投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

社会の緊張が高まってきている

今、世界は、というか日本はとんでもない階級社会の幕開け、そのカウントダウンが始まっている。階級社会は、消費税が10%に上がって引き続きその金が国債の償還や大企業、既得権益優遇に流されることが決まっている。中間層はもう、用済みになっている。

どういう意味か。農業の機械化によって、たくさんの農民が都市に出てきた。働いて金を稼ぐためだ。そのとき、産業革命が起こって、幸い彼らの働き口は用意された。

今はどうか。産業革命のとき、都市に出てきた「元農民」の係累(子孫たち)は、機械に仕事を奪われつつある。今、世界中で進んでいるAIの進展。産業革命になぞらえて語られるが、最大の危機をはらんでいる。今度ばかりは、もう機械に追い出された労働者の働き口はあまりない、というそういう危機だ。

なぜそうなのか。いや、仕事はいくらでも新しく出てくるという人がいる。もちろん、飲食業、サービス産業、介護、公衆衛生などの領域ではこれからも人間が働く場面は多い。でも、これまでスーツ着てネクタイ締めてあるいはパンプス履いて混んだ通勤電車に乗り、オフィスに通っていたホワイトカラーの人たちが、はいじゃあそれやりますとなるか? ならない。かといって、AIで生み出される雇用、たとえばプログラミングとか、サーバー保守とか、データアナリストとか、そういう込み入った専門的知識が必要で、しかもものすごいスピードで陳腐化するから、仕事しながら勉強も続けなけりゃならないという器用な能力が求められる仕事に移ることができるかというとそれもなかろう。

大学出てもう勉強おしまいって人が多いんだろう。

そういうわけで、仕事はもうない。中間層を支える仕事が。こうなると、社会的な緊張が高まる。アメリカには2016年の大統領選で、Democratic Socialists of Americaという社会主義者の団体が立ち上がった。バーニーサンダース候補を応援した。
https://www.dsausa.org/

日本でも、れいわ新選組が出てきた。これまでにいた、どちらかというと社会主義寄りの政党ではなぜ、こうしたムーブメントが起こらなかったのか? 具体的には共産党や立憲民主党だ。彼らには、中間層の危機感を受けとめるだけの緊張感がなかった。しかしれいわは違った。思いっきり社会的弱者、まずは食いっぱぐれたタレント党首、山本太郎がいた。しかし彼…

長年、このブログを書いてきました

イメージ
長年、このブログを書いてきました。

私は犬を2007年から飼い始めました。ラムっていう名前の雌のチワワ。ブログもこの頃書き始めました。先週、7/3水曜日に、12年の寿命をまっとうして、その犬は亡くなりました。わたし毎日喪失感に苦しめられています。

でもブログは続きます。私が生きているからです。

私がブログで訴えている内容は、ラベル(カテゴリー)を見ればだいたい分かるでしょう、一貫している。ベーシックインカムしかない、ということ。ベーシックインカム、あるいはそういう、巨大な価値転換、富の再分配が必要だという熱烈主張です。

私の家族は6人家族。働いているのは私と妻。ひとり8万もらえるなら、月48万。ヒャッホウ!って話ですよ。最高です。そうなったら。いけませんか?国から金もらって、愛する家族との愉快なくらしを楽しんじゃ、いけないんですか? なにか間違っていますか?(反論は受け付けません)

さて本音はさておき。この資本主義という、数百年間人類が使ってきたイデオロギーがもうポンコツになって使えない。そう思います。本来、ヒャッホウ楽しい、家族大好き、いつまでも一緒に時間を過ごしたい。そう思うのが家族でしょう。でも、働かないといけない。奨学金もある。仕事に出ていって長時間家に父母がいない。おかしいだろこれ。子どもは、そういう親を見て、子ども作りたいって思うかな?

何しろ、地球の富の半分を、たった8人が寡占しているわけです(NHK BS欲望の資本主義)。新しいイデオロギー(虚構)を考えないと、人が新しく産まれてきても不幸だし、みんなが不幸になってきている。人を不幸にする思想や虚構は、絶対に間違っている。

ユリアス・ノバ・ハラリ、マルクス・ガブリエル。現代の知性はみんな、今の人類の主要な虚構(資本主義とか)は、「間違っている」といっている。うちらよりぜんぜん、歴史や哲学をめっちゃ勉強している超天才が、「間違っている」っていってるんだから、まずは彼らの本を読んで、どう間違っているのか、勉強しましたよ、私は。私はね。私はそうしたって話で、他の人は知りません。

1人でも多くの、生まれてきた人が、愉快にこの地球で人生をまっとうできる。それをきちんと実現できる、資本主義に変わるイデオロギーを考えるときが来たんだ、そのことをこのブログでずっといっています。

私は、1992年から四年間、西洋哲学…

財源は?ってきくバカが恐怖でしかない件

山本太郎のれいわ新撰組、周辺を見ると予想以上にイメージが悪いし、若者のあいだでは自民一択状況。どうなってる? 政治ってのはまず自分の現状や未来に希望が持てないときにはじめて関心が向くんだろう。無関心いられるのは、ある意味幸せなことだろう。だが実際のところ、真綿(しかもオーガニックのコットン)で首を絞められているだけではあるのだが。 毎年50兆円、国は日銀、銀行、機関投資家などから金を借りている。それがどんどん膨らんで残高が一千兆円ある。毎年の国家予算が百兆円くらい。 で、その前提に立つと、国家予算百兆円、いったい何にそんなに金がかかるのかってまずそこが出発点になる。いろいろ、何に使っているんだろうか、当然気になる。財源はもちろん、半分以上が借金。財務省のホームページに書いてある。

税の学習コーナー 国の収入と支出 [国税庁HPより]

財源は借金だぞって。そして、財務省国税庁のホームページにいくと、子どもにも分かるように鮮やかに、その百兆円の使い道が書かれている。25パーセントくらいは、過去の借金の利払いと借り換えだよ。 繰り返す。この国、必要な予算の半分は足りない、税収でまかなえないから、財源は借金でまかなっている。国家全体で、毎年そうなっている。 3度いおう。財源は?借金です。借金なんです。 で、じゃあ、ここで、奨学金無償化しようとか。消費税やめようとかいうと、たちまちみんなが「財源は?」って騒ぐ。 いやだから、借金だっていってる。決まってるだろう。ほかの使途もだいたいそうだ。ずっとそうしてきている。四度目だぞいうの、財源は、借金。 奨学金とか、消費税以前の話として、すでにもう何年ものあいだこの国は、金がまったく足りていない。財源がない。だから借金で、高齢者の社会保障費(年金、医療)に。景気対策に。アメリカから押し売りされるポンコツ飛行機代にとんでもない額をまかなっている。 で、それについては、どうして誰も「財源は?」って偉そうな顔して、したり顔で質問しない? なぜ、消費税ゼロとか、奨学金無償化とか、子ども産んだら現金配るとか、BIとかいうと、そこだけいきなり「財源は?」って聞く? おかしいだろってはなしですよ。アンタは、財務省なのか? アメリカの軍需産業なのか? 高齢者なのか? 政治家なのか? 違うだろう。ただの一般庶民だろう。納税者だろう。納税…

資本主義の終わりの始まりがいよいよ日本からはじまった

イメージ
れいわ新撰組の訴え、候補者の顔ぶれは、これまでの政治、選挙の固定観念をぶちこわすのに十分なものだ。

そして、彼らの訴えのうち、とりわけつねきの話が痛快だ。私が十年以上にわたりこのブログで訴えてきた、資本主義への違和感、じゃあどうしたらいいか、ベーシックインカムしかないということの主張。つねきがいってくれている。そして、つねきのネタ本はたぶんこれだ。これも参考にしているかもしれない。



みんな、大西つねきの動画を見よう。

https://www.tsune0024.jp/

私が思うに、みんな(与党はもとより、東大卒の財務官僚でさえ)は終わった資本主義脳に完全にやられてしまっている。これは、陰謀説とか、特定宗教からのトンデモイデオロギーとは違う。つねきや、松尾匡の本を読もう。そうすれば、分かる。みんな、間違ったものの考え方に捕らわれてしまっていて、それで自縄自縛に陥って、不幸まっしぐらのみちをつきすすんでいるってことを。

私は子どもを育てている。妻と一緒にだ。仕事とか肩書きは一切興味がない。所得もものすごく低い。毎日、家で起こる予測不可能な事態(家事育児あるある)に翻弄されている。妻も私も早稲田出ていて、そこそこ「頭がよかった」はずである。しかし、そんなことも子育て育児にほんとうに真摯に寄り添えば、まったく関係ない。

早稲田出なのに、サラリーマンができなかった二人だから、もちろん金がない。金がないから、下着は自然に破けるまで着続ける。破くときは、私が着た状態で、子どもに破いてもらう(さすがに下の、ではなく、Tシャツとかですけど)。ものすごい盛り上がる。家中笑いであふれる。

今日12年飼った犬が死んだ。金がないから、犬には申し訳なかった。難しい病気になって、手術には何十万もかかるといわれた。子どもは家族同然の犬の亡骸を見て、みんな泣いた。金がなければ、犬も死ぬし、そして社会を見れば、人はどんどん死んでいる。

れいわ新撰組から安富さんという女装の東大教授が立候補したが、彼の訴えは「子どもを守る」だ。彼は、政策なんて関係ないし意味がない。子どもを守る、ということをひたすらいっている。すばらしいことだし、まさに私が切実に考えているテーマである。女装しているのも最高だ。

さていま、金は、世界の富の半分は、たった8人の白人男性たちに寡占されている。そんなの必要だろうか。正しいのだろう…