投稿

10月, 2019の投稿を表示しています

号泣必須!!山本太郎「偽善者と呼ばれて」動画を娘に見せようとしたら断られた件

イメージ
私はこの動画を見て、この人神だと思った。そして、多くの視聴者がそうであったように、もう泣いてしまった。便所で。ウ○コしながら。ごめんなさい、お食事中の方。



いや、変に崇拝するとか、絶対視するとかではなく、見た人ひとりひとりが、彼を自分に降霊させて、彼になりきってまわりの人に泣きながら話せるように練習して動画を取ってアップするまでやるべきだろう。音楽はエピデミックサウンドとか契約しよう。ひと月だけでもいい、1500円くらい。音楽重要。宣伝にね。



で、このなりきり山本太郎大作戦挙行、手始めに、最寄りにいる有権者で娘でもある大学生に「山本太郎がさあ、昨日の演説で、偽善者、格好つけてんじゃねーよと聴衆からディスられてそれに号泣しながら反論する動画見ない?」と行ったら、「ケッコーデース」と秒殺。



で、代わりに何を見ているのかなーと覗くと、たぶん、自分のサークルの練習風景かなんかの動画を見てる。



いや、そんな自分たちのわっしょいヒャッホウ動画見てる場合じゃなくて、日本が壊れてるんだけどって言ったけど意味わかんね、みたいな。というかうるさい?



ガーン!!



というか、これは当たり前の反応ですよね。これこそが真実であり、現実です。太郎の演説は、非日常だからこそ面白い。ファンタジーなんです。花畑、とかいって批判する人もいる。お花畑。便利な言葉だね、でももう古いよ。90年頃からいってる人いる。



私が言いたいのは、「関心」。人々の関心が、ちんまりしたスマホの画面に完全にジャックされてしまっている状況。そして、その画面に映し出されるのは、自分が見たいものだけ。あるいはゲーム。



関心が満たされることが重要。それも、低コストで、居ながらにして、すぐに。テクノロジーがそれを可能にしている。GAFA儲かる。そういう動画を作るアプリケーション作る会社も儲かる。それらは、個別の国に納税しないで、タックスヘブンへ。



目の前で音を立ててすべてが壊れていく。太郎の泣き声とともに。泣いて、聴衆に背を向けた太郎。「ガンバレー」ってみんな応援した。みんな泣いていたんだろう。感動だ。



これ、ヤバいのが、帝国劇場のレ・ミゼラブル見ている農協のご一行様じゃなくて、現実問題で青ざめて太郎の話を聞きに来ている当事者たちだってこと。非日常と日常が転換してしまってる。



もう頭がぶっ壊れそうになってきた。横で、学校から帰ってき…

確実に何かが変わろうとしている

最近私は、気候変動の原因が本当にわずかなトップの富裕層の「せい」であることを知った。グレタさんなどの運動に関連する何かの論評で読んだ。

ずっと、世界の富の半分を、昨年現在で26名が寡占している現状。あるいは、ひたすら先進国の債務が積み上がる一方なのに、なぜか金利は低いままという謎現象。これらから資本主義がオワコンであることを指摘する学者は枚挙にいとまがない。

山本太郎がツアーを始めているが、彼が演説している中身はテーマごとにほぼ小話としてまとまって彼の頭の中に入っている。彼はパワポを画面に映して、およそこれまでの政党のリーダーのイメージとは完全に異なる、まったく新しい新世代の演説スタイルを確立している。そして、その洗練され、わかりやすく、そして事実に基づくコンテンツが聴衆の心をしっかりつかみ、巨大なうねりとなっている気がしてならない。

今日はこのウェブサイトを紹介したい。
https://wired.jp/2019/10/17/capitalocene/

一部の富裕層による欲望にまかせた資本の増殖を許し続けるのならば、この地球に住む多くの人たちに、未来はない。これは間違いなくいえる。しかも、最初に死ぬのはもちろん、貧しくて立場の弱い人たちから、である。

アメリカの操り人形として政府の中枢には「空虚」な人たちがとりあえず座ってはいるものの、地球規模で轟音を上げて近づいている私たち人類の危機に気がついて、ヤバイぞこれと声をあげ始めている人が日増しに増えている。

彼ら為政者がいちばん恐れているのは、この「声」にほかならない。声に。いまはまだ、憲法が活きているから声をあげることができる。他人の資産を殖やすために自分の人生と地球をあきらめることはとうていできない。

お父さんが出張で飛行機に乗るっていう人がいたら、グレタさんみたいに学校を休んで声をあげよう。飛行機に乗る人も、飛行機を作る人も、結局何かの資本の増殖のためにそうしているはずだ(ほとんど)。飛行機に乗るのを、やめよう。飛行場へと続く電車にも乗らない。私たちにはベーシックインカムがある。そして請求する権利は憲法25条にちゃんと書いてある。ベーシックインカムを請求し、運動する時間を手にしよう。政府宛に、今すぐ請求書を書こう。消費税はおまけしようね。

子どもを狭い場所に長期間詰め込むと起こるトラブルあるある

よく虐待や育児放棄が話題になるが、その原因が意外に、極めて些末な、小さなトラブルが原因で、具体的なそのトラブル内容は明文化される機会も多くないことに注意しなければならない。

私は今日は台風で家に子どもが全員いるが、極めて危険な状態に容易に転化しやすい。たとえば――、

焼きそばに入れる紅ショウガの配分本を貸してくれ、いやだの応酬TVのチャンネル争い性格批判や「いつもそうだ」みたいな証拠のないクレーム 特に、本を貸せ、持っているだろう、いやだ持っていない、ウソをつけ、といったことから殴り合いに発展しそうになった。大声で物理的な距離をまず離し、本を貸してくれといったほうの当事者に、その本をいますぐ買ってやるからといって(ただし支払は本人名義口座から引き落とし)、事なきを得る。

本のタイトルは、『約束のネバーランド』(1~14巻)であった。これで、たぶん7000円。23日で読み終わる。これじゃ、スマホ育児、スマホ保育したくならないわけがない。

スマホさえ与えて適当に動画とかゲームやらせておけば、こうしたトラブルも起きない。親も平和で、金も出て行かない。

しかしスマホ、ゲームはうちは厳しく時間管理しているので、上記のようなアナログなトラブルがしょっちゅう生じる。

このように、育児の現場では、想定外であまり知られていない、取るに足らない些細なトラブルが、人間のエネルギーの大部分を消耗する。こうした消耗や、家庭内の平和維持、デジタルデトックスの仕事に対して、支払われる報酬はゼロである。金が払われないから理不尽な気持ちになってくる。子どもの安全は、親の忍耐力「だけ」にかかっている。

マスコミで騒がれるようなレベルの育児放棄や虐待はたしかにひどいが、マスコミのニュースになるほどだから実際は滅多にないことだ。だが、子ども育児放棄や殺害などの致命的な「末路」にもいたる小さな育児トラブルは、日々、日本中の子育て世帯で起こり続けている。ここをフューチャーしていくことが急務だろう。

具体的にはケアマネージャーをそういう家庭に常駐させて、細かい家事や育児のもろもろに対処する。もちろんベーシックインカムも必須である。

ヒヤリハットという言葉、ググってみてほしい。正直、育児家事はヒヤリハットの連続だ。工場とかではヒヤリハットの標語の元、だいぶもう効率化され、安全になっただろう(ただ、そうして生み出さ…

子供が学校からもらってきた消費税についての広報パンフ

公立中学の子供が学校で配られたといって、消費税について詳しく説明するパンフを渡してきました。

借金だから返さないといけない、とか。
消費税は他の税と違って安定している、とか。

非常に一面的な、政府に都合がいい情報だけが書いてあります。したがって、次のことは書いてありません。

逆進性が最も高く殺人税制であること。
ここ20年にわたり下げられた法人税の埋め合わせであること。
相続税や利子所得にかかる税など高額所得者を優遇するいびつな税制になっていること。
借金を返すったって、国の借金を返したら金が減るだけでますますデフレになること。

しかしこれ、中学生の子供に説明できたかというとまだできていません。2時間くらいかかるんでしょうね。きっと。でも時間をかけて説明しないといけないと思っています。親としては。

排外主義の温床としての集団的ナルシズムの失敗

イメージ
曲は、母親が「韓国系」アメリカ人の血を引く、日本語より英語が得意な伊藤由奈さん、3分50秒頃から、Endlress Storyです。


いかがでしたでしょうか。国籍や、性別など一切関係なく、人間は人間の心を動かすすごい力を持っているということがよく伝わるのではないでしょうか?

ところですごい力といえば、まもなく日本に上陸する予定の台風19号ですね。
こういう台風が来ると、場合によっては国内に住んでいる外国の方や、弱者への差別感情が妙な形で刺激されて吹きこぼれることも過去の情けない某国の歴史を振り返るとあり得ないことではありません。

荻上チキがニューズウィーク日本版で、集団的ナルシシズムが成就できなくなると、なんだか残念な形でぴーひゃらぴーひゃらいい出す人が増えると。怖いですね。詳しいことは雑誌を読んでもらえればいいと思いますが、ナルシシズムってのは人間の悪の一つだって自由からの逃走の著者もいっています。たちが悪いんです。ナルシシズムは自分以外、関心を持てなくなる病状があります。思いやりや他社への想像力が、自己愛に駆逐されると、自己愛を支えるために他者を容易に攻撃し始めます(マウンティング)。

自己愛をこじらせてこういうふうにならないためにも、ベーシックインカムしかないですよね。

きょうコトリに来ていた大学四年生の話によれば、平成の時代にとっくに消失しているべきだったつぎの「習俗」が相変わらず行われていることが分かりました。

テニスサークルでの無理なイッキ飲み納期のために徹夜も辞さないこと 息をするだけで病気になりそうです。結局こういうのを断ち切るには、立法して国家権力暴力で逐一監視、阻止するか、あるいは代替できるもっといいことをみんなが一斉に始める必要があります。

後者がいいのは言うまでもないでしょう。しかし前者も多少は必要かもしれません。電通が社員の過労死を社会的に責め立てられて夜十時に強制的に消灯したような(あんなのポーズでしかないんでしょうけど)。

仕事をダラダラとやる、これしょうがないんですよね。朝は、まだたくさん時間があると思ってやらない。夕方取りかかるがしょっちゅういろいろと中断される。夜は家事の「締め」がありそれで体力を消耗する。

もう家事もやりたくなければ、仕事も午前中にやって終わりにしたいです。午前中は子供を医者に連れて行って終わりました。

ガイドヘルパー講習を受講してわかった福祉国家ニッポンの末路

イメージ
サラリーマンの給与所得が下がり続けているから、ピーピー。
家事育児がたいへんなのにアンペイドワークだよ、ピーピー。
健常者がブログで気晴らしにBIだの再分配だのと、ピーピー。

本当にごめんなさい。不真面目でした。今日はガイドヘルパー講習を受講してきて、まず、冒頭でお詫びをすることにいたしました。だれにか。それはこれまで、ガチで国家にやられてきた何百人何千人もの障がいをもって生まれ、運動に命をかけてこの国の福祉国家を作ってきたみなさまにです。

まあもともと、うっすらと分かっていたことなのだが、福祉国家日本の正体が今日ちょっと分かった。

障害者総合支援法ってのが出来て、障害者の人権状況はここ数十年のあいだに、ゆっくり着実に改善してきている。しかし、1960年代とかは、障がいをもって生まれると、施設にぶち込まれて本人の意思に関係なく、事実上のそこに監禁され、場合によっては子宮を取られてしまったり、もちろん職員からは虐待、セクハラは日常茶飯事。あり得ない人権侵害状況を死ぬまで耐えなければならない有り様だった。

それを、当事者、その家族、志を持つ学生、法曹関係者、市民たちが、命をかけて法律の制定まで闘ってきた。国連の障がい者権利条約も、批准締結した。彼らの運動なくして、はあり得なかった。

その闘い方たるや、壮絶すぎて今日の講義では本当にもう、開いた口があきっぱなし。衝撃的である。私のような非当事者が、冒頭書いたように、こうやってちまちまおもしろおかしくブログなんて書いているレベルは、これはもちろん、運動でも何でもない。いろんな本が出ているから、ぜひ皆さんも、興味を持って調べてほしい。猪野千代子さんとかでググってみたらいいかもしれない。

でですね、なぜ、私がガイドヘルパーつまり、福祉がらみの資格に急に目覚めたのか。これは椅子取りゲームが始まっているからです。なんの? それは、比較的ラクで、まあやりがいがある、ギリ、自尊心を保てるレベルの「人間が出来る」仕事の最後の領域がガイドヘルパーなんじゃね?と思ったから。

AIがいろいろ、仕事持って行ってしまうと思ってます。特に、これまで大卒ホワイトカラーを吸収してきたいわゆる定型的事務労働。福祉の仕事は、ほとんどが非定型で、即応力が必要で、しかも個別的、いろいろなところにバラバラに存在している。まったくAIに向かない。その中でも、ガイド…

幸不幸は気の持ちよう。特効薬はなく、我慢大会か福祉コースの二択へ

イメージ
「結婚し、出産に感動するのもつかの間、エクストリーム育児と父父母母介護の修羅を生き抜く著者」山本一郎氏。

なんか、上から目線で、肩書きも投資家とかいっていけ好かねえ野郎だなと思ってなかなか、食わず嫌いなんだが、毎回彼の書く文章に、非常に共感してしまいます。

特に今回のこれなんてたいへん結構だと思う。

「サラリーマン」を馬鹿にして駄目な知識を吹き込む、オンラインサロンとかいう魔境もっともらしいことを教典にする新興宗教をやっとるだけなんですよ この人はきっと、私と同じように、会社勤めとか無理で起業してそこそこ地頭のよさで上手くいったものの、経歴からあるいは過去にちょこちょこ書いていらっしゃったことから拝察するに、育児やダブル親介護を経験され、死ぬほど自尊心をヤラれたンだろうと思います。もうやになっちゃったんだろうと。そして、今回の記事に書いてあるように、クソ手続きの多さに吐き気しかないと。確定申告、オイ、国税庁、オレを殺す気かって、そういうふうに、年に何回か、きっと思っているんだろうと。 で、数回前の記事で書いたように、これから小さい企業ってのは、令和5から始まるインボイス制度の導入により、あらかた実際、国税庁に殺される、あるいは税務職員と無理心中も視野に入ってきていると思います。 黙祷しましょう。 だいたい、皆さん知っていますか。ビッグイシューに書いてあったんだけど、著名なあるイギリスのミュージシャンのうち何人かは、失業給付を受けて音楽活動をしていた頃があった。 やっぱり、活動するには、カネが必要で、それは政府が、例の26人からちょっともらうようにして配るしかない。 山本一郎は、オンラインサロンは宗教よろしくまったく根拠も有効性もないイデオロギーをバカに振りまいて幻惑し、カネを吸い上げると批判している。彼らがエサにするのは、はたらかなくてもお金がどんどん入ってきて、愛も名誉も余裕でゲットできるのは起業しかなく、サラリーマンでいる以上は搾取され続けて寂しく人生を終わるしかない、というストーリーだ。 こんなストーリーは、まったく現実性に乏しく、金を払って聴きに行くなんざ愚の骨頂。その時間と金で、○○(旅行とか、読書、映画鑑賞、まあ飲み屋、風俗、お好みのものを入れよう)へ行ったほうがよほど健康でハッピーということだ。 人生のおおかたが、我慢大会か、またはイチ抜けて生活保護か…

世界の富の半分を持つ人数が26人に「増加」

イメージ
今日たまたま、水道橋で愛すべき私たちのメディアビッグイシュー日本版買いまして、2冊買って、そしておつりをもらってしまったことをもうこれはいまだに後悔しているし、死ぬまで後悔しようと今猛省しているところです。一瞬だけ、この300円はいらないって言おうと思ったんですけど、それもなんか、ナルシスティックでありがちで逆に一周回ってどうなのかなっていろいろ考えすぎてしまい。彼らもまっとうに経済活動に参加しているんだから、お客の役割を真摯に演じきったほうがいいのかなとかいろいろ。でもそんなの意味なくてもらわないで彼らの収入の足しにした方がよかったって今は眠れないほど反省しているところです。

それで、367号(2019.9.15)、例のルトガー・ブレグマン(ブロガーだったはずがいつの間にか歴史家に)がインタビューに答えている記事が掲載されていまして、私が錦の旗みたいに言い続けていた例の「世界の富の半分は8人が持っている」、これ最新の調査では26人になったようです。ちょっと格差が緩和したんでしょうかね。株価が下がったからだろうか?

しかしまあ、世界人口70億のうち、下位の36億と同じ額を26人が持ってるって、どう考えてもこれ、引き続いて、おかしいって話で、あらゆる問題が資本主義で金で解決するんだから、それ何とか再分配して、地球の存続のために、それこそエスディージーズ?あのためにばらまいてほしいなとあらためて思っているところです。エスディージーズッたって、そんな金を一部の人がしこたま貯め込んだ現状で、何ができるかって。竹やりでもつかえってか。

たしかブレグマンは先般のダボス会議で、ものすごい少数しか参加しなかった分科会で、タックスヘブンの問題何とかしたらどうなんだって言ったけど完全スルーされたとぼやいていた。

悲しかったので傘を差さずに近所のスーパーに大葉を買いに行きました。69円で7枚はいっていた。テンション上がる数字ですね。

曲は部屋とYシャツと私(平成4年)。これ歌詞の「女」って部分は「男」と読み替えて聞いてみて下さい(「彼女」は「彼氏」に。「最高の妻」は「最高の夫」に)。Yシャツをブラウスとか。ジェンダーフリーとなります(ならないか)。

人生の記念日には名前で呼んで、その気でいさせてって、ねえ。ホンと。めまいしてきますね。吐き気。25ねん、四半世紀を経てこの曲、資本主義の消…

家事労働が無給であることの正当性は失われた

イメージ
生まれてこの方、掃除とか、選択、そういう日常のあれやこれやが嫌いでした。高校では、業者に掃除させろ、納税者が言っているんだ、などと言って親もろとも呼び出されました。予備校では、講師に人権侵害だと(理由は忘れたが)ヤジって以来、「人権クン」と呼ばれるようになりました。

大学では、西洋哲学史の講義を、寝坊で1日欠席したために単位を落とし、まったく同じ内容を2回受けました。その結果、私の「人権クン」化がさらにエスカレート。

ちょっとでも面倒なことがあれば憤懣やるかたない気持ちで人権侵害だと呪詛するように、というのはまあ、誇張です。それはありません。幸い。そこまでひどくない。そりゃそう。笑顔いっぱい、感謝感謝の毎日です。家族に感謝、お客様に感謝。お天道様に感謝。まあこれもウソでね。ここまでイッちゃってない。

話を戻すと、まあホッブス、ロック、ルソーあたりが数百年前(16世紀)に人権だとか、社会契約とか、今の各国の人権や憲法、国際条約等の規定になる考え方を出してきました。

ところで、前世紀の中頃、ゲーム理論というのが出されて。進化生物学も、ゲーム理論で説明する人も出てきました。

もちろん、数学がまったく分からないので、細かいことは分からないんですが、チキンゲームとか、コーディネーション、そしてタカハトゲームなど、うっすらとはだいたいわかってきました。皆さんも、是非Googleで検索してみてください。楽しいですよ。

検索するのが面倒な人のためにゲーム理論のエッセンスを一言でいえば、個体がその都度自分の利益を最大化するためにする判断は、結局社会全体から見ると必ずしも最善にはならない、とか。タカハトのケースでは、たとえば男性が女性に対してマウンティングしてドヤり、家事を女性に押しつける代わりに、外ではたらいて稼いでくることが結局その世帯の利益を最大化するとか。みんなが使い出したという理由で、実際の価値は二の次で、ベータじゃなくてVHSになるとか。

まあ何となく、今の地球上の諸問題の多くが、このゲーム理論で薄ら寒く説明ができましたって話なんです。

で、問題なのは、なるようにしかならないあるいは、いちばんこうするのがいいんだーって、その都度個人個人が判断していったとしても、実際はその個体を含むコミュニティーあるいは環境全体にとっては不都合が積み重なる。人権侵害の状態がずっと続く。こう…

今日から10%に

イメージ
消費税が10%になった。れいわ新選組や共産党他、多くの政治家やアクティビスト、経済の専門家が警鐘を鳴らし続けた性器の愚策が現実の物となった。いや、性器ではなく、世紀の。



経営する店は政府のキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店になっている。したがってカードやsuicaで決済すれば、5%戻ってくる。



しかし私は一貫して申し上げたい。10年以上にわたって言い続けている。消費税という税だけはまずいと。パンドラの箱を開けたようなもので。一刻も早く、れいわ新選組が政権を取り、この悪税を廃絶して富の再分配に倫理を取り戻す必要があるだろう。



曲はアニメ進撃の巨人のRed Swan。