投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

「“不登校”44万人の衝撃」の衝撃

2019.5.30放送のNHKスペシャル シリーズ 子どもの声なき声(2)「“不登校”44万人の衝撃」みた。

福山市や広島県の公立中学校内に設置された校内フリースクール。時間割も登下校時間も自由で、支援員と専属の教員が常駐して、本来の教室には通えない生徒の就学サポートをしている。

ここに来る「りゅうせい」君は、文字の認識に困難をおぼえ、読むのに時間がかかった。このことをからかわれて不登校になったが、校内フリースクールには来る。

フリースクール教室内では、眠ければ寝てもいいし、おなかがすいたら友達が御飯を炊いたりするなど、自由な枠組みの中で生徒たちができることをやれる。

本当にすばらしい。いますぐ全国の中学に設置すべきだろう。

そもそも、今の一斉授業や時間割制度は、単にこの間日本で150年ほど行われてきて、それなりの実績を上げてきた「虚構」に過ぎず、法でそうすべき!と決まっているわけではない。

オランダのイエナプラン(自分で作った時間割に基づいて、異年齢のいるクラスで好きなペースで個別に勉強するスタイルで、机に座ってみんな前を向いての一斉授業の対極)が紹介されていたけれども、こういうのをすぐに取り入れるべきだろう。

もちろん教育に携わる関係者にも子どももいればローン返済もあれば、そのポストを定年まで勤め上げたあとの夢や好きな趣味に費やす時間もほしいというのは分かる。しかし、これは今や、一国の命運を左右する、喫緊の課題だ、この不登校44万人というのは。中学生8人に一人が不登校になっているわけで、無視できない。

その仕事(教育に関係する仕事)を選んだわけだから、がんばって、この、よいとされる、エビデンスベースの取り組み(フリースクールとか、イエナプランのような)を直ちに取り入れるよう行動してもらいたい。

もちろん、従来型の一斉授業が好きという親子もいるだろうからそれはそれでやればよく。やれている制度を壊して変えろというのではなくて、個別の事情に応じて、オルタナティブな取り組みを増やしていくことが今求められている。選択肢のひとつとして、そういうのがあれば、一斉授業に適応している生徒にとっても心の癒やしになるし、多様性への寛容さを涵養する契機にもなろう。漢字2字の熟語が4個も続いてもう時間もないので終わるけれども。

最後に、この番組の構成がまた衝撃だった。司会進行の女性NH…

中卒のギャルが実体験を語る動画がすごい

イメージ
この人すごい。今29歳、モデル事務所の経営者。今年2月頃からYouTubeチャンネル開始、今20万近い登録者数(これの凄さは自分でYouTube動画アップすれば腑に落ちるが、それ以外の人は分からないだろう)。
こういう人がサクセスストーリーとしてある程度成り立っているためには、やはり日本が

公衆衛生治安国としての独立性憲法家族へのさまざまな行政のサポート動画投稿インフラ(YouTube)動画収録と編集、アップが廉価に、誰でもできる(中卒にも) こういうものが、今の日本ではいかにすばらしく整っているのか、そこに驚きを禁じ得ない。シリアとか、カンボジアとか、リビアとか、ひどい国多いからな。サウジとか。女性がこんな、しかも1回は鬱病とかいろいろなトラブルで社会的弱者に転落した女性が、こうして立ち直ることができているわけだから、社会制度の秀逸さ、これは看過できない。

この、尊敬すべき実践者で自称メッセンジャー(それほどスピではないので大丈夫)の葉山潤奈さんみたいな話は、これまで(ネット以前)は風俗店とか飲み屋に行かないと聞くことができなかった。しかし今では、YouTubeでいくらでも見ることができる。

彼女のコミュニティーに入っていない人でも、時空を超えて、まるで目の前で本人が自分に話してくれているみたいな体験をすることが出来る。

フェースブックでは世界中から毎日数百万の規模で投稿される動画をチェックするために、一日中、残虐だったりやばい動画(南米とか中東とかでよくある、生きたままの女性の手足をカットしたり首を切り落とすとかそういう類い)を監視する仕事があるらしい。たいてい半年くらいで心を病んでやめていく過酷な仕事だ。

動画を誰でもアップできる時代になったので、やばい動画もたくさんアップされるけれども、この葉山さんが言っているとおり、ネットをいいことに使うようにしないといけない。世界をよくするために。

つまり、メディアリテラシーの教育が全世界的に必要だと思う。私は年100万円からの学費がかかる大学でメディアリテラシーの授業を受けたからこういうことを言えるが、葉山さんは自らの実体験から、すごい説得力を持って動画でしゃべってくれている。説得力が違う。正直メディア論の授業を一年間かけて受けるよりも、家でこの葉山さんのこの動画を見るだけで十分だろう。

ただそれだと一秒で忘れてしま…

ため込み症について

部屋の中が物であふれ、最後はその部屋で生活が出来なくなる病気が注目されている。

「ためこみ症」――2013年米国精神医学会の診断基準で定義された。

特徴は、

物を大量に集める整理整頓が出来ない捨てられない 集める対象物は領収書、文房具、ビニール袋やヒモ、靴、空き缶、電化製品、家具など。認知症や統合失調症、注意欠陥多動性障害(ADHD)にも似た症状があるが、これらの疾病がなくためこみ症のみケースもある。

原因はよく分かっていないが、自閉症スペクトラム障害等と似ていて遺伝的な要因が大きいといわれている。もともと遺伝的要因を備えた人が、幼少期のショッキングな出来事、トラウマになるような虐待、いじめ体験を経て発病リスクが高まる。

患者は物を集めることにより心が満たされるので、病識がなく病院にも行こうとしない。最初はソファーやテーブルに服や書類が山積みになってそのまま数年経過する。そのうち浴室、トイレ、キッチン、すべての家具、そして床が堆積物であふれ、その場所で日常生活を送ることが出来なくなる。この状態は「ゴミ屋敷」などといわれる。

程なくして虫がわいたり、火災になったりして周囲が気がついて顕在化する。

昔近所の大邸宅にひとり暮らしのおばあさんが住んでいた。夜な夜なおばあさんは首からはさみをヒモでぶら下げて(ネックレスみたいに?)、台車を押して出かけていく。数時間後、膨大な量の段ボールを台車に満載して帰ってくる。数年経って、その家はなにかのきっかけで出火し全焼した。なかから大量の堆積物(段ボールなど)が出てきた。

なにが彼女をそうさせたのか、まったくナゾだがいまなら「ためこみ症」だったんだろう。

私も捨てられない物がある。古いパソコンとかハードディスクの類い。あとは木工事の際に出た端材。あるいは読んだ単行本。実父がどう見てもアスペルガー症候群だったので遺伝的傾向はばっちり受け継いでいる。

実父は私がまだ小学校時代に、玄関に、読み終わった新聞を積み始めた。人の背丈より高く新聞の山が、何本も積み上がり、玄関は半分くらいしか使えない状態が続いた。捨てろというと、まだ切り抜いていないので、とか意味不明なことをいって苦笑いをしていた。恐怖。また、死ぬ直前まで古本屋やブックオフに行っては本を毎日、数冊買ってきていた。彼が死んだあと、1万冊近い本が残された。オエッ。この処分に、とてつもない…

ミュージカル観劇体験してきた、ありがとう

ニコラス・カーの『ネット・バカ』をはじめとして、ネット社会やGAFAによるあらゆるデータやビジネス、人々のコミュニケーションの寡占に警鐘をならす勢力の声は日増しに大きくなってきてはいる。しかし、それ以上の猛烈な力でGAFAが情報技術を進化・拡散させるものだから、一般の人はあらがいようがない。

 今日は生身の人間が歌って踊る様子を3時間にわたって、数百人のほかの人たちと一緒に椅子に座ってみるといういわゆる「ミュージカル観劇」を体験してきた。

 劇団四季の『アラジン』だ。YouTube動画を視聴したり作成したりしている最近の私にとって、このオールドメディア、人類が数百年以上前からあるいは有史以前からやってる興行からどんなフィードバックが得られるのか、興味津々だった。

 結果としては、近年まれに見る上質な体験だった。画面以外の、リアルな世界で行われていることがまずすばらしいし、もちろん、たいへんな競争を勝ち抜いて選ばれた優れた肉体を持つ魅力的な俳優たちの演技も見応えがあった。楽曲もまあすばらしい。すいません、形容詞が多すぎるって日本語入力システムが。うるさいよ、ATOKは。

 問題は一部の富裕層しかこんなの体験できないと言うことだろう……、というか、深夜0時で妻が電気も消さずに寝始めたのでもうやめよう。あとはだいたいこのクーリエジャポンの記事に書いてあるので、各自読んで欲しい(ただ月額1000円近くかかるが)。

「グーグルやフェイスブック、そしてアップルが喧伝した理想郷は完全な嘘だ」
https://courrier.jp/news/archives/152936/
ハーバード・ビジネス・スクール名誉教授が解く「監視資本主義」の衝撃
https://courrier.jp/news/archives/160118/

 一言でいうと、ネットでコンテンツを消費するのはうんざりでもうやめにしたい、もっとミュージカルとかリアルな劇を見たいと思った。たぶん人間の脳がネットで見るのに疲弊するんだろう。こんなのは自明だと思う。

 老婆心だがスマホのチマチマした画面でなにかコンテンツを見るためには、場合によっては月に数ギガバイトのデータ通信が発生する。そのためには、キャリアにもよるが何千円も金がかかる。金の無駄遣い以外の何物でもない。

 先ほどのURLの前項はインターネット界の異端児エ…

夜型克服の第一歩は22時~26時にたべないこと!!

生まれてはじめて、町の漢方薬の店に入って「無料健康相談」を体験しました。

私の悩みは、朝起きるとどうにもだるい。たくさん寝ても疲れが取れない。気分も悪く、きちんと動き出せるまでに時間がかかるというもの。

漢方薬店の主はいいました。

店主「夜十時から、深夜二時のあいだは、体が自己修復機能を使って、体の状態をととのえる、ゴールデンタイムです。このあいだに食べると、血液が消化のほうに取られて、本来の免疫の機能がうまく働くことが出来ません。そのために、疲れも取れないし、睡眠時間も余計に必要になります。」

私「はい、存じております」

店主「この夜十時から深夜二時までのゴールデンタイムに、普段なにか食べますか? 夜食です」

私「必ずなにか食べます。夕食がずれ込んだり、夜おなかが減って。」

店主「なるほど。それまず止めて下さい。それ止めるだけでまったく違うと思います。」

私「ホントですか」

店主「朝起きるとスッキリ目覚めると思いますよ。もし元気があれば公園にでも行って散歩するとか。なおよい」

私「ヨーグルトを寝しなに食べる健康法をもう何年もやってて、便通の調子がよいです」

店主「ヨーグルトって、冷蔵庫から出すとだいたい冷えてますよね。冷たいものってよくないんですよ。だるさとか疲労の原因になります。人間の体温て、37度ですよね、だいたい。それで、冷たいものは10度とか15度とか。その20度の差を、カロリーを消費しながら消化しなければならない。余計なエネルギー消費になりだるさ、倦怠の原因になるます」

私「なるほど、これからの季節(夏)は要注意ですね。冷たいもの飲むとしばらくしてだるくなるのはこれですね」

店主「頭をスッキリさせようとアイスコーヒー飲むと余計だるくなり逆効果なんです。本当は。舌みせてください」

私「ベー」

店主「典型的な、胃腸が弱い方の舌です。舌の先が赤いのは、頭が興奮状態にあることを示してます」

私「そうなんです。食べても食べても太りません。下痢します、すぐ。それに、多動なのであれこれ気が散っていて興奮状態というのも何となく分かります。なにか思いつくと興奮してすぐ行動につながってしまいます」

店主「胃腸が弱いのならなおさら、ゴールデンタイムに飲み食い、冷たいもの、止めないとだるさとれないですよ。なにも解決しません。絶対に、夜十時以降飲み食い止めて下さい。そして、出来…

レンタルなんもしない人研究

イメージ
今日のBGMはVeruca Salt Song『チャーリーとチョコレート工場』です。

2019年5月、新しい元号がスタートしまして。普通にお祝いの気持ち、平和の天皇いいなーって思っていたんですが、人によっては天皇をドイツの(以下省略)。まあいろんな人がいるんだなーと思った次第です。

国分寺に、去年からおもしろい人がいると知っていました。ツイッターで主に活動している、レンタルなんもしない人さんです。

この人、NHKのドキュメント72時間のディレクターに訊かれて、収入は貯金を取り崩していると。なにしろ、依頼者のもとに行くのに交通費しかもらわない。驚きですが、これってハンナ・アーレンととか、ハーバーマスが重要視している市民社会の「活動」ととらえることがイイと思います。

こういう人が生きている世の中ってのは豊かだし、しかもお子さんも奥さんもいらっしゃる。そして、驚きの需要。1日3件くらいこなしている。ツイッターのフォロワーも十万とか。およそ無視できる規模の活動ではありません。

「なんもしない」とかいって謙遜しているわけですが、依頼が引きも切らないのはどういうことでしょうか?

ヒントは、昨日私が読んだ東畑開人さんの『居るのはつらいよ』にあると思います。

よく、寄り添うとかいいますよね。確かに、昔はちょっとへこんでも、会社とか、家族が折れそうな心を支えてくれました。でも今は、日本の世帯の3割が一人世帯。会社も株主重視で、派遣社員も増え、コミュニティーとして人を暖かく包摂してくれる居場所ではなくなりました。

会社で孤独。家でもひとり。こうなると人間、何もしたくなくなってきてしまいます。かといって、制度として無償で公共から提供される「ケア」サービスはどうにも微妙な居心地の悪さ、利用するための心理的コストが半端ない。ちょっと寂しいだけなのに、書類書いたり、「職員」と面談したり。役所に並んだり。おまけに会社を休んでいかないといけません。これではまるで囚人か何かです。

そこで、なんもしない人の出番です。交通費さえ払えばすぐ来てくれる(人気化によりすぐではなくなった模様だが)。

私は彼を呼ぶことにしました。彼くらいがちょうどいい、そういう「背中をそっと押してくれる」人が私には必要です。私は家族もいれば、仕事もあり、なんの問題もありません(多動で心療内科に通っている以外)。しかし、収入は…