投稿

3月, 2017の投稿を表示しています

アダプティブラーニングについて

選択過多の時代 「人は自由になるほど幸福度が下がる」(Barry Schwartz 心理学者 TEDスピーカー2006)によると、近代文明社会では選択肢が多すぎて人々の選択肢が下がっています。 ・選択肢が多すぎて、そもそも選ぶことができない(なにかひとつ選んだ方が、あとで確実に利益になることが分かっていたとしても!) ・他を選べばよかったのではないかと思う ・期待度がデカくなりすぎて、なにか選んでも結局満足できない  そうすると、私たちがなにかサービスやものを提供して利益を獲得する場合は、選択肢を減らし選びやすくすることがひとつの視点として必要だといえるでしょう。  今日はいったいこの選択過剰な世の中で、では子どもにどんな勉強学習環境を提供したらよいのかについて考えます。 ICTで先進国の仕事・生活風景ががらっと変わる 今後数十年で、高度化した人工知能やコンピュータテクノロジーの進展により、人々の仕事や生活風景は大きく変わることが予測されています。『エクサスケールの衝撃』(齊藤元章・著)とか読むと。  90年代からパソコンをいじりはじめた私の実感としても、近年の進歩は驚くべきものです。しかし懸念があるのです。それは、スマホでなにもかも簡単便利にできるようになった反面、消費者の多くはスマホの利便性のテクノロジーについてなにも知らないし関心も持たなくなっているという点です。それは当たり前で、当面の必要性を満たすのに、小難しいことは一切知らなくても全部できてしまうからです。その裏を支える技術など関心が及ぶ余地は1ミリもありません。 アダプティブラーニングとアクティブラーニング みんながこうした利便性を享受するだけの消費者になったら、次の技術を作り出す人材は育ちません。ではどうしたらよいのか。政府は、これからの学びを、アクティブラーニングとアダプティブラーニングに分け、それぞれの学びを推進していくことが重要だと言っています。  アダプティブラーニングは既存理屈、体系の習得であり、アクティブラーニングの礎。だれでも、体系化されたトレーニングで習得できるので、AIで効果的に終わらせる必要があります。 【参考】 文部科学省 教育の情報化について[PDF]  2016

生活環境では勉強も仕事もはかどらない

 このテーマでは身近な人が皆同じ悩みを抱えています。家で、仕事や勉強など一定の集中を要することは決してはかどりません。ご飯を食べたり家族と話したりテレビを見たり、寝たりする、その同じ空間で、勉強や仕事をやるのは至難の業です。  メディアでよく、東大に合格した子どもはリビングで勉強をするとかいわれています。前段と矛盾するようですが、注意深く観察すると矛盾しません。むしろ関係ありません。なぜなら、その子どもにとっては、そのリビングがいちばん勉強に集中できるよう、(おそらく同じく東大出である)親によって巧妙にチューニングされているに違いないからです。  私の娘も、リビングで勉強します。親がすぐそばにいて、テキストを持ってこさせたり、テーブルを拭いたり、環境ノイズを減らしたりといった準備を整えたうえでです。ゴッチャゴチャ散らかっていたり、鍋のあとのべとべとのテーブルでは決してありません。片付けて、リビングを勉強に適した環境にチューニングするのは紛れもなく親なのです。  しかし私たちは、ほとんどの場合、集中できる環境を親なり家事使用人がお膳立てしてくれる身分ではないのです。自分でそういう環境を探して、そこに身を置かなければならないのです。  では、勉強や仕事に集中できる場所とはどこなのでしょうか?  まずはスターバックスでしょう。東小金井にスターバックスができました。大きなテーブルがどーんと店のまん中にあって、各席にはコンセントもありますし、wifiも用意されています。そこでみんな勉強とかしてます。資格勉強とか。資格勉強してなにか資格を取ったところでどうなるっていうのでしょうか?とかいう言説がありますが、わりと資格勉強が好きな私にいわせると的外れにもほどがある。誰も、資格を取ってなにかに「なろう」としているのではないのです。単に愉しいから勉強しているだけです。ほっといてほしい。  2番目に、図書館でしょう。武蔵野プレイス。あんな素敵な場所で勉強出来る市民は、本当に少ないと思います。本当はああいう場所で難しい顔して勉強して、午後はエクササイズやテキトーに休憩して早く寝るくらしをしたいんです。しかし、大学生は奨学金の返済のため、望まない企業に就職し、残業を半年のあいだ、過労死ラインの100時間まで課されても文句が言えません。せっかくすばらしい環境があっても、利用できる

最強のTodo管理はWunderlist

表題の通り、私が思う最強のTodo管理アプリはWunderlinstです。 無料で広告も出ず、使いやすさはピカイチ。シンプルで、タスク完了のチェックをしたときのチャリンという音も爽快。 多動の病気の私はこうです。 何かあるタスクにとりかかるとします。すぐに他のやることに手が出て、取りかかろうとしたタスクは先延ばしにされます。 しかし、その先延ばしにしてまで取りかかった、気が散った先のタスクは、コトの軽重を見ると、大して変わらないんです。 そこで、このWunderlistに、せっかくだから予定外でやったタスクをわざわざ完了後に入力して、チャリーンとチェックしたりします。 こういうのって1ヶ月くらいで飽きてしまい、また紙の手帳にリストを書いて棒線で消すパターンに戻るんですよね。 いろいろ、モティべーションコントロールとか、マインドフルネス瞑想とか、GTDとか本を読んで知り及び、ちょっとやったりやめたりしてきました。 しかし私の場合は結局一人ではなにもなすことができません。 東大出て公認会計士になった親戚は、家では絶対勉強出来ないといっていたんですが、私もそうでした。(浪人中はさすがに家でやったが)。 仕事もじつは同じかもしれない。どっか会社にいったり、他の仲間と交流しながらでないと無理です。 相手があるルーティンならすぐやるんですが、期限が特に決まっていない長期の、ややクリエイティブなものとなるとダメです。 Weworkという会社がアメリカにあって、たいへん注目されています。Weworkみたいなのがにほんにもあればいいだが。 イケダハヤトはすごい。田舎に一人引きこもってあれだけ仕事してるんだから。彼のやり方は、私のような者にはとうてい真似できない。

最強の家計簿アプリはMoneyforward

表題の通りです。 最強の家計簿アプリはMoneyforward! 私は毎月500円払って有償版を使っています。管理する口座が多いからです。 管理する口座が少なければ無償版でいいと思います。 2003年から家計簿を付けています。しかし家計簿は付けても××は××なかったので計画外に子どもが殖えてしまい、破たんが可視化されていい感じです。 家計簿を付ければ、家計が破たんしないのではなく、家計が破たんする様子が分かるというだけなんですね。 ここのところ、ちょっとしたミスで、年次で見ると数万、十万と損しました。 消費税の書類1枚出し忘れて、払わないでもいい消費税を20万以上とか。来ないで済んだ税務調査が来るとか。 メールチェックを忘れてて使っていないツタヤディスカスが毎月2000円、10ヶ月近く引き落とされていたとか。 何でも可視化することが重要ですな。 ちなみにMoneyforwardは預金と通販とカードしか見てません。現金(財布)の動きまでチマチマ入れません。他の家計簿ソフトにそれは入れています。 PC、スマホ、シームレスに見られるのはクラウドアプリならではですね。本当に便利な時代です。これであともう一押しで、ブロックチェーンになって、スマートコントラクトになって、訳の分からない手数料とか全部消えるでしょう。それまでは長生きしたい。

テキトーな国

イメージ
民進党の福山哲郎幹事長代理は17日の参院予算委理事会で「ずっとゼロ回答だった与党がいきなり証人喚問に(格を)引き上げた。『首相が侮辱されたから喚問』というのは全く理屈が合わない」とかみついた。榛葉賀津也参院国対委員長も「自分の親分(首相)の潔白の証明には証人喚問で(応じ)、税金の無駄遣い(をただすため)の参考人招致は拒否する。ダブルスタンダード、支離滅裂だ」(毎日新聞2017.3.17) ものすごーくテキトーに、何とかうやむやにできる余地が上手く張り巡らされているから、こういう芸当ができる。 この動画見ろ!

星の数ほど

NHK BS1スペシャル「ただ涙を流すのではなく“分断する世界”とアウシュビッツ」を視聴して思ったが、戦争が庶民にとって死への競争だとすれば、平和は退屈との闘いである。 私はこれまで、このブログで何度も、家事や育児を女性に押しつけて男性はいい気なもんだ的にしゃべってきた。それは私が家事や育児、そして仕事も全部やったら、なんじゃこりゃって感じでめちゃブラックな日常が目の前に開けてきたから。 愚痴の一つでもいいたくなるってんでブログでアーダーコーダ、いってきた。しかし、アウシュビッツのこのドキュメンタリー、あるいは、夜と霧といったホロコースト本を読むにつけ、平和ってのはとりあえまあよかったなあと。 まずアウシュビッツってなんだろなって方に。ドイツという世界のいじめられっ子がいました。不条理な額の対外債務に苦しんだ国民が、とにかくユダヤ人のせいとばかりにこれをスケープゴートにするヒットラーという独裁者のもと一致団結。気の毒なユダヤ人たちは突然ある日、町から全部貨車に乗せられて(トイレもエアコンもイスもない貨物車)、到着した収容所で列に並ばされる。右はガス室行き、左は強制労働のあとガス室か凍死飢え死に病死。どっちもありえん選択肢をわずか70年前に百万人。 結局原因は金ってこと。当時のドイツってものすごい文明国で、ノーベル賞を受賞した科学者もいっぱいいたし、芸術もすばらしいものをどんどん出す国だったのに。それなのになんで、突如こんなひどい、あり得ない仕打ちを同じ人類にできちゃったのか?これを考えないと。 排外主義がいま世界的に力を得ているけれども、金がどっか偏ってしまってるからそうなってるに違いないと私は思う。金がなければ、承認欲求が満たされない。そこに手っ取り早く、仮想敵をもって来られちゃえば簡単に為政者にコントロールされちゃう。それでやれ移民はテロリストだから出て行けとか、韓国の人はどうのこうのとか。うれしそうだねよかったねー。でもあぶないよ。そんなんでスッキリするくらいなら、ウンコしてすっきりしたほうが100万倍増し。 もちろん今の日本やアメリカの政権が、ホロコーストを終着駅とするレールに乗っているとはとうていいえない。そんなのあり得ない。でも、欲求をみんながみんな我慢できるのかというとそうではない。 貧困は、退屈を、ただ単に単調で忙しい時間

月100時間未満なら残業も合法ってどうよ?

月100時間というと、週5勤務の人なら、毎日5時間くらい長く会社にいなければならない。 今般、連合と経営側が出した「月100時間」について、総理が月100時間未満(経営側は未満とかいわず、100時間を基準に、みたいにごまかして、ザル法にして突破しようとしていた)で合法ということにした。 それでメディアは、端的にそういう事実だけ(文言や労使それぞれの主張など)を伝えているけれども、そもそも人間がこの 月100時間働かされ ても「繁忙期なら」オッケーって国はおかしいだろう。 私は雑誌編集者時代は朝10時くらいに出社して終電か2時3時はタクシーで帰っていた。東小金井から23区内の勤務先までは、軽く鬱になるのに十分遠い。 おまけにメディア企業の編集職あるあるで、やりがい搾取型だったので、残業代は出ない。 どうなったか。 家庭を持っていれば瞬即で崩壊 免疫システムが壊れて風邪引いたり虫歯が悪化したり死にたくなる 眠くて、やる気も減退するので生産性が落ち悪循環 いちばんつらいのは、その出版社の副社長がいかにも風俗上がりの女性で、その女性役員と一緒に、社長(太ったタヌキジジイ)が午後6時になると決まって、運転手付の高級社用車で連れ立ってどこかに消えるのを毎日見なければならないことだろう。絶対飯食ってそのあとはホテルでしっぽりと●●するんだよこいつらって社内では「冷視」されていた。 そういうところだったので身の危険を覚え、やっと手にしたオサレーな職種(ファッション誌編集者)だったのに私は一ヶ月でやめましたとさ。 万国の経営者たちよ。自分がリスク取ってあるマーケットで闘っている(ドヤーカッコいーだろーオレ!マチズモ)自負、矜持があるからといって、従業員をモノみたいに使っていいわけがない。経営者が負っているリスクなんて、従業員は知ったこっちゃない。 従業員は一秒でも早く、定時で家に帰りたいのに、5時間残業させられても合法だなんて、この国は狂ってるとしかいいようがない。 とにかく、労働者はおとなしすぎる。バカなんじゃないだろうか? 幸せになりたいと思ったことがないか、幸せになる資格がないと思っているんだろうか? 労働者に認められたいろんな権利を使って、身勝手な経営者たちを追い詰めなければ未来はないだろう。 しかしそのためには先立つも

選挙必勝法!

 地域に開いた小さな店をやっていて発見したのだが、支持基盤に某巨大宗教組織を持つ某政党。  与党第一党も驚く「集票装置」として、政権に招き入れ丁寧に付き合っている。  それはまあ新聞で知っていたのだが、店を開いていてここひと月のあいだに、以下の特徴を備えたお客様が頻繁に来店するようになった。 ・40代後半~50代の女性グループ ・いい感じのご婦人たち ・自己肯定感があり物怖じせず気さく ・かならず2~5名程度と複数 ・当店のメイン客層とやや異なる(この年代のお客様は通常、買ったらすぐに出られるし、話しかけたりあまりない) ・全員が買い、会計を済ませた最後に「○○さんを応援しているんです」と言ってリーフレットを渡す ・本人も来た(もちろん買い物、名刺とリーフレット) ・市議会議員選挙の一ヶ月前二ヶ月前くらいから、こうしたグループがメンツを変えて4回5回と来る ――今回は、他の市議会議員選挙に立候補している市議に向けて書いている。  これ、あなたを応援している人たちはできるだろうか?  まず数がすごい。  そして、なんというか、「買い物をして最後にリーフレットをさりげなくしかし確実に渡す」という目的遂行力。平日の昼間に動員して、片っ端から地域の小規模店舗で買い物をさせてPRするという組織力。  皆、人柄もよかった(気がする)。ニコニコしていて、店、商品、やっている活動など誉める。心理学からのノウハウをチューニングしているのか、話を聞く態度も心地よい。これで、応援しているその候補者をぜひよろしくと何度も言われたら、普通に投票してしまうかもしれない。  政治学者の三浦瑠璃子が言っていたけれども、日本は政策や政治思想に惹かれてヒトは投票しない。人柄に惹かれて投票する。これ激しく同意する。  人柄ってすごいと思う。  別の政党ではこういう事例もある。  たとえばこのあいだ、近所の畑で「麦踏み」というのに行った。スタジオジブリの裏の畑である。地域の人は誰でも参加できて、畑に植えられた小麦をみんなで育てて最後にうどんにしてたべようみたいなのを地元のNPOがやっている。  そこに行ってみたら、普段会ったことがないがしかし間違いなく自民党支持の「小金井の保守じいさん」みたいなのがわんさかいた。  私は保守じいさんたちが嫌いというか、ずるいと思っ

仕事家事育児はイケダハヤトも無理ゲーと指摘

イケダハヤトは現代のもっとも成功したブロガーのひとりだ。彼の訴え(思想)はわりと私に近いものがある。 日本人は長時間労働から足を洗うべき 家事や育児を妻に押しつけるのは誤り 里山に移住して子育てしながらITワークなどで食っていこう 反大企業、反巨大資本 ベーシックインカムにも理解がある 僭越ですが、私と似たような考えの持ち主が、多くの読者を得て筆一本で成功しているのを見るのは気持ちがいい。 近年彼にはお子さんが生まれて、家で育てながら仕事をするようになった。その心境が赤裸々に語られるのだが、ここ数日のあいだ目立つのが、子育てや家事をしながら仕事をするというのが完全に無理ゲーだという主張だ。 やってみれば分かる、いかにそれがたいへんなのかを。 もちろん、やってみたくてもいろいろな事情でできない人がいるだろうから、一方的にワーキャー言うのはじつは私は憚られる。しかしイケダハヤトクラスになるとそういうはばかりは一切ない。 つまり、仕事も子育ても家事も、就職して結婚して、妻に子どもを産んでもらい、家を買う(借りる)といったいくつもの、たいへんにハードルの高い作為(契約)に基づいている。つまりできるヒトできないヒトがいる。それで、それらのハードルを運良くすべてこなしてみてはじめて、子育て、家事育児みたいなことを両立できる地位に立てる。 その結果、めちゃくちゃたいへんだから無理ゲーだと言ったところで万人の共感を得ることはあり得ない。ただし、後述するようにおもしろさはある。 イケダハヤトがなぜ読まれるか? イケダハヤトはいつも、「オチ」として、田舎でひとりで子育てしながら仕事して月商(年商ではなく)300万とか400万といってる。 「東京でいつまでサラリーマンやって消耗してるの?やめちゃいなよ?僕なんて高知の田舎で月収400万だよ?残業も一切なしで」 涼しい顔でキリッとこう決めるのが彼のブログの定番のオチだ。まるで水戸黄門の印籠を出す場面のようにカタルシスがある。これが読まれる理由だろう。 これをもし私がやったらどうなるか。じつは私はイケダハヤトと共通点は多い。東京で消耗サラリーマンはやめちゃいなよ、という主張。早稲田卒で脱サラ組というのも同じ。都会のサラリーマンくらしが以下に悲惨でたいへんか、家庭をないがしろにした仕事一

家事・育児・仕事の両立は可能か?

不可能。 人類はこの137億年の歴史を持つ地球という惑星のなかにあって本当に最近登場した生き物に過ぎない。 したがって、まだまだなにか完成というものとはほど遠く、未成熟で、それ故その社会は不条理や不合理に充ち満ちている。 資本主義の要請として、子どもを殖やせ、男は家事をしろ、そして仕事も気にしないと世間の目があるぞ――わたしはわたしなりにがんばってきた。 しかし何度もくじけそうになる。もうくじけそうだ。2時だから、というのもある。深夜2時に家事や掃除が終わってやっと寝られる。午前零時半まで、子どもの勉強のためにわざわざファミレスに出かけていって。 それに今日はいろいろなもの(おもに衣服など)に付いた猫などの毛や動物の糞などを片付けることが多くてこれでかなりまいった。幼稚園児の子どもの部屋を1週間ぶりに掃除したのもエグかった。家中のものも多すぎて、片付けたりしまい込んだりするキャパは限界を超えている。某所のネット回線のクソどうでもいいがぜったいにやらないとまずい設定のために子どもにテレビゲームをやらせて作業に没頭していたら子どもが著しく情緒不安になったのもつらかった。人を待たせて印刷しなきゃならんのにPCが非力でアドビのソフトの起動にいちいち数分待たされるのもイライラを募らせた。結構キャラが好きだった近所の獣医師が、先月突然死んでしまったが、ひとつひとつがとても小さなことでも、それこそちりも積もれば、人間ひとりを倒すほどの負荷になる。 完璧な家庭はできない、それははっきりしている。金もなければ時間も無い。だから子どもの教育の機会だけは、そしてある種の公平さ、自己肯定感(ほどほどでも満たされていると思える「能力」)、ポリティカルコレクトネスのようなものは植え付けないと。でないとリボ払いを契約したりトランプみたいなのを支持したりなにかにハマりすぎたりしかねない。 全体としてはまだまだほころびも多いのに、個々の領域、個別具体的な営みは、平和が続いているし、科学技術もそれなりに進展していることもあり、精緻で複雑で深みを増している。つまり、家事も、育児も、もちろん仕事も手を抜けないし、要求される水準は全部上がっている気がしている。 だから、家事、育児(または介護)、仕事の両立はできない。休む間もないし、気晴らしもできない。心の健康のために、政府は