしまうっす、みたいなのがいまの世。

勉強法は短期的な効果ではなく、「読んで考える」という人間だけがゼロ円でできることをしっかりとできるようになることが一番大事だと思う。

まあそのためにもベーシックインカムが重要だ。勉強しよう、読んで考えようったって、レジうちとか荷さばきのバイトしないと高齢者向けの仕送り(家賃と社会保障費の支払い)ができない現状では、話にならない。

勉強には時間が必要。そのためにはベーシックインカムが必要。それに、(BIが有ろうとなかろうと)勉強ができない人が世の中、実はほとんどだから、そういう人のことも考えれば、ますますベーシックインカム必要だろう。

ベーシックインカムを勉強嫌いの人に与えないのなら、誰が彼らに喜びを与えるか。ギリシャとかアメリカ、イギリスの例を持ち出すまでもなく、それは極端なイデオロギーや、カルト集団である。それらは政党の形をとって、次第に民主主義の中で広がっていきます。そうするとどうなるか。人類は歴史を、愚かな歴史を繰り返す道をすすむことになるでしょう。

いかがでしょうか(とかいっておいてコメント欄はないんだけどね)、すべての教育はBIに通じるんです。


ベーシックインカムしかない

ベーシックインカムというのは社会制度の抜本的な変更を行って達成される新しい富の再分配システムのことです。

具体的には、国民全員がだれでも無条件に、十分に高い現金を政府からもらえます。月々7万円程度だといわれています。

行政機関による審査がいらないので、給付コストがかかりません。また全員が同額をもらえるため、もらっている人いない人で妙な軋轢が生じません。

現状の社会保障給付のうち、健康保険は維持されるでしょう。ただ、年金や生活保護、ひとり親世帯への給付はベーシックインカムと似ているため見直されると思います。

私は哲学的な観点からこの制度を支持しています。つまりこの制度は、国民国家を維持するための国民の必須の義務である、「民主主義を考える」時間を捻出できるからです。

みんな考える時間がないから、短期のことしか考えない無策の政治家に唯々諾々と投票します。ほかにまともな候補がいないから、という理由で、嘘つきで不誠実な与党が支持されつづけていますが、これだと民主主義国家は壊れます。ほかにまともな候補がいないのではなくて、ほかに候補がいないかどうか考えないし、ましてやじゃあ自分が政治家になろう、つまり自分や周りの「推し」の人物の被選挙権を行使する可能性も思い至りません。

考えればわかることだともいます。しかし、だれも考えないのです。

ベーシックインカムで毎月7万とかもらえるのなら、ばかげた税金対策で農家が建てたアパートマンションに毎月6万7万もの家賃を払うための労働はいらなくなります。その時間で考えてほしいし、考える義務があります。

考えないというのは、ドイツの哲学者マルクス・ガブリエルによれば、「過ち」なのです。思考停止というのは間違いであり、倫理的な犯罪です。

いま日本は人口減少で、先進国に類を見ない、いびつな人口構成になっております。少数の現役世代が、同じ数くらいの働かない高齢者に仕送りをしています。医療費も高騰を続け、財政は毎年税収と同じ額を新規に借り入れています。

もちろん、突然ボカンといって、円が暴落してエネルギーも食料も海外から買えなくなることはあり得ないと思いますけれども、税府財務省は、このままではやばいので、(べーしくインカムなどの「寝言」ではなく)消費税を上げないとまずいと騒ぎ立てます。

しかしそれでは状況は改善しません。消費税は30パーセント近くまで上げ…

basicincome.jpに変更

当ブログのドメインは従来のconcern.jpからbasicincome.jpに変えました。

私の訴えのうち、近年ますます重要性を増すベーシックインカム導入。このテーマをドメインにしてしまうことで、より強くメディアとしての主張が伝わるのではないかとおもいます。

さて、最近は物事を訴えるにあたって、ある教育社会学者が言っていた勘所を三つ紹介しましょう。これらの勘所をしっかり押さえなければ、伝わるものも伝わらなくなります。

真実(事実)を述べる道徳(倫理)的に正しいことをいう誠実に伝える たとえば今はやりの極右排外主義や、極端な保守思想。これらは私は決してすべての人に伝わることはないと思っています。なぜなら、これらの極端な考え方はいま述べた勘所のうち、せいぜい3の誠実に伝える態度くらいしか該当しないからです。

偏向した極端な思想に染まってしまう人たちというのは、彼らがおかれている思想状況が深刻なまでに貧しくなっているからではないか、と拝察します。大変僭越ですが、客観的事実でもなく、明らかに道徳的におかしい宗教や言説、イデオロギーにハマっている、はまりそうになっている場合は、運動をしたり、行政の支援サービスを検討したり、専門医療機関を受診するなど、スクリーン越しにネットを見る以外の方法で長期的な問題解決に乗り出すことをお薦めしたいです。

もちろん、安倍政権のように、嘘ばかり言う(モリカケ問題)、道徳的に間違っている(過労死遺族と会おうとしない。災害が起こってもカジノ法案を優先する)、誠実に伝えない(国会の答弁では誠実さのみじんもない)にもかかわらず、ずっと支持されてている事象があります。これは何か、別の要素(株価とか金融緩和とか土建優先とか原発推進とかアメリカへの徹底した追従など)で政権が支持されている(というか、変わっちゃ困る事情)が絡んでいるので、今回の議論はたいして関係ありません。つまり、安倍政権は前述した3つの勘所を全部無視しても支持されている、やっぱり彼の言う保守思想は正しいじゃないかというのは違う話です。全然彼の保守思想が支持されているのではないですから(支持されているのは別の理由です、繰り返しますが)。

安倍政権を支持するかしないか。極右かどうか(極右じゃまずいんだが)。そういうのはさておき、さあ、私のこのベーシックインカムを導入する運動に参加してみてはどう…

幸せとは「身近な人との良質な関係」――数十名の75年に及ぶ追跡調査から判明

幸福な人は長生きします。長生きするのは健康だからです。健康は身近な人との良質な関係によってのみ担保されます。

幸い、ネット上――TwitterやFBなどのSNSのことですが、そこには、幸福な人生を送っている人たちの居場所はありません。SNSはもはや完全に、不幸な人たちが原因も分からず悶々とした結果、マウンティングに噴き上がって一時の「スッキリ」感を得たり、逆にひどく落ち込んだりする「不幸のループ」が暴走している現場に成り下がりました。

幸せになりたいのなら、いますぐ身近な人との関係を良いものにするか、またはもし人が身近にいない孤独状態におかれているのなら、新しいコミュニティーにはいって、少なくともスマホを置いて外出することからはじめるべきでしょう。

最近私は、地域のNPOが主催するオープンソースや格安コンピュータ(ラズパイ)の勉強会に参加してきました。

オープンソースやコンピュータのDIYというか、ラズパイのようなフリーのOSの世界は、真っ黒な画面に黙々とコマンド(命令文)を打ち込む、終わりなき設定作業に孤独に打ち込む趣味の世界ととらえられています。

しかし、実際のところ、ウィンドウズやマックのようなプロプライエタリ(営利目的)のOSではなく、リナックスのほうが、たとえば宇宙開発とか、各種サーバーインフラとか、スーパーコンピュータとか、ものすごく重要な領域で圧倒的に多く採用されています。

趣味ではなくて、むしろこれは人類のミッションというわけです。もしリナックスのようなオープンソースのOSがなければ、コンピュータのOSはアップルかマイクロソフトといった私企業の意のままに操られることになり、これはたいへん危険で憂慮すべき事態しか招きません。

ですから、このNPOのラズパイ、オープンソースの勉強会はものすごく意義があるんですけれども、実際のところ、NPOのスタッフは全員60歳以上のおじいちゃんたち16人。参加者は、ほとんどが50歳以上の何者か分かりませんがラズパイに関心を持つ市民13人。天気の良い日曜日の午後だったんですがね。

ただ、冒頭の動画を見たあとでこの会を思い出してみると、この地味で参加者の少ない、マニアックな勉強会は少なくとも幸福に満ち溢れていました。私はとてつもなく楽しかったですし(そこはすいません、ちょっとこれは楽しいと思うかどうかは個人的な資質により…

One Voice Children's Choirについて

イメージ
アメリカの任意団体で、子どもだけを成員とする合唱団「One Voice Children's Choir」というのがあります。率いているのは日本人で、MASAの愛称で呼ばれる福田真史(ふくだ・まさふみ)さん。

合唱のテクニックは教えず、子どもが本来持っている力を見つけ出してあげ、励ますことですばらしい合唱団を作り出しました。
NHKBSドキュメンタリーでも放送されたし、もちろん本家の合唱団のYoutubeチャンネルは数十万登録者数を誇り、しっかりとした地位を築いています。
私も娘が中学の合唱部に入っていて、合唱のすばらしさ、魅力を知っていましたが、別に(多くの保護者であるように)うたっている子どもを見て泣くほどでもないし、心を動かされる(ほど上手いなー)というような経験もありません。
そんな私が、このOne Voice Children's Choirでは泣けるほど感動しました。もちろん、私固有の、英語で歌われると涙腺が緩む特殊なフェティシズムもあるかもしれませんので、差し引いて読んでいただきたいです。
地域の合唱団や中学の合唱部は、これからは全部英語で歌えばいいのだと思いました。
最終的にはこの合唱団のように、広告収入である程度BI的にメンバーにお金がわたるしくみが絶対に重要です。
いま日本の社会は、宮台真司氏がいうように、経済のために社会がまわっている(本来は逆で、社会のために経済がまわらなければならない)し、それどころか、社会を削って経済を持っている状態です。
いちばんのしわ寄せは、子どもや女性など社会の弱者に出てきます。格差社会が進行し、また大学学費の高騰により、たいへんな負担で勉強して社会人になってみても、はたして幸せな人生、豊かな人生は見えるのでしょうか? 希望を持って、社会に出ようと勉強をがんばろうという空気は、今の日本にあるのでしょうか? まったくありません。
ではこの合唱団の動画をご覧下さい。


ちなみにアメリカでは社会の中で希望が失われ、格差社会が進んだ結果、involuntary celibate(インセル)という勢力が登場しています。インセルについては別に稿を起こすこともあるかもしれませんが、要するに、将来に希望が持てないような社会は、想像を絶する理由によって、巨額の外部コストを負担することになるという話しです。

さてもう一個…