宮崎駿監督の脱原発デモを報じないメディア

もしかしたら報じたのかもしれないが、地元小金井市の、社屋周辺で数分間行われた、犬と社員三名、そして宮崎氏という規模で行われた空前のデモ。メディアは、大スポンサー東電からお金が降ってくるまで静かにしていないといけないから、一切報道しない。

だから私は報道しようと思う。


宮崎氏は熱風というジブリ出版の刊行物のなかで、イデオロギーとしての脱原発はイヤだと言っている。私もそれに共感できる。共産党に典型的だけれども、イデオロギーの社会運動というのはそれを飯の種にしている怠け者が大量にいると思う。

話がずれたが、世界的な映画監督がこういうふうに原発にNoと言っているのに、報道しないダメメディアのおかげで私のこのブログメディアが相対的に価値を持ってきている予感、……しないか。

ジブリは社屋にゴーヤ?だか、グリーンな工夫をしていたりして。そういう会社が近所にあるというのは本当にうれしいし幸せなことだと思う。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬