二歳児童発見「師匠」に学ぶ幸せの作り方

2018年夏に、山口県で行方不明になった二歳の男児を、78歳の「ボランティア師匠」(と呼ばれている一般=行政でも、男児の関係者でもない完全に素人の男性)が発見しました。

この人は65歳で自営していた鮮魚店をやめてから、日本を徒歩で縦断したり、登山道を整備しながら山登りしたりとすごい人。

学歴も何もない人間だが、残りの人生を社会にお返しさせてもらおうと思ってきた
さて、この大師匠は、日本を縦走するにも、登山道を整備するにも、一日二日でできることではなく、長期的な目標を立ててじっくり取り組むことに取り組んでいます。

ここで注目したいのが、一定の目標を立てたり、ずっとそうなりたいと願ってきたことが実現すると脳内に分泌される脳内物質「ドーパミン」です。お金持ちになりたいと思った人が宝くじに当たったり、大学や資格試験に合格してもこの物質がでて人はハッピーを味わえます。

わたしも僭越ですが、知っています。わたしの場合は、一流大学に合格したい、というのと、彼女がほしい、というのでしたが、それらがかなえられたときは、確かに世界が違って見えたものでした。

しかしこのドーパミンは、数日で雲散霧消してしまいます。つまり、日常に戻ってしまうのです。確かに、大学に合格したり、日本を歩いて縦走したゴールに達成したあと、数日もすればまた元の日常がやってくる、これは当たり前の話です。

そこでまた人間は、新しい目標を立てて、ドーパミンによるカタルシスを得るプロセスに戻るわけです。それが結局、人類の遺伝子に組み込まれた「成長」ということなのかもしれません。

ボランティア師匠の例でいうと、次々と「偉業」を成し遂げています。日本を歩いて縦走する、山に登山道を整備する、もちろん東日本大震災でもボランティアに駆けつけています。そして今回、行方不明児童を自ら単身で乗り込んで、見事にさがしだしたのです。師匠の家は大分で、山口まではもちろん自分の負担で車で行くわけです。

次に、アドレナリンという物質について考えてみたいと思います。ジェットコースターに乗ったり、クラブでギャーギャー騒いで踊ったりして盛り上がると脳内に分泌される「アゲアゲ物質」それがアドレナリンです。

師匠も、子供を見つけるために自宅を出発するときとか、不明になった場所の山に入って探し始めた節は、この「アドレナリン」がでていたことでしょう。そして、山の中で男児の名前を叫んで登っていると、「おいちゃん、ここ!」という返事が聞こえ、男児を発見します。マスコミの取材に、彼はそのときの心境をこう答えています。
一瞬、心臓が止まりそうな感じがした
まさにアドレナリンが出ていた証拠ではないでしょうか?  師匠はじつは、もし男児を見つけたら家族に「わたしが抱きしめて直接渡します」と約束していました。人間が人肌に触れるときに分泌される物質、そう「オキシトシン」です。人のふれ合いによって生じるオキシトシンも、幸福な気持ちに人を満たしてくれます。親切な師匠に見つけてもらえた男児は、じいさんに抱きしめられて山を下りました。(おじいさんとはいえ)数日ぶりに人肌を感じ、さぞかし男児の脳には「オキシトシン」がでていたに違いありません。ところで、師匠はさすがです。見つけ次第男児に食べさせようと、あめ玉を準備していました。

師匠は男児を発見したらすぐに、用意していたそのあめ玉をあげました。すると男児は、「とたんにガリガリと噛んだ」といいます。じつは、ものを噛む(咀嚼する)と脳内に「セロトニン」という物質が分泌されます。セロトニンは、意欲ややる気に関わる物質です。男児は、まずあめ玉で脳内にセロトニンを分泌します。そのあと、じいさんに抱きしめられて、オキシトシンを分泌します。見つかった喜び(これはドーパミン)ももちろんあります。師匠に抱かれて山を下りるときには多少の「スリル」もあったに違いありません(アドレナリン)。セロトニン、オキシトシン、アドレナリン、そして、ドーパミン。男児の脳内はこのとき、文字通り幸せ絶頂だったことでしょう。

もちろん、おじいさんのほうにも同様に幸せな物質が分泌されます。まず見つけた喜び、達成感のドーパミン。自分が命を救った男児とのふれ合い(オキシトシン)。山を下りるときの興奮(アドレナリン)。セロトニンは、ちょっとした運動や日の光を浴びると分泌されますので、この探索行動そのもので十分分泌されます。男児ももちろんですが、師匠の脳にも、やみつきになるほどの幸せ絶頂感が押し寄せていたことは想像に難くありません。

さて、私たちの日常は、残念ながら、こうしたことは滅多におこりません。幸せになりたいのだったら、これらの脳内物質を脳内に分泌する「必要」がありますし、そのための「機会」がなければなりません。単に「あー幸せになりたいなー(今は不幸だな)」などと妄想していては、一ミリたりとも幸せに向かって道を進めることはできないのです。

じゃあどういうふうに幸せな気持ちを感じる機会を作ればいいでしょうか? カンタンです。

毎日、寝る前に(ちなみにしっかり寝ることも重要で、朝起きたときに、太陽の光を浴びるとセロトニンは分泌されます)、その日感じた幸せ(小さいこと、些細なことでも良い)を、紙に3つ、書き記します。必ず書かないといけません。書かずに思うだけだと、消えてしまって効果はありません。

そして、朝起きて日の光を浴びること。これくらいだと思います。ボランティア師匠は、取材の記者から、座右の銘を訊かれてこう答えたといいます。
「朝は必ず来るよ」
朝は、誰にも平等にやってくる。その朝をキャッチし、太陽を浴びて自分のセロトニンに転化することが幸せになるまさにひとつの方法です。 誰でもこれで幸せになることができます。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬