小金井市のゴミ VS. 福島の放射性がれき

小金井市のゴミ VS. 福島の放射性がれき、どこも引き受けたくないだろうが、広域支援とか、自治体の組合とかいろいろできると思う。

だから地方議員は頭を使って、生活権(とは言っていないけど、同じような思想信条の議員・議員グループとの、次回選挙をにらんだ足の引っ張り合い)なんて主張せずに本来の職責を全うしてもらいたいと強く願う。

もう法律の枠組みとして地方自治、分権の流れは抗しようがない、議員、首長にがんばってもらうほかはない。というか、私が!という、頭のいい、セクト争いしないでも生活できる余裕のある若い人(=そもそもいないんだけどね)、立候補すればいい。

東京都の環境局の高橋さんに「市長と議会が一丸となって」とか、イヤミを言われてますが。

燃やしたい人々

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬