社会の緊張が高まってきている

今、世界は、というか日本はとんでもない階級社会の幕開け、そのカウントダウンが始まっている。階級社会は、消費税が10%に上がって引き続きその金が国債の償還や大企業、既得権益優遇に流されることが決まっている。中間層はもう、用済みになっている。

どういう意味か。農業の機械化によって、たくさんの農民が都市に出てきた。働いて金を稼ぐためだ。そのとき、産業革命が起こって、幸い彼らの働き口は用意された。

今はどうか。産業革命のとき、都市に出てきた「元農民」の係累(子孫たち)は、機械に仕事を奪われつつある。今、世界中で進んでいるAIの進展。産業革命になぞらえて語られるが、最大の危機をはらんでいる。今度ばかりは、もう機械に追い出された労働者の働き口はあまりない、というそういう危機だ。

なぜそうなのか。いや、仕事はいくらでも新しく出てくるという人がいる。もちろん、飲食業、サービス産業、介護、公衆衛生などの領域ではこれからも人間が働く場面は多い。でも、これまでスーツ着てネクタイ締めてあるいはパンプス履いて混んだ通勤電車に乗り、オフィスに通っていたホワイトカラーの人たちが、はいじゃあそれやりますとなるか? ならない。かといって、AIで生み出される雇用、たとえばプログラミングとか、サーバー保守とか、データアナリストとか、そういう込み入った専門的知識が必要で、しかもものすごいスピードで陳腐化するから、仕事しながら勉強も続けなけりゃならないという器用な能力が求められる仕事に移ることができるかというとそれもなかろう。

大学出てもう勉強おしまいって人が多いんだろう。

そういうわけで、仕事はもうない。中間層を支える仕事が。こうなると、社会的な緊張が高まる。アメリカには2016年の大統領選で、Democratic Socialists of Americaという社会主義者の団体が立ち上がった。バーニーサンダース候補を応援した。
https://www.dsausa.org/

日本でも、れいわ新選組が出てきた。これまでにいた、どちらかというと社会主義寄りの政党ではなぜ、こうしたムーブメントが起こらなかったのか? 具体的には共産党や立憲民主党だ。彼らには、中間層の危機感を受けとめるだけの緊張感がなかった。しかしれいわは違った。思いっきり社会的弱者、まずは食いっぱぐれたタレント党首、山本太郎がいた。しかし彼は、今回の選挙では、特定枠に二人、障害を持つ人や難病患者を入れた。そのため、彼らが受からなければ、自分は落ちる。

これまでの「職業政治屋」つまり、政治家で食っている人には絶対にできない選択である。しかも、彼は全国に演説にまわっているが、そのツアーのために何百万も借金をしていると公言してはばからない。政治には金がかかる。自分も借金をしてこうしてまわっている。しかも、先に当選させるのは、特定枠の二人。

この本気度に共鳴し、3億円の寄付が集まっている。本当の政治家が出てきたんだ、自分たちが政治家を動かし、社会を変えるんだという中間層の思いを、はじめて引き受けることができる政治家だ。

日本は平和国家として、教育もそれなりに全国津々浦々、やってきて、今は乳幼児死亡率もほとんどゼロに近く、長寿の国である。犯罪もどんどん減っている。すばらしい国だと思う。

そのすばらしい国の中で、よくネトウヨがいうところの「平和ボケ」の中で、じつは私たちは勉強してきた。しっかり社会を見つめてきた。この社会で、子どもを産んで、次世代にわたしていくのは、大丈夫かな? どうかな? 今その疑問に、黄色信号が点灯している。一見平和で豊かな社会、安全で、健康、人権もしっかり保障された社会。しかしこれはもう、終わろうとしている。
間違いなく理由は政治の失敗だ。成功した面(今言った、平和、乳幼児死亡率低下、犯罪の低下、長寿化など)もあるのだが、それは他の国でもだいたい達成されている、人類共通の進化に属する功績である。政治のおかげではまったくない(憲法の上に条約があることを忘れちゃいけない。条約で戦争は禁止されている)。

今この選挙で、自分たちの仕事が消えつつあるこんにち、どう、国の富を再分配して、当面の子どもを守る活動に政治の力を振り向けさせるか。子どもを守ることができるのなら、馬だって、ネコだって、犬だって、お年寄りだって守れる。子どもを守れないなら。引き続きこの間違ったポンコツ資本主義の機械に組み込んで、搾取させるだけの人生に子どもを奪われるだけなのなら、誰も子ども産まなくなるし、国は滅ぶだろう。国が滅ぶ前に、資本主義の欲望が地球を破壊して、せっかくのこの命の星マザーシップアースは沈没するだろう。

私たちは今回の選挙で絶対にれいわ新選組に投票すべきだ。それ以前に、まず選挙に行くべきだ。

資本主義が終わろうとしている。仕事はもうない。私たち農民の子孫を食わせてくれる、都市も、産業革命も、もう永久に失われた。大勢の人に給料を払える、背広着てできる仕事が、すごくすくなくなってきている。農地を機械に負われた先祖にはあった、職場がもう、私たちの前から消えた。資本主義は黄昏れている。金利を上げることはもうどのくにもできない。なぜなら、自分たちが途方もない額の借金を背負っているからだ。金利が上がろうものなら、破綻してしまう(借金がいくら増えても金利も物価も上がらず破綻も起こらない、モダンマネタリーセオリーというのがあるが日本はその典型的な実証例である)。

トヨタの社長も、年功序列終身雇用もうダメだっていった。損害保険会社も、子会社の介護関連企業に、従業員をたくさん転籍させた。はじまっているんだよ。

そして、10月には消費税が10%になる。普通のサラリーマンに換算すると、ほぼ一ヶ月分の収入が消費税で消えることになる。いいのかそれで?

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

消費税についての本質的な発見を2、3点

One Voice Children's Choirについて