財源は?ってきくバカが恐怖でしかない件

山本太郎のれいわ新撰組、周辺を見ると予想以上にイメージが悪いし、若者のあいだでは自民一択状況。どうなってる? 政治ってのはまず自分の現状や未来に希望が持てないときにはじめて関心が向くんだろう。無関心いられるのは、ある意味幸せなことだろう。だが実際のところ、真綿(しかもオーガニックのコットン)で首を絞められているだけではあるのだが。 毎年50兆円、国は日銀、銀行、機関投資家などから金を借りている。それがどんどん膨らんで残高が一千兆円ある。毎年の国家予算が百兆円くらい。 で、その前提に立つと、国家予算百兆円、いったい何にそんなに金がかかるのかってまずそこが出発点になる。いろいろ、何に使っているんだろうか、当然気になる。財源はもちろん、半分以上が借金。財務省のホームページに書いてある。

税の学習コーナー 国の収入と支出 [国税庁HPより]

財源は借金だぞって。そして、財務省国税庁のホームページにいくと、子どもにも分かるように鮮やかに、その百兆円の使い道が書かれている。25パーセントくらいは、過去の借金の利払いと借り換えだよ。 繰り返す。この国、必要な予算の半分は足りない、税収でまかなえないから、財源は借金でまかなっている。国家全体で、毎年そうなっている。 3度いおう。財源は?借金です。借金なんです。 で、じゃあ、ここで、奨学金無償化しようとか。消費税やめようとかいうと、たちまちみんなが「財源は?」って騒ぐ。 いやだから、借金だっていってる。決まってるだろう。ほかの使途もだいたいそうだ。ずっとそうしてきている。四度目だぞいうの、財源は、借金。 奨学金とか、消費税以前の話として、すでにもう何年ものあいだこの国は、金がまったく足りていない。財源がない。だから借金で、高齢者の社会保障費(年金、医療)に。景気対策に。アメリカから押し売りされるポンコツ飛行機代にとんでもない額をまかなっている。 で、それについては、どうして誰も「財源は?」って偉そうな顔して、したり顔で質問しない? なぜ、消費税ゼロとか、奨学金無償化とか、子ども産んだら現金配るとか、BIとかいうと、そこだけいきなり「財源は?」って聞く? おかしいだろってはなしですよ。アンタは、財務省なのか? アメリカの軍需産業なのか? 高齢者なのか? 政治家なのか? 違うだろう。ただの一般庶民だろう。納税者だろう。納税者が、ポカーンと、個別イシューについて耳慣れないからっていきなり「財源は」なんて聞く資格は、ないんだな(百歩譲って、高齢者が財源はって聞くのは分かる。本能的に自分たちへの金が細くなることを察知しての質問だからな。何しろ連中の生活と医療にいちばん金がかかってる)。 うちら子育て世帯や貧困一般庶民のための、弱者のための、明日のくらしにお金の心配しなければならない人たちを救う政策を、言い出すと、たちまち「財源は?」っていう。なんでそこだけ質問するの?  しかも若者がそういうことを聞く。本当に、究極の、クソバカだろ。どんだけ、バカなの? 国の制度のこと、中学の公民でやったんだよ、一緒に。忘れたのか。 もう、財源はって、きくひとはもう、本当にまずバカだし、無知だし、存在自体が恐怖でしかない。びっくりだ。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

One Voice Children's Choirについて

ADHDの私が落ち着いて集中できるようになった、たったひとつの理由