タワマンでも子どもが優秀に育ち、死産率も下げるには?!

2018.9.21のTBSラジオ荒川強啓デイキャッチでは、タワーマンションでは次のような問題が実証されてきているといっていました。
  • 子どもの成績が伸び悩む
  • 死産率が有為に上がる
  • 鬱病になりやすい
  • 死亡リスク高まる(高層階からのマウンティングストレス)
理由としては、人間(ここでいう人間というのはサピエンスのこと、サピエンス全史読もう!)はこんな高い塔の上で「生きる」ためにそもそもできていないから、あらゆる不具合が出るのが当たり前ということ。詳しくは、このラジオクラウドで聞けるので、TBSラジオクラウドで検索して聞いてね。

タワマンなんてものに住んで不具合が出る。まったく不思議じゃないですよ。むしろタワマンに住んだほうがいいなんてのは、自然には受け入れがたいあり得ない話しで、それは不動産や建築資本の息のかかった学者やメディアだけで見られる「フェイク」といって間違いない。(消したのはあとから読んでみて気持ち悪かったから)

ポジティブなことをいうのがこの媒体の志なので、じゃあ、運悪くタワマンに住んだらどうやってこれらの問題を克服すればいいのか。簡単です。
  • なるべく子どもを自然に連れ出し、自然と触れさせる
  • 実家(タワマンではない)で子作り&出産
  • 運動する
何でも、タワマンは上層階は気圧が低いらしい。私は低気圧で偏頭痛とか、あれこれ不具合が生じるので、年中低気圧だったらマジつらい。しかし、タワマンに住んでいると、エレベータに乗って下に降りるのがおっくうになり、だんだんこもりがちになります。しかしそれが諸悪の根源でしょう。何とかしてこれを克服して、タワマンの害を減らす努力が必要です。

風を感じない。緑を見ることができない。季節を感じない。こうした低刺激環境では、人間の感覚が劣化して、ひいては感情や意欲、集中力も減衰してしまうそうです。怖!!

住むだけでこんな努力をしないといけないなんてたいへんですね。古屋を改造して住んだほうがよほどましです(cf.埼玉の仙人)。

だいたい、塾の経営wをはじめて思うが、勉強に興味も関心も持たない子どもは、頭がいい悪い以前の話しで、いちばんヤバい。頭が悪くても? 勉強対象に意欲や好奇心があれば、その分野の成績は上がるし、それで勉強成功体験でほかの科目も上がり、結局頭が良い人に変身できる! でも、そもそも意欲がないんだったら、勉強をはじめたとしても一秒で眠気が襲ってくるので続かない。どんなに環境や教材をととのえても、意欲がないガキはもうダメだ、と、このタワマン低学習意欲問題を告発した家庭教師の先生はいっています。

一方、タワマンにはこんな深刻な問題もあります。日本人にとって民主主義って機能してません。「いや、今平和だし、社会制度いろいろ整ってるじゃん」これ作ったのは、民主主義で為政者に委託した皆様の成果では、残念ながらない。これらは、官僚のみなさんががんばった成果なんです。戦後70年、東大を出た優秀な官僚たちが今の制度を作ったわけです(行政国家現象で検索)。

民主主義が機能していないのは今の政治を見て下さい。全体の本当にわずかの人が選んだ政治家が、どんな政治を展開しているか? 勉強に意欲のない子どもが、勉強出来るようにならないのと同じで、政治参加に関心や意欲のない国民が、民主主義を運営できるようになるわけがないんです。

それで、タワマンは、住民自治が重要です。しかし、そういうのって日本人は大丈夫かなと。ただでさえ、上層階は偉そうにマウンティングし、低層階は劣等感を感じるカースト構造になっている。そんなのが平等に意見表明して、ひとつの社会(マンション管理組合)を維持運営できるのかどうなのか? はなはだ心配です。

以上のようなことにより、タワマンに住む場合はよほど意識的に努力しないと残念な結末になるという話題でした。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬