投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

タワマンでも子どもが優秀に育ち、死産率も下げるには?!

イメージ
2018.9.21のTBSラジオ荒川強啓デイキャッチでは、タワーマンションでは次のような問題が実証されてきているといっていました。
子どもの成績が伸び悩む死産率が有為に上がる鬱病になりやすい死亡リスク高まる(高層階からのマウンティングストレス) 理由としては、人間(ここでいう人間というのはサピエンスのこと、サピエンス全史読もう!)はこんな高い塔の上で「生きる」ためにそもそもできていないから、あらゆる不具合が出るのが当たり前ということ。詳しくは、このラジオクラウドで聞けるので、TBSラジオクラウドで検索して聞いてね。

タワマンなんてものに住んで不具合が出る。まったく不思議じゃないですよ。むしろタワマンに住んだほうがいいなんてのは、自然には受け入れがたいあり得ない話しで、それは不動産や建築資本の息のかかった学者やメディアだけで見られる「フェイク」といって間違いない。(消したのはあとから読んでみて気持ち悪かったから)

ポジティブなことをいうのがこの媒体の志なので、じゃあ、運悪くタワマンに住んだらどうやってこれらの問題を克服すればいいのか。簡単です。
なるべく子どもを自然に連れ出し、自然と触れさせる実家(タワマンではない)で子作り&出産運動する 何でも、タワマンは上層階は気圧が低いらしい。私は低気圧で偏頭痛とか、あれこれ不具合が生じるので、年中低気圧だったらマジつらい。しかし、タワマンに住んでいると、エレベータに乗って下に降りるのがおっくうになり、だんだんこもりがちになります。しかしそれが諸悪の根源でしょう。何とかしてこれを克服して、タワマンの害を減らす努力が必要です。

風を感じない。緑を見ることができない。季節を感じない。こうした低刺激環境では、人間の感覚が劣化して、ひいては感情や意欲、集中力も減衰してしまうそうです。怖!!

住むだけでこんな努力をしないといけないなんてたいへんですね。古屋を改造して住んだほうがよほどましです(cf.埼玉の仙人)。

だいたい、塾の経営wをはじめて思うが、勉強に興味も関心も持たない子どもは、頭がいい悪い以前の話しで、いちばんヤバい。頭が悪くても? 勉強対象に意欲や好奇心があれば、その分野の成績は上がるし、それで勉強成功体験でほかの科目も上がり、結局頭が良い人に変身できる! でも、そもそも意欲がないんだったら、勉強をはじめたとしても一秒で眠気が襲…

勉強法の罠

私の趣味は勉強法でした。つまり、私が好きなのは勉強そのものではなく、そのやり方をあれこれたしかめる趣味的な読書のことです。中学の頃から勉強法が好きでした。実際のところ、勉強法を実践するのは、勉強法を読み聴きすることとはまったく異なる種類の活動だということです。そしてそれは、苦行であり、地獄です。

いつの時代も、膨大な数の「勉強法」本が発売されています。そして、こうすれば東大に受かる、こうすれば司法試験に一発合格する、勉強こそコスパが高い、等という惹句に煽られて、楽しく勉強法を読みます。そして、「やればできるんだ」という未来への(じつは根拠のない)自信に満たされる。こういう読書体験を続けてきました。

そして、肝心の勉強はしないのです。当然勉強法の効果は上がりません。「やればできる」けどやらない。だからできない。そのまま年月が経っていく。いい車を手に入れても、目的地に向けて出発せず、車を眺めるだけで満足してしまう。でもじつはこれが「普通」なんです。

勉強法の本は、著者が輝かしい、そしてやや異常性すら帯びる「神童」なのにもかかわらず、自らを「普通」「暗記は苦手」「スマホで気が散る」など、読者と同じレベルに落として話を始めます。勉強法という商法のこれは定石なのです。が、もちろん、神童が普通のワケがありません。彼ら彼女らは、車を手に入れるやいなや、一目散に目的地に向けて走りだし、走り続けることができる、非常にめずらしいタイプの「個」なのです。

私は塾の仕事を始めて1年以上経ちますし、また自分の子どもを育てていて思うんですが、勉強なんてものは勉強法がどうのこうの以前に、やりたくない、不愉快で耐え難い苦行であることに変わりはありません。どんなに環境を整えても、たちまち眠くなるのが勉強ですし、それで寝ても、また勉強しはじめれば例外なく眠くなります。

ですから、眠くもならずに猛勉強をして、(仮にそこに勉強法のハックはあったとしても)東大に、司法試験に、ガシガシ受かる「普通の」子どもというのは存在しません。もともとすごい子どもが、さらに教育投資や文化資本の後ろ盾を得て、やっと受かるのが東大であり、難関資格なのです。勉強法なんてものは、うどんにかける七色唐辛子程度のものに過ぎないのです。

ある勉強本のアマゾンのレビューにこう書いてありました。
率直に申し上げて、方法論は参考になるやも知…

士業のおわりと取り戻される自由

人口減少で市場が縮小し、資本主義のエンジンである金利も説明が付かない低迷を続け、株価は政府がかってやっと水準を維持しているありさま。

もはやタコが自分の足を食べている、そんな資本主義の黄昏が、夏の終わりの「カナカナかな」虫の音と共に妙にリアルに感じられる今日この頃、こんな本を見つけました。

バベる! (単行本)――萱原 正嗣 岡 啓輔 (著)
自分でビルを建ててる人がいます。2005年~着工、今も途中です。地下一階、地上三階。
私この人を取材したテレビ番組見たことあるんですが、自分のビルを建てることに時間とお金がかかり、無収入だというのです。
こういう人にこそ、ベーシックインカムが必要なのではないでしょうか?
そして、これから話すとおり、じつはほとんどの人が、このような「自分で建てる」「自分でやる」つまり士業に頼まない世界がやってこようとしているのです。
建築士、弁護士、医師、会計士、税理士、行政書士、保育士。
行政と個人の法的関係を調える代行業の皆様です。もちろん、命の安全にも関わっています。彼らは、お金をもらって、個人が本来やるべきことの一部を代行します。
昔は、個人はお金を外部の市場から稼いできて、そしてそのために時間がなくなってしまうため、余ったお金で本来自分がやるべきことを士業の人に外部委託していました。
ところが、外部の市場が腐ってしまったため、個人にお金が入らなくなりました。その代わりに、暇な時間がふえました。
お金と時間は、私が思うにトレードオフ(どっちかということ。両方は選べない、質量保存の法則を思いだそう)。
家庭を持つほとんどの人は、男女老若問わず、その暇な時間、政府からおしつけられた家事育児に狂奔することになっています。しかしベーシックインカムが始まれば、ちょっとだけこの家事育児の陳腐なアンペイドワークから時間を取り戻せます。