ETV特集「果てしなき除染」を見て

東京大学の児玉龍彦教授。除染のために、週一度、朝6時に起きて片道5時間かけて南相馬市に除染に出かけているという。ボランティアで。マジでえらいと思った。

専門家としての責務だという理由で。

おなじみ児玉教授の迫真の訴えに、つい涙が出そうになった。彼の行く先で待ち構えるのは途方もない量の汚染された集落、森、川。まさに果てしなき戦いである。

この番組を見て印象に残ったのは、SPEEDIを公表しなかった経済産業省の原子力安全委員会の「いい訳」。

曰く、「入力されていないデータがあったため」。児玉教授は驚く。そもそもSPEEDIはスーパーコンピュータの「予測システム」。

ないデータを予測するのが目的なんだから、データがそろってないのは当たり前。なんのためのスーパーコンピュータなのか。そんなだから仕分けられるのでは? 国民の安全を守るためという大義名分はすっぽ抜け、ツールの使い方も目的も役人も政治家も理解できていない。

だから、SPEEDIが示した放射能がより高いところへ、低いところからわざわざ人々を避難させて、よけいな被爆を加速させた。「原子力安全委員会の人たちにはそもそも能力がない、そういう人たちが除染をするってったって、私は絶対に信用できない」

寒気がした。こんな役人が、これから、広島原爆168個分もの放射能の始末をすることになる。

もう一つ印象に残ったのは、除染したあとに出る膨大な量の放射性廃棄物の問題。どうすんだマジで。あとで言うけど小金井市生ゴミ問題と同じじゃん。除染ゴミは国が責任を持って対処するということになっているそうだが、大量のゴミをどこに最終的に捨てるか、いまだ場所も時期も決まっていない。

これ、決まるわけないと思う。

小金井市のゴミ問題と同じで。

小金井市では、「市長の失言が原因で」(このカギ括弧は私はそうは本当の原因はこれだとは思っていないという意味である)生ゴミがまもなく、収集されないまま町にあふれる事態を迎える。

東京都廃棄物条例に書いてある文言(ゴミ処理のために都知事は関係自治体の調整を図らないといけない)を、私が東京都の関係部課に訊いて返ってきた答えはこうだった。

自治体が嫌だというものを、都も国も無理に押しつける権限はない──。

地方分権の時代にある意味それはそうだろうと思ったものである。小金井市のゴミは小金井市でやる他はないんじゃないかというのが都の見解だった。だから私は言った。小金井市とはいえ東京都だろう。東京都内でゴミがあふれてもいいのか知事はと。そうしたらこういった。「だって、処理するったって場所も設備も予算もないよ」(本音?)

福島で出る除染された放射性廃棄物も同じことになるに違いない。今は児玉教授が「違法にも」東京大学に持ち帰ってきているからよい(たとえば保育園の庭から出た、一袋数十マイクロシーベルトも出るもの×数十コとか)。しかし早晩限界がやってくる。

福島の美しい山里の集落から、除染のときに大量に発生する放射性の廃棄物が、国内の他のいかなる自治体も引き受けてもらえず、オマエのゴミはおまえんところでの理論でうずたかく積み上げられたまま放置される日が、かならずやってくる。

小金井のゴミも、福島の放射性廃棄物も同じ、あるひとつの限界を照らし出した。民主主義国家における地方分権と、廃棄物の問題である。

本当に生ゴミが収集されなくなったら、私は宅急便で、東京都の与党議員や知事、前小金井市長や小金井市の議員たちの自宅に、木曜日と月曜日に発送しようと考えている(なおこの文章では、目的語をあえて割愛している、私が発送するのは抗議の手紙かもしれないし、それともあるいは……)。

※余談だけれども、ETVの果てしなき除染で、児玉教授が都内のゼネコンなどに標準戸建て住宅の除染の見積もりを取ったら一軒560万だったと、南相馬市の桜井市長に話していたシーン。都内のゼネコンに見積もりを取って果たしていいのかどうか、それが疑問である。連中は、除染なんてきっと、5重くらい下請けに出して、スッカスカにして仕事するに違いない。除染は立派なことだが、ゼネコンの仕事にしていいのかどうかは私には???だ。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬