「“不登校”44万人の衝撃」の衝撃

2019.5.30放送のNHKスペシャル シリーズ 子どもの声なき声(2)「“不登校”44万人の衝撃」みた。

福山市や広島県の公立中学校内に設置された校内フリースクール。時間割も登下校時間も自由で、支援員と専属の教員が常駐して、本来の教室には通えない生徒の就学サポートをしている。

ここに来る「りゅうせい」君は、文字の認識に困難をおぼえ、読むのに時間がかかった。このことをからかわれて不登校になったが、校内フリースクールには来る。

フリースクール教室内では、眠ければ寝てもいいし、おなかがすいたら友達が御飯を炊いたりするなど、自由な枠組みの中で生徒たちができることをやれる。

本当にすばらしい。いますぐ全国の中学に設置すべきだろう。

そもそも、今の一斉授業や時間割制度は、単にこの間日本で150年ほど行われてきて、それなりの実績を上げてきた「虚構」に過ぎず、法でそうすべき!と決まっているわけではない。

オランダのイエナプラン(自分で作った時間割に基づいて、異年齢のいるクラスで好きなペースで個別に勉強するスタイルで、机に座ってみんな前を向いての一斉授業の対極)が紹介されていたけれども、こういうのをすぐに取り入れるべきだろう。

もちろん教育に携わる関係者にも子どももいればローン返済もあれば、そのポストを定年まで勤め上げたあとの夢や好きな趣味に費やす時間もほしいというのは分かる。しかし、これは今や、一国の命運を左右する、喫緊の課題だ、この不登校44万人というのは。中学生8人に一人が不登校になっているわけで、無視できない。

その仕事(教育に関係する仕事)を選んだわけだから、がんばって、この、よいとされる、エビデンスベースの取り組み(フリースクールとか、イエナプランのような)を直ちに取り入れるよう行動してもらいたい。

もちろん、従来型の一斉授業が好きという親子もいるだろうからそれはそれでやればよく。やれている制度を壊して変えろというのではなくて、個別の事情に応じて、オルタナティブな取り組みを増やしていくことが今求められている。選択肢のひとつとして、そういうのがあれば、一斉授業に適応している生徒にとっても心の癒やしになるし、多様性への寛容さを涵養する契機にもなろう。漢字2字の熟語が4個も続いてもう時間もないので終わるけれども。

最後に、この番組の構成がまた衝撃だった。司会進行の女性NHKアナウンサーが、スタジオでVTRやゲストスピーカーを仕切る。スタジオに設置された大画面に、Twitterの特定アカウント(不登校の当事者)7人のコメントを常に流し、アナウンサーはそれも拾う。一方、別のスタジオでは、別の司会者と二人のゲストコメンテーターが、そこはそこでSNSで議論をリアルタイムに深める。

インプットチャネルが何重にも用意されていて、NHKアナウンサーはきっとこれで寿命が3年くらい縮まったに違いない。見ていて彼女のブラック労働ぶりが際立つ、そんな感想も持ってしまった。

このように、結局今何が最大の問題なのかというと、子供達は、経済優先、学力優先でやってきたこの社会の先に何があるのか、自分たちの未来に希望が持てなくなっていることを、私たち現在の大人の有り様を見てうすうす感づいてしまっていることではなかろうか?

若者は、がんばって働いたとしても、その労働で生み出された富の大部分は、少数の株主や創業者家族(しかもその富の大部分は非課税国に流れていって、地球規模で富の寡占が加速している)、そして古い虚構(がんばってこれまで働いて今の日本を気づいた、云々うんぬん(でんでんではなく))にしがみつく不労高齢者たちの医療費や生活費に流れていってしまう。

しかし当の株式会社をみても、少子化が進んでマーケットは世界的に縮小する一方なので、前年同期比で売上を増やすことが物理的に難しくなっている。また、国は国で、右傾化や社会的な分断が加速してギスギスし始めていることの原因が分からずたちすくむ。法人税を安くしたはいいが結局いちばん稼ぐ企業はタックスヘブンに本社を置くので、その国には富は落ちてこない。世界の富の半分を、トップの8名が寡占しているのが今の地球の資本主義の結果だ。

これを知れば私の中では当然、ニヒリズムやアノミーが漂い、面倒なことから目を背ける態度が定着する。しかしわたしのうちのなかで、子どもたちは律儀にも朝起きて、学校に制服を着て通っていたりする。驚きだ。むしろ不登校になる方が当たり前だと思うが。

学校は、番組でも強調していたが、「幸せを作り出す居場所」としてのみ、今後も持続できると私は思っている。まだその職場を愛しているなら、すぐにそうしたい場所にできるよう、具体的な行動をはじめるときだろう。

また、NHKの話に戻るが、まあコンテンツ自体はとにかくすごい。ハイレベルでとても素人が真似できるものではない(真似する理由もないが)。ただ、問題はそのコンテンツを維持するために、まるで税金のようにあらゆる人から「受信料」を取り立てる部分である。もちろん、スポンサー収入の民放がオワコン化、フェイク化したので受信料の制度自体をくさすつもりはないが、ネットにつながっている若者から全部取ろうとするとか、そういうえげつないことをして、そして1兆円近くの収入を得ながら、ビルを新築するだとか、人の目に分からないようなレベルの4K動画に投資するとか、なかなか共感を得にくいことが目立った結果、NHKから国民を守る政党ができてしまい、しかもこの政党はとても支持を集めている。

私も、なかなか、1995年にNHKを受験してアッサリ落とされたし、逆にじゃあどんな人が合格していったか、ものすごい立派で優秀で熱量もある人だけが受かっていったわけ。身近にそういう人が、早稲田だったからごろごろいた。

そういう優秀な人たちが自分たちの持続のために、法律で受信料をバーッと取る。そして、NHKなど見たこともない若者からも取るし、値上げもする。これが、受け入れられにくくなっているという難しい状況を認識すべきだろう。

つまり、反対政党が立ち上がるほどに自体はヤバいところに来ているということだ。やり方がまずい。受信料を、十把一絡げに取るからそうなる。若者から取っては間違いなくアウトだし、もっと若者に金を逆に配るとか、1995年に私に送りつけた「お祈り手紙」(今回はご縁がありませんでした。貴殿のご活躍をお祈り申し上げますってやつ。縁がないの一言でレールからはじかれるすごい学歴社会なんだけれども)を取り消して入局させるとかしたらいいのに……。まあ、入っていたら間違いなく子どもなんてうちは作れなかっただろうが。子育てのためのあらゆる雑用を無報酬でやる時間なんか、彼らにはないだろうから。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

One Voice Children's Choirについて

子育てを楽しむには?【都に提案】