日本の再生エネが進まないことで生じる子供の不利益

-----------------------------------------------------------------
この投稿の追加取材で、以下のことがわかった。190323追加
-----------------------------------------------------------------
再生エネルギーで発電される電力は、送電網インフラに対してボラティリティが大きすぎて、ヘタすると送電網がやられて系統崩壊をおこし、大規模停電になる。夏など非常に電力消費が大きく、容量が送電線の上限を上回りそうになる場合、先に電力量が一定な原子力や化石燃料を優先するのは不可避の判断。ちなみに、再生エネの研究はもちろん東電もやっているのだが、太陽光や風力は発電量が安定しないこと、地熱は地熱を取れる温泉地はほどんど温泉旅館に地権を握られており、開発が困難、等の理由からできない。なお、送電網を東電が開放しないという表現は事実ではなく、普段は再エネの電気を通しているし買い取ってもいる。また、送電網は電力会社という私企業の「資産」であって、公共用物ではない(国民がどうこう言える財ではない)。
------------------------------------------------------------------

 「クズ」(言葉の自動機械化して思考停止だが自分の、直近の低次元な欲求解消のための損得だけは考えるので結局孤独死やメンタル不具合等による緩慢な自殺状況に陥っている大多数の日本国民=宮台真司)の蔓延によりダメなことがわかっているのに止められない限界国家日本。
 昨日の投稿で東大卒の官僚がまともに社会全体の利益を考えにくくなっていると書いたが、そんな人ばかりじゃないと言うことを書きたい。
 東京新聞2019.3.11に三菱総研理事長小宮山宏さん(74)のインタビューが掲載された。東大出で、経済界に長く身を置きながら、しかも東電の監査役も務めたにもかかわらず、一貫して再生エネルギーシフトを訴え続けている。
 わたしは日頃、十把一絡げに、日本はダメ、大企業はダメと咆吼しているのだが、細かく見ていくと、もちろん一様に「ダメ」「イイ」といえるはずもないことがわかる。しかも高齢者である小宮山さんの主張は、しっかり次世代のことを考えていてすばらしい。高齢者=現役世代に甘えっぱなしのトンでも思考停止集団とは一概にはいえないことがまたわかる。
 さて、小宮山さんの主張で重要な点として、経済的には原発より再生可能エネルギーのほうが優れていて、世界的な潮流としても原発は終わった発電手法だということは前提としたい。
 そのうえで、いま、日本では「FIT」という、再生エネ電力を買い取る固定価格買い取り制度が導入されている。この制度は、みんなが払う電気料金にちょっと上乗せされるかたちで原資がまかなわれている。
 よく、FITのような訳のわからない上乗せ料金が負担として家計がきついというクズ論調を目にするけれども、じゃあ、そういうのを払わないで、原発とかが作る電気を漫然と買うだけでいいんですか、と小宮山さんは訴える。いいわけがない。

「FITは再生エネを普及させるために現世代が負担する制度です。原発が放射性廃棄物の負担を次世代に回していることとは逆の構造なのです。FITでの買い取り期間は10~20年。何万年も保管する必要がある放射性廃棄物とくらべれば、FITの負担は我慢できる範囲」(東京新聞)

 小泉元首相もいっていることだが、電力会社と政府はどういうわけか原発推進の旗印を下ろさない。まったくばかげたことだし、頭がおかしい。特にウケるのが日立だ。日立は去年まで、経済界で最も原発を推進する原発メーカーで、国策としての原発輸出のメインの会社だった。ところが、すべての海外の売り先に断られて、すっかりしょげてしまい、幹部が弱音を吐いている。うちは日立のエアコンを愛用している。イイじゃないか、家電だけ安く売っていれば。不合理なものを海外に売りつけようとして失敗したんだから、猛反省して、経済界もろとも原発は止めた方がいいだろう。

 それに、子育てをしている親としては、「次世代への負担の先送り」は本当にやってほしくない。冷静に考えるとまさに、今ばんばん、毎年40兆円とか50兆円規模で発行される国債とか。もっとも国債については消費税を上げる理由にしたい財務省のプロパガンダで、実際はたいしたことはないとする高橋洋一のような識者もいる。議論の分かれる国債を通じた負担の先送りはさておき、原発推進が次世代への負担の先送りであることは議論の余地はない。

 私の家の屋根に、地域の一般住宅ではおそらく最大規模の6kwの太陽光パネルが貼り付けられていて、2012年の設置以来、使用電力のおよそ30パーセントをこれでまかなっている。季節や時間帯によっては売電(単価42円)する。買電単価が29円なので節約の動機にもなる。ご覧のようにネットでリアルタイムに今どれだけ発電し、電気を使ったり売ったりしているのかがわかる。あーよかった。

エアコンを使わない日中は売電できる


 あー途中でいろんな事務が紛れ込んできて、何が書きたいかわからなくなったがいいやアップしよ。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

One Voice Children's Choirについて

ADHDの私が落ち着いて集中できるようになった、たったひとつの理由