運動は脳にもいい

長寿を研究している研究者たちによれば、運動が長寿の最大の秘訣であることは科学的に明らかだという。
運動がなぜいいかといえば、それは運動の動機付け、プランニング、筋肉への指令、呼吸や感覚器からのインプットなど、脳のあらゆる部位を使うからだそうだ。
私はそれを聞いて思った。動機付けが機能していないのなら、運動もやらない。つまり怠惰な人は、短命で終わることが推定される。僕か? 怠惰というか。動機付けがなかなか。

冒頭で、長寿を研究している研究者たちによればと書いた。筆者はどうやってこういうネタを仕入れているか開陳しよう。まず、放送大学のラジオ番組表をチェックする。興味のある講座を予約録音する。PCに落としてウォークマンに入れる。家事の合間に聴く。そうやって仕入れている。なんてことはない。

せっかくなので、動機付けを運動をするというのをやめて、運動をするついでにDVDを見るに切り替えたらすんなりできた。ちなみに見たDVDはパコと魔法の絵本(?)だったかと思う。土屋アンナ氏のヤンキー演技はこたえられない。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬