鬱状態からの回復とは

そもそも鬱状態とは、身体の健康が損なわれるほどの気分の落ち込みである。

食欲不振、不安、動機、ふるえ、睡眠や摂食の障害。放置すれば自殺など文字通り命の危険に関わるので、これは間違いなくれっきとした病気だ。

問題は、「引きこもり」の状態と鬱病のあいだにひろがる広大なグレーゾーンというか、ロングテールというかそこだろう。

娘は今どうなってるんだろう。いちばんひどいときのやばい状態は少なくとも今はまったくない。笑顔もあるし、朝起きて御飯も食べる。家族と。

外で妹と遊んだりできる。

食事やエネルギー(暖房や電気水道など)は家族なくしては無理だ。家族が亡くなったあとどうするんだろ。なにか腕に職を付けるだとか、どっかのコミュニティに包摂されるとかしないとまずい気がする。

ひだまりのなかネコとじゃれてるときが幸せだそうである。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ