なにが残念か

民主主義なのに、投票にほとんどの人が行かない。行く人はみんな、間違った党に投票する。社会は結局、もともと資本主義や民主主義に内包された「欠陥」によって、ゆっくりと破滅に近づいている。

投票に行かない、関心がない人が、選挙に関心を持つようにするにはどうしたらいいんだろう?今、人々の関心は何によって政治から背けさせられているんだろう?

多分それ、ゲームとか、SNSとかだろう。現実の社会では、ゲームやSNSで得られる熱狂や興奮、承認は得られない。政治家たちは、私たちの関心がどこに向かっているのか。人々が何に興奮して動くのか。それをまずは確認したほうがいいだろう。

この動画では、公立高校の卒業式に、事前に知らされていなかった歌手(AI、エーアイじゃなくてね)がサプライズ登場して生徒のドーパミンが出っぱなしになる様子を確認することができる。彼らの多くは、前に出ようと壇上のほうへ動き出した。彼らを動かすことができたのは、何だったのか。彼らを、歌手に反応して動き出すまでの間、じっと座らせていた力は、何だったのか。実は同じ力である。校長のニタニタ笑いがそれを物語っている。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ