わたしのDIY=作業療法説

私は紛れもなく自閉症スペクトラム障害・ADHDなのだが、DIYに夢中になっているときの精神状態の平和さといったらない。

ADHD患者に処方されるコンサータのようなクスリは一切いらない。対象に集中できるし、チクセント・ミハイのフロー状態のまま、何時間も作業に没頭できる。そして娘も同じ血をひいているわけだが、ペンキ塗りやサビ落としといった作業は好きなようである。

従来、私のDIYは生業や家事育児からの逃避として、それらの活動に劣後していたけれども、この評価は間違っていた。

世間の人は、私の作業の様子あるいは結果を見て驚くし、またどうして作っているのか、なんのためなのか。「日曜大工」を「平日」にやってるぞ、仕事しないで大丈夫かこの人は?となる(実際、家計面では当然大丈夫ではない)。

ここ十年くらいのあいだで見ると、最初は棚とか、テーブルのような、まあ日曜大工であるある的なものだった。ところが、この半年くらいのあいだに、小屋のようなもの、そして部屋丸ごと全部、といったふうに、規模が拡大している(予算規模も)。

それで、作業療法士という国家資格を調べていて思ったが、やっぱり、ある種の発達障害の人には、作業とか、身体を使った遊びがとてもいい効果をもたらしているらしい。すると、まさにこのDIYは私にとっては、作業による自己治療そのものと言える。

他の人(定型発達者)が私のDIYを見て、理由が分からないのは当たり前だ。なぜなら、目的自体が最初から存在しない。なにか作るのがゴールなのではなくて、「作るプロセスを過ごすこと」がゴールである。一秒一秒がゴールであり、完結している。

だから、ひとたびできあがってしまったら、そのDIYの対象物には一切関心がなくなってしまう。なぜならもうそれで「作業」することが出来ないからだ。完成し対象物は、もはや関与する機会を失っているため、非存在(そこに存在しない、見えない対象)となる。

そして、次がはじまる。次に何を、どこに、どんな材料で作るか。あたらしい作業がはじまる。

私はブログでベーシックインカムを導入すべきと訴えているけれども、私のような「患者」の場合、既存の福祉制度ではなんの補助も出ない。なんか作っていりゃ暮らしていけるわけだから、公金使ってサポートする理由なんてないだろう。既存の福祉制度の場合は、このように私はサービスの網からこぼれ落ちてしまうケースである。

DIY作業療法には当然材料費もかかるし、作っているあいだは「働けない」から、生活のお金がなくなってしまう。したがって、ブログでずっとベーシックインカムしかない、そう申し上げているわけです。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

One Voice Children's Choirについて

子育てを楽しむには?【都に提案】