投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

アメリカ忖度のために消費増税

国地方の借金の合計は1000兆円(この負債から資産をひくと純負債は500兆)借金返済しないといけないっていっている。べつに、五百兆ったって、その貸し手のほとんどは国民や日銀だから問題ない。中国みたいにバンバン貨幣を刷って政策予算で国民に配ればよろしい。なぜそうしないか。

理由はアメリカが怖いから。これは私がついに今日、到達した結論だ。おもに、巨大資本と官僚たちによるアメリカへの超絶忖度が、今の日本を動かしている。

その忖度たるや、加計学園の理事長とか、首相に向かうものとは比較にならないほど強烈だ。

アメリカは今、とてつもない額の借金のせいで、基軸通貨としてのドルの信頼は微妙な情勢になりつつある。
アメリカでは、もちろん、その借金の返済のために消費税を上げようなんて話は出てこない。政治的な争点にすらならない。それは理由は簡単で、大西つねきさんが言うように、国の借金を返したらカネが消えてしまい、経済が死んでしまうからである。増税して借金を返すっていう発想が、決定的に間違っている証拠はこれだろう。

じゃあ、日本はなんで借金を、消費税を上げて返そうってことにするのか。純粋な負債500兆を返すために、今回の増税分の6兆のうち、3兆が使われる。1年で3兆。全部返すのに、だいたいどのくらいかかるのか?

返さなければならない借金を、仮に(仮、というが数字自体はいい線をいっている、特に規模感は正しい)国地方の借金合計1000兆-同資産500兆=返さないといけない借金500兆としよう。残高が500兆あって、毎年40兆円増えている。そして、毎年30兆くらい返済している。

いや待ってくれ。この時点で、返すのに何年って話じゃない。ぜんぜん返しきれない計算だ。

そしてこの時点でおかしいのだが、もっとも強烈なのは(私の今日のこの投稿に至ったのは)、安倍総理が、「10年間は消費税再増税は必要ない」といっていることだろう。

いや、意味が分からない。今回、消費税を上げる理由は借金へいんさいと社会保障費対策だろう。で、上げる。でもぜんぜん足りない。どうする? 10年間の根拠がまったく分からない。今回上げるのってことになる。

逆に、首相の立場で考えてみよう。アメリカケツ舐め、おしりペロペロ、アメリカの「ウンコが付いたケツの穴を舐め取る」(宮台真司)こと、それが日本国の首相の唯一の仕事だ。

今回、税金を上…

New!!お金の仕組みと時代のミスマッチ【大西つねき】嘉衛門 presents The Road~Extended Edition〜

イメージ
金利は金持ちのところに行く。格差が広がる

孤独という問題

最近厚労省が発表した数字によれば、いわゆるモデル世帯とされる、夫婦+子供の世帯は、全世帯のうち38%となった。もはやモデルというにはどうなのかなというほどの、少数ぶりだ。

日本は5000万世帯がある。2025年には、一人世帯が半数を超えるらしい。2025年というのはまるで先のことのようだが、6年後だ。小学1年生が小学校を卒業するくらい。本当に一瞬だ。

知り合いが先日愚痴ってきた。彼は地域のお祭りとか、趣味のツーリングのグループ、あるいは会社などで、同世代の独身男性が「やらかす」事例を数多く目にするようになったという。

ちなみに知り合いの彼は妻子がいる。

独身男性のやらかしの内容は、暴言、失言が多いのだが、攻撃の矛先は妻子持ちに向かう、という点で「一貫している」らしい。妻子持ちへの妬みが彼らの性格をゆがめさせ、何かをきっかけに失言という形で爆発する。

ニーチェのルサンチマンのようなモノだと思えば良かろう。

バイクのツーリングのグループ、それは地域のバイク店のオーナーが主催している趣味のサークルなのだが、そこはむしろ独身男性ばかりである。もちろん高齢化している。

高齢化する独身男性は、彼によれば、かなりの割合で妻子持ちを敵視し有形無形のやり方で排除にかかってくる。彼はもうそのサークルの、何となく妻子持ちを排除する「空気」に耐えられなくなり、やめてしまったそうだ。

この長い人類の歴史の中で、高齢男性の孤独や妬みをいやしてきたのはもちろん宗教だった。あるいは、地縁や血縁だった。20世紀の資本主義の進展で、世界は生産者と消費者に分けられ、消費者はメディアの洗脳に従いひたすら消尽を繰り返す自動機械になってしまった。

孤独をいやしてきた宗教は相対化され、家族や地縁、血縁も解体された。パートナーに恵まれなかった人が増え、そういう人たちが高齢化。彼らの孤独のはけ口はいまどこに向かっているのか。言うまでもなくSNSとかネットだろう。

一般的な消費者が孤独のまま高齢化するだけで、だんだんとやばいかんじになってくる、まじで、と、彼は真剣に私に語った。「独身高齢者の、妻子持ちへの妬みはマジヤバイ」彼は何度も繰り返した。彼は私みたいにブログも書かなければ、社会学や哲学の本も、ハラリの本も何も読まないが、人生を生きてきて、いろいろ経験した「肌感覚」でもって話している。それだけに、彼の発見は重い…

消費税についての本質的な発見を2、3点

今日は武蔵野税務署管内の青色申告届出法人の経理担当者向けの法人税・消費税申告説明会があった。私は葉書をもらったので行ってきた。法人税担当の税務官の講習を2時間受けてきた。で、気がついたことを短めに、2、3点申し上げる。

その前に、消費税のきほんをおさらい。

Q.そもそも消費税とはなにか。

まず大前提として。消費税は付加価値税っていう人もいるけど、本質はそうじゃない。本質はあくまで消費税。なぜって、結局負担するのは、「消費者」(最終的にそのものやサービスを消費する(おもに)「個人」)。消費税を払うのは、負担するのは、企業ではなくて、自然人、個人。言い換えよう。消費税を負担する主体は、組織ではなく個人。

A.消費税=(国や大法人が)庶民を殺す税

「企業より、個人のほうが強い。カネもある」 そう思っている人は手を上げてください。ハイあなた間違えています。ダメです。戦後、ちょっとだけ、そういう時期が合ったかもしれないけれども、資本主義の欲望マシンが、メディアと心理学を操作して、個人は骨抜きになってしまってからはもうダメ。法人とくらべると、個人というのは今もっとも立場が弱い。笑っちゃうくらい。もちろんこれ、資本主義のせい、これは。格差がどんどんでかくなって、金を持っている連中(創業株主たち)、大企業、アメリカ、こいつらが、もうオバケかってくらい巨大化してる。そして、うちら一市民、一般庶民は孤独で、弱く、残念で、すべての力を奪われ、自己意思決定すらできない「愚衆」になってる。中間層が消えて久しいけれども、この消費税増税と後述するインボイス制度によって、政府による中間層のジェノサイドは完結する。

そういう、いちばん金を取っちゃいけない層から、いちばん金を取る、反道徳的な、嘔吐しそうになるほど逆進的で決定的に間違った、殺人税制、それが消費税

ダメ絶対!

消費税額はなにか物やサービスを、対価を得て給付した(有り体に言えば、売った)ときに、売値(本体価格)の8%とか、10%を、買い手が売り手に払う。

それで、売り手は、買い手からもらった消費税額を、税務署に納める。自分の懐に納めるのではない。たとえていうと、100円のペンを売ると、買い手からは110円がもらえる。もらえるとはいえ、10円はあとで税務署に納めないといけないもので、仮に受け取った消費税、つまり仮受消費税である。借り受けではなく、…