財源を言い出して「力への意志」に陶酔するのはバカの典型

何でもかんでも、再分配の話をするや否や、それをかぎつけて「財源はどうするんじゃ」とつっこむ輩は珍しくない。自我が貧弱で、社会的包摂にも恵まれず、いつも悔しい思いをしているから、そういう自分のアイデンティティを支えるために、記号的消費がかさんでいるに違いない。生活に必要以上に金がかかるから、さらに税金が上がるのはたまったものじゃないと、視野狭窄の中でわめく。偉そうに財源を主張するのは、このように、みじめな境遇をカミングアウトしただけの結果に終わるからきをつけてほしい。
「財源はどこから出すんだ」という話になる。でも、よく考えてみてください。年金で約50兆円、医療で約40兆円もの予算をかけている。一方で、極端な話、日本のすべての大学を無料化した場合でも、2兆~3兆円くらいあれば足りる。ケタが全然違うわけですよね。出典
財源をうんぬんするのは財務省だけで十分なのであり、私たちは国民として、今や世界的にすっかり恥ずかしい、取るに足らない「限界国家」、消えゆく国になるその瀬戸際にある。

引き続き、孤独なアイデンティティをでかい話やばかげたファンタジー(たとえば噴飯の「美しい国」とか!)にもたれさせかけて生きていきたいのなら、現実逃避をやめてまずはしっかり人の話を聞いたほうがいいだろう。若い人たちの特殊詐欺犯罪(振り込め詐欺など)による「再分配」がどんどん進んでいる。振り込め詐欺による世代間所得移転に比べれば、私のこのブログ、私のベーシックインカムの訴えなどホコリ以下といっていい。

ただ、一つだけ老婆心ながら言い添えたい、振り込め詐欺は、若い人への、高齢者からの再分配に、結果としてなっている。年間何百億円もの金額で、二桁パーセントの勢いで毎年増えている。とはいえ、100兆円に迫ろうとする年金、医療の予算に比べれば、数百億円は微々たるものだ。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬