任意後見契約っていったい何なのか?


任意後見契約で調べたらなんと取り消し権と同意権はないということである。もし、認知症で被後見人がトチ狂ってメチャクチャな契約行為をしても、手も足も出ない。

善意でおばあちゃんに、格安の報酬で任意後見契約をするとしてそうなったら、任意後見人は法定後見人を家庭裁判所に選んでもらわないといけない。その場合の報酬や人選は家庭裁判所のなすがまま。もしそいつへの報酬が、任意後見監督人みたいに月何万とかだったらやりきれないことこの上ない。

逆に、高い報酬額で任意後見を結んでいたときに、法定後見が必要になって、自分(つまり任意後見人)が法定後見人に選任されたらどうなるか。報酬は間違いなく下がる。やってられるのだろうか?

報酬も人選も家庭裁判所が選ぶ、その選任のプロセスや、だいたい誰が選ばれるのかはまったくブラックボックスなのはまったくもってこの「商品社会」ではなじまない。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬