投稿

6月, 2019の投稿を表示しています

Minimalismから学ぶ

イメージ
カーター大統領(たぶん)も警告していた。人々は心を、消費に奪われてしまっている。これは、地球、人類、すべてにおいて害でしかない、と。



私は、半緊縮という、ベーシックインカムへ至る道の階段の第一歩を推しているんだが、理由はミニマリズムの思想と関連がある。



つまり、半緊縮ではなく、富める者だけが富み、そしてあとはトリクルダウンでは格差だけが拡大し、少子化が進む現代ではそれは持続できないモデルだということ。



たとえば現代の金持ち連中がなにをやっているのか見てみよう。グーグル、フェースブック、Amazon、アップル。全部消費者が、正しく健康なテーマに本来は注くべき貴重な彼らの時間を、くだらない消費や短期的利害にかかわること、あるいは他者をおとしめることでカタルシスを得る機会を提供しながら、細々としたガラクタを売りつける消費社会の片棒を担いで金を儲けている。



そして政府はなるべく支出を小さくして社会保障とか公共サービスは最低限にし、「健全財政」をめざさないとたいへんなことになると政治家を脅す。政治家はバカだからそれを鵜呑みにして、ますます庶民を苦しめ、富の流路がスムーズに既存の富裕層に流れるようにする。



私はノーベル賞を受賞したような経済学者や、左派リベラルの経済学者、大物論客の書いた本やインタビュー記事をチェックして、物を言っている。ほとんどが外国のリソースである。みんな、半緊縮でないとダメだっていっている。



一般庶民が、こういう私に、「財源はどうする」とか、「働く気が失せるし税金泥棒が増えるから(半緊縮やBIは)イヤだ」といってくる人もいる。もちろんそれは自然な反応なのだが、残念ながら、「うんこは臭いからイヤだ」レベルの、脊椎反射的反応に過ぎないといわざるを得ない。



そういうバカに向けて、悪いことにポピュリスト政党がどんどん勢力を伸ばしている。何とかこれを反転させないといけない。うんこが臭いとかいっている連中に、いや、国や政治の議論をはじめさせるにはどうしたらいいんだろうか?



ザ・ミニマリズムのメッセージを書いてみよう。



Love people, use things. Because the upset never work.

人を愛せ。物は使え。その逆は絶対にうまくいかない。



この消費社会の中では、人を搾取して、物を買う、人を使って物を愛する。そういうふうになって…

発達障害がウツになるメカニズム、防ぐ方法と資本主義の未来

イメージ
発達障害(ADHDやアスペルガー)はウツになりやすい。この理由が知りたかった。

最近家族や自分のことも含め、当事者として医療機関にかかっている。子供が高校に受かったのはいいが、不安やうつ症状、ひいては自殺念慮を訴えて、まともに学校に通えるかどうかの事態となった。

一ヶ月近くにわたって、週一回、心療内科に行っては不安を抑える薬をあれこれ試したが効果がない。飲まない。

結局ある晩、効果がきわめて弱い安定剤を大量に飲んで、その薬の作用で20時間近く寝た。おそらく、抑うつになってからこれほどまとまって寝たのは初めてである。

本人にしてみれば薬の過剰摂取だから、自殺のつもりだったようだが、20時間後、起きてみたら嘘のようにすっきりとしている。「うつ病が治った気がした」とこう言うのである。

医者に言わせると、「長時間睡眠をとれて、いちばん良かった」

そして、その後たくさん食べるようになった。ますます元気になった。

結局結論としては、発達障害は何らかのきっかけ(学校等環境変化や、仕事や課題のプレッシャーなど)を敏感に察知し、睡眠や食事を取らずにそうしたことに没頭してしまう。ある程度は結果は出せるのだが、睡眠や食事が足りないので、次第に抑うつ状態に陥る。

最終的にこの状態が放置されると、当然、うつ病になる。

また、いろいろな研究から発達障害の人は、「概日リズム睡眠障害」というのになりやすい。この病気は、起きたらずっと起きている。寝たらずっと寝る。つまり起きる、寝るの切り替えに定型発達の人よりも時間がかかる。船のタンカーにたとえるとわかりやすい。動き出したら慣性で止まりにくい。動き出すのも時間がかかる。方向転換も時間がかかる。

つまり、発達障害の場合は、プレッシャーに敏感で時間が足りなくなり、睡眠がおろそかになる。しかも、寝ようとしても概日リズム睡眠障害も持っているので、寝たくても眠れない。こうして二重にウツになりやすい。

私の父親は典型的なアスペルガーだったが、昼夜逆転はもちろん。仕事のためにはいつも徹夜ばかり。食事も適当。アッサリ60過ぎて癌(骨髄異形成症候群)を発症して64で召された。

今、先進国では10人に一人は発達障害を持っているとされている(原因は不明)。

社会はもっと、発達障害の人が健康を損なうことなく働けるよう、制度設計をあらためて方がいいと思う。たとえば、一斉に朝…