風邪と僕

大学でて、会社をやめた直接の原因は、私としては慢性咽頭炎の持病のせいだと思っている。

2ヶ月とか、3ヶ月に一回必ず喉が痛くなって熱が出て、1日とか2日寝こむ、そういう人生であった。

熱が出ないようにするには、四六時中マスクをする、喉を乾燥させない、手洗いうがいをたくさんする、十分睡眠をとる、日中のストレスを溜めない、体を冷やさないなど。これらと逆のことをすればすぐに喉が腫れる。

一番まずいのは、真夏の新幹線での長期の移動や飛行機など、極端に空気が乾燥しているところで、エアコンが寒い場合。重症になる。

朝起きると、関節が痛くて、喉もつばを飲み込むと痛い。それですぐに分かる。

人間のOSは、PCのそれみたいに規則正しくなんでも同じ事をきっちり繰り返すのに向いていないと思う。だから、風邪を引かない=喉を腫らさない方法はわかってはいるが、ついつい、ということがよくある。

ため息しか出ない。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

One Voice Children's Choirについて

ADHDの私が落ち着いて集中できるようになった、たったひとつの理由