アメリカ忖度のために消費増税

国地方の借金の合計は1000兆円(この負債から資産をひくと純負債は500兆)借金返済しないといけないっていっている。べつに、五百兆ったって、その貸し手のほとんどは国民や日銀だから問題ない。中国みたいにバンバン貨幣を刷って政策予算で国民に配ればよろしい。なぜそうしないか。

理由はアメリカが怖いから。これは私がついに今日、到達した結論だ。おもに、巨大資本と官僚たちによるアメリカへの超絶忖度が、今の日本を動かしている。

その忖度たるや、加計学園の理事長とか、首相に向かうものとは比較にならないほど強烈だ。

アメリカは今、とてつもない額の借金のせいで、基軸通貨としてのドルの信頼は微妙な情勢になりつつある。
アメリカでは、もちろん、その借金の返済のために消費税を上げようなんて話は出てこない。政治的な争点にすらならない。それは理由は簡単で、大西つねきさんが言うように、国の借金を返したらカネが消えてしまい、経済が死んでしまうからである。増税して借金を返すっていう発想が、決定的に間違っている証拠はこれだろう。

じゃあ、日本はなんで借金を、消費税を上げて返そうってことにするのか。純粋な負債500兆を返すために、今回の増税分の6兆のうち、3兆が使われる。1年で3兆。全部返すのに、だいたいどのくらいかかるのか?

返さなければならない借金を、仮に(仮、というが数字自体はいい線をいっている、特に規模感は正しい)国地方の借金合計1000兆-同資産500兆=返さないといけない借金500兆としよう。残高が500兆あって、毎年40兆円増えている。そして、毎年30兆くらい返済している。

いや待ってくれ。この時点で、返すのに何年って話じゃない。ぜんぜん返しきれない計算だ。

そしてこの時点でおかしいのだが、もっとも強烈なのは(私の今日のこの投稿に至ったのは)、安倍総理が、「10年間は消費税再増税は必要ない」といっていることだろう。

いや、意味が分からない。今回、消費税を上げる理由は借金へいんさいと社会保障費対策だろう。で、上げる。でもぜんぜん足りない。どうする? 10年間の根拠がまったく分からない。今回上げるのってことになる。

逆に、首相の立場で考えてみよう。アメリカケツ舐め、おしりペロペロ、アメリカの「ウンコが付いたケツの穴を舐め取る」(宮台真司)こと、それが日本国の首相の唯一の仕事だ。

今回、税金を上げるといっていて、上げなかったらどうなるか。たぶん、円安になる。理由は割愛する。円安になる。上げたらどうなるか。とりま、円高になる。理由は単純にいえば、税を上げる=景気を冷やす=金利が上がるから(ただし、もはやこういう経済の屁理屈はたいていの場合、通用しない、通用してもわずかの期間だけ)。

円安になるとどうなるか。今、あなたは、アメリカ女王様にむち打たれる、安倍ドM首相の気持ちで考えてほしい。トランプ女王様を万が一怒らせたら、乳首に付けられたクリップを思いっきり女王様に引っ張られてしまう。そうすれば、乳首がもぎ取れるほどの痛みが全身を駆け抜けるのはいいんだが、ヘタするともう、大好きなプレイができなくなるほど乳首が脱落してしまうかもしれない。それだけは避けたい。

女王様の逆鱗に触れること。それはなにか。もちろん、円安だ。円安だけは許されない。円安になったら、ドル高となり、アメリカの産品が売れなくなり、借金返済の目処が立たなくなり、最後はアメリカのドルが信頼を失って、女王様は失職するだろう。

そのためには、ドM国家日本の首相としては、絶対に税金を上げて、円高に持っていかなければもうダメだ。乳首取れちゃう。

と、いうわけで、今回消費税は絶対に増税しなければならないのである。そして、つづく「10年間は消費税再増税は必要ない」といっているのもこのように考えてくれば当たり前と腑に落ちる。

つまり、彼は10年間もこのSMプレイやらないってことだろう。当たり前だ。彼も人間。寿命があるし、正直もう、政治なんてうんざりなんだ。彼は奥さんもそうだが、自分のことしか考えていないから、じつによく分かる、彼の本音だ。10年後のことはどうするか。知ったこっちゃない。興味もない。未来のことなんか、分かるはずがないし知りたくもないのだ。少なくともこのSMプレイだけは無理、それだけだ。

当面のあいだとは、安倍が首相でいるあいだのことにほかならない。

ほら、見事につながった。美しい。一直線だ。何も分からないことがない。透き通っている。きれいだ!

ウンコやSMにこそ、美がある。これは真実だ。不都合な。

まとめると、消費税増税は単に基軸通貨発行国の力関係から、やむを得ず一時的な「空気感」(つまり、円はまあまだちゃんと考えているから、円高で差し支えないっすよ。ほら、消費税も上げたでしょ?! ついでにドル安は維持されるから、アメリカの物どんどん買おうよ、みんな)を出すために、後先考えずにやっているサプライズに過ぎない。おしまい。安倍さんは、すごい空気を読む人だと思う。そして、正直で、きっと優しく、そしてドM。漢字が読めないからといって、バカにしたらいけない。というかもしかしたらもうロボットかもしれない。

彼は保守政治家。そもそも保守というのは人間なんてものはテキトーでグダグダな、ミスばっかりやらかすどうしようもない動物だから、度台計算尽くできちんと政治なんてやれっこないという諦めが前提。したがって、とりあえずは、おっかないアメリカのトランプ女王様には脊椎反射の盲従。国内統治のためには貧困層に金をばらまいてほどほどの排外ムード(=嫌韓)も演出してガス抜き&結束。運営は全部官僚に丸投げ(これまでも、これからも)。その「戦略」で長期政権。おみごと! ゲーム理論「ナッシュ均衡」しているにちがいない。

そういうわけなんで、国民はもう仕事やめて生活保護行こう。アメリカ万歳、日本万歳だけ言って優しい安倍に甘えてればいいんだからこんなに簡単なことない。ウソです。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

消費税についての本質的な発見を2、3点

レンタルなんもしない人研究