なぜ日本の10代は自殺が死因の1位なのか

2016年あたりのデータに基づく統計によると、日本の10代の死因は、ガンを抜いて自殺が一位となった。これはどうしてか。

宮台センセイの分析によると、次のようなメカニズムで、子どもの自己肯定感が低くなり、自殺の遠因になっているらしい。どういう社会だから、子どもの自己肯定感が低いのだろうか? 以下では、「クズ」とか不適切な用語があるがもちろん宮台先生の言葉であり私ではありません、うふ。

  1. 愛とか縁とかではなく得か損かだけで結婚
  2. そうした損得勘定・近視眼的思考で動く大人が子どもを産み「クズ親」となる
  3. 子育てを担う女性親が自分が達成できなかった高学歴、大企業で出世イデオロギーの体現を、子どもで実現させようとする(親都合での子育て)
  4. 自己肯定感をはぐくんだりや自然で遊ぶ機会に乏しいまま、競争社会で「勝ち組」になるべく受験勉強ばかりして育つ
  5. この競争社会では勝ち組は社会では10%以下しかなれないので、のこりほとんどの子どもは「負け組」になる
  6. 「負け組」意識がコンプレックス、ルサンチマン感情を生み、アイデンティティがこじれヘイトネトウヨふきあがりのクズとか、仕事中毒クズ、損得勘定クズとして成人する
  7. 成人した子どもは1に戻りクズの世代間連鎖を経て日本沈没が加速する
恐ろしい社会だな。

私の私見だが、私は自殺の原因は宮台先生が言うようなことではなくて、単なるいろんな事情によって引き起こされる「睡眠不足」ではないかと思っている。

このブログの人気の投稿

One Voice Children's Choirについて

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

ADHDの私が落ち着いて集中できるようになった、たったひとつの理由