リベラルデモクラシー衰退のあとはナショナリズムおー怖い

このあいだの参院選を受けて、日本記者クラブが各分野の識者を呼んでシリーズで会見を開いた。「2019参院選・民意を読む」という、全7回シリーズで、各回違うスピーカーが登壇。7.29の細谷雄一・慶應大学教の回(動画はこちら)では、

  • 資本主義の成長のために権威主義体制化が中国を中心に広まる
  • 相対的にリベラルデモクラシーは衰退
  • 各国で保護主義やナショナリズムが台頭
  • 「民主主義」が内側から壊れていく(exN国議席確保、低投票率ほか)
  • 国民国家を支える「公共性」の概念が消失
  • 日本の自由民主主義が内と外から崩壊するのを「近いうちに目にする」
ひょえー。怖い怖い。

ちなみに、8.1は中島岳志・東京工業大学教授の回。動画はこちら。ポピュリズムが席巻中、右も左も。れいわか、維新か的な。あーどうする。

オッサンの琴線に触れるのは1時間以上の、大学教授クラスの動画か、または本か、NHKのBSのドキュメンタリーくらいになってきた。

さてまず、経済成長のためにはリベラルデモクラシーは上手くいかず、むしろ中国やロシアのような権威主義的な体制のもとで、人々の自由をある程度犠牲にしても、確固たるリーダーシップの元手バンバン一丸となって国民ががむしゃらにやらないとダメなんだというイデオロギーが目立ってきていると。

でも、そんなのウソだと思う。だって、中国は膨大な国家債務とか自分の都合で通貨を安くしたりとか。ロシアは天然資源で持っているだけ。だから経済成長するためには権威主義だってのは間違っている。ただ問題は、その間違ったイデオロギーを声高に正当化する連中が日本の政府与党を牛耳っている(竹中とか?経団連とか)。

この狂った権威主義的成長思想の結果、令和のような左派ポピュリズムが台頭してきている。私からいわせれば当たり前だし、れいわはいますぐ政権与党の多数を占め総理は山本太郎、財務大臣は大西つねきにいますぐしてほしいと思っている口。もちろん文部大臣はやすとみ歩。

そうしないと、細谷さんが言うように「民主主義が崩壊するのを目にする」ことになる。しっかり監視し、そしてれいわを支持拡散していくことで、日本は民主主義を立て直し、世界に再び、民主主義というソフトコンテンツを輸出する素敵な国になる。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

消費税についての本質的な発見を2、3点

レンタルなんもしない人研究