投稿

2019の投稿を表示しています

2020年4月~大学学費が無料に(所得制限付き)

イメージ
前回の投稿でも書いたとおり、通常の家計に於いて、大学学費のインパクトは他の支出にくらべて突出して大きい。

特に、高3の2月、滑り止めも含めると10校くらい受けるし、また、2月中に入学金を振り込まないと、せっかく合格しても入学する権利を失う。ほとんどの私立大学は、2月中に入学金を振り込ませて生徒を確保するが、これは、国立大学の発表が3月になることに関連している。親や奨学金の都合を考えず、国立大学に生徒を取られたくないことだけを念頭に置いた期日が設定されているのだ。これでは、借金を背負って社会に出たとしても高卒より生涯賃金が低いことも珍しくない昨今では、子を大学へ入れたいと考える親は減る一方だろう。

今、ほとんどの大学は、少子化のために存亡の危機にたっている。学費、つまり生徒が集まらなければ、倒産しかない。大学もまた一私企業の経済で回っている。しかも、大学を出ればまともな会社には入れるから(実際は本当にわずかな人だけの狭き門だから、これは完全に虚構なのだが)、という有効性に黄色信号がともって何年もたつフィクションが存在意義ときては、不安で理事たちは眠れないに違いない。

社会を見てみよう。給与所得者の所得がこの20年で、下がり続けているうえに、増大の一途をたどる社会保障の源泉徴収で可処分所得はますます減り続けている。FPは高齢化社会にあっては、給料の2割3割は持って行かれてしまうので、奥さんも働くべきだとずっと言ってきた。実際のところ、周りを見ても専業主婦はすくなく、たいていはパートの仕事をしている。しかしそんなことをしても、このばかげた2月の学費振り込みを前にしては焼け石に水である。

このように、家計のために各家庭が奔走して、そしてやっと子供1人、2人、育てられるかどうかのところである。しかし、3人ともなれば、つまりうちは、大学学費のために家計はアウトになる。だから私は、ベーシックインカム論者になって、ブログもそういうタイトルにしたのだが、ベーシックインカムではなく、今般の自民党の高等教育学費無償化、こういう社会保障的な給付政策も歓迎せざるを得ない。

ケチな自民党政府が、大学無償化に舵を切ったのはどういうわけだろう。こういう政策をやられると、私などは現金なものなので、自民党の個々の政治家がどんなにポンコツでも、自民党で良かったと思わざるを得ない。トランプを支持したラス…

異常に高い大学進学費用

私がこんなことを書くと、ますます少子化が進むことはわかっています。しかし、残念ながら、これは不都合な真実として是非とも書かねばならない。

子育てで、全部公立で、高校までやれば、何とかなると思っていました。しかし、大学進学の段階で、とてつもない金が、いっぺんに流出する事態に直面し、これは子供を持つということは、今の日本だと単なるやばいギャンブルじゃないのかというふうに確信しました。

海外では、FIRE(The Financial Independence, Retire Early)とかいう、アーリーリタイア(さっさとばかげた仕事に貴重な人生の時間を使うのをやめて、働かないで生きていくことを選ぶこと)がミレニアム世代の間ではやっているそうです。

それはそれでいいんですが、その人たちの子供が大学進学の段階になったらどうするんだろうと心配です。

今日は地元の公立中学の「放課後カフェ」(放課後の居場所、生徒は自由に来て、ボランティアスタッフが出すお茶を飲みながら漫画やゲームに興じる)に参加しました。私のやくまわりはモニタとラズパイを持ち込んで、スクラッチやオープンソースのグラフィックソフト、オフィスソフトを生徒に紹介することでした。

それ自体楽しかったんですが、いろいろと分かったことがあり、残念な気持ちにもなりました。

特に分かったことで残念なのは、親の大部分は、家計のために子供との時間を犠牲にして、働いているということです。しかも、そうやって働いている大部分の給与所得者や、パート労働者の給与は、ここ20年、下がり続けています(安倍の粉飾統計は全くあてにならない)。仮にちょっと上がったとしたところで、仕事の内容は極端に進んだ分業制と細分化で、味気なく、わざわざ人生の大事な時間を犠牲にしてまで取り組む意義は全くないわけです。

いや、そんなことはない。楽しく仕事していて、自分は働くことが生きがいだというのなら、そういう人は子供との関係はどう評価しているんでしょうか? 子供や、奥さんは自分の親に押し付けて、会社に逃避しているだけなんじゃないんですか? そんな会社は、あなたに今でこそ居心地いいかもしれないけど、会社の経営者たちのみている方向は株主とか、会社の存続とか、そんなことばかりで、あなたはもとより、あなたの家族のことなんて一ミリも考えてはいないと思います。すべての従業員は、…