DIY、SPFのたのしみ

SPFという木材がある。何種類かのサイズがあり、ホームセンターで格安で販売している。この木材は比較的柔らかく、ビス留めも容易で、家具などのちょっとした造作にうってつけだ。

私の場合は、必要な家具の構想をノートにメモして組み方を考え、ある程度固まったらAdobeのIllustratorで図面化。これをJマート三鷹店にファックスして切っておいてもらう。

サイズどおり切られたものを持ち帰ってきて、あとはペンキを塗る場合は塗り、組み立てるだけ。実に簡単だ。

こうした方法でいろいろな家具を作るメリットは計り知れない。もちろんコスト面では、市販のものの数分の一、場合によっては十分の一にもなる。

最近作ったものを紹介しよう。幅2メートル、奥行き1mの作業台(まずでかい。それゆえ買えば絶対に高いし、室内に搬入できるかどうかも分からない)。幅が840ミリ、長さが1900ミリという、やや小ぶりのサイズのベッド(こういうサイズのものはまず売ってない)。大きな展示用の棚(そもそも売っていない)など。これらはいずれもSPFとビスだけで1万円以下で出来る。

売ってないとか、作ればものすごく安いというものを自分で作れるというのは素直にうれしい。

ペンキを塗るとペンキ代がかかるが、プラス3,000円程度だ。サンダーという電動で紙やすりをかける機械で、表面をつるつるにして、ローラーで塗れば美しく塗れる。

これらの作業はものすごく楽しい。要らん物まで作ってしまいそうで怖い。私の人生とJマート三鷹店は切っても切り離せない。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬