領収書はお金であり護符

私は正直に告白すると夏休みの宿題とか、読むべき本とかは、超後まわしにしてしまうタイプです。

というか、ADHDなのでそれはあたりまです。生まれたときからそういう仕様で出てきているので、それ以外の対応はできないことになっているんです。

で、今確定申告のシーズンで、いろいろ工夫してやっとの事で1社終わったので、のちの備忘のためにこれを書くことにしました。工夫ってなにか?はい、たとえばコンサータを飲む。コーヒーを飲む。あとは、使っていないノーパソを横に置いてひたすら「酷道」動画を映し続けるとかですかね。酷道を延々走る動画。パソコンが処理が遅くてイラついたときに。あるいは、国税庁電話相談センターで待たされているとき。酷道風景を眺めるだけで本当に癒やされて別世界に旅立ててステキなんです。工夫は以上になります。

さて、法人が、つまり普段は命がけで赤字にしているにもかかわらず、たまたま想定外に売上が増えてしまい黒字になったときにどうするかってはなしです。日本の法人のうちこれは200万社くらいあってほとんどが中小零細企業ですが、8割は赤字にしているため、黒字になったときは私のように慌てふためきます。ただ、ほとんどの法人代表者は税理士に丸投げしていて、社長自身が確定申告しているケースというのは少数と思っています。

黒字の場合に戻ります。黒字が見えたら、当然私も毎回慌てます。というのは、オペレーションが複雑で、書類作成もたいへんなことになるためです。ここで一点、「私」=人間の私というより、法人代表者つまり法的な意味でのヒトなので。つまり、有り体に言えば私=会社、ということになります。以下はすべて法人(会社)についての話になります。ただし、利益の考え方や、税の納め先は同じですから大丈夫です。

あとでみて訳が分からないとイラつくので、ものすごく簡略化してしかも私の小さい小さい法人の、たった200万程度の黒字の場合に限り話します。たったというのはもちろん異論があるでしょうが法人の税の話をするときにはこれは小さいと思います。

まず、いったい誰に対して払うか。三人います。払う相手は三人います。カッコの種類は、それぞれに対して払う税金の種類の数です。これらはそれぞれ計算の方法や税率が異なります。=は変数ではなくて、まあハンドルネームとしましょうか。ときのリーダーと名前がたまたま似ていますが、分かりやすくていいですよね。

  1. 国(2種類)=しんちゃん
  2. 都道府県(4種類)=ゆりちゃん
  3. 市区町村(2種類)=ニッシー
★法人ではなく個人の場合はしんちゃんに言えば自動的に彼がゆりちゃんとニッシーにも伝言ゲームで言ってくれるので、その点は個人のほうが確定申告は楽です。法人は3者それぞれに申告しなければなりません。

はい、よろしいでしょうか。黒字が出たら、私たちはまずしんちゃんと、ゆりちゃんと、ニッシー3者に、利益を申告し、しかも自分で税額を計算して、自分で納付する必要があるのです。これはどういうことかというと、彼ら三人は、私が教えなければ、私がいくら稼いでいくらの利益になったのか、知るよしもないからです。当たり前ですよね。
意外に重要なんですが、確定申告って言うのは、何が確定したことを申告するのかというと、きちんと主語目的語を補完すれば、確定した利益の額をシンチャンたちに教えちゃる、ってことなんです。

だから、これを教えないとなると、即犯罪です。なぜなら彼らは知るよしがないですし、かといって、憲法では納税の義務が定められていて、国民は必ず確定申告して納税する義務があります。これをしないとなれば違法ですよね。教えなければ、つまりそういう、なにかをやらないで放置することが、じつは犯罪という、積極的な第三者の関与の理由となる。これは興味深いです。国家の帯びる暴力性ともいうべきところではないでしょうか?

話がそれたんですけど、では、しんちゃん、ゆりちゃん、ニッシーそれぞれにでは、いくら払うのか。まず計算のスタートはつまり税額の基準は利益(収入から経費を引いたもの)この場合は200万ですが、200万に対して何パーセントという税率をかけて、税額が出てくるのです。

シンチャンに払う税金 200万の15%
ゆりちゃんに払う税金 200万の5%
ニッシーに払う税金 200万の3%

よろしいでしょうか。全部あわせるとだいたい、25%くらいになります。200万の25%は50万円です。50万円の過半数はシンチャンに払いますが、それはシンチャンの借金返済とか、借金の利息の支払いとか、高齢者とか、地方とか、アメリカの軍需産業などに流れます。

大事なことはこの、誰に払うのか。これは三人ですね。国、都道府県、市区町村。そして、いくら払うのかをどう計算するのか。これは利益に決まった税率をかけて計算しますね。税率や、かけられる数はそれぞれ異なりますので、詳細は触れませんが、結果として算出された税額は、3人合わせて利益の25%。そういうことになります。

この感覚が大事だと思っているんですよ。なんでかというと、よく、確定申告の時期には必ず言われるのが、領収書とっておけですよね。これなんでなんでしょうか。たとえば100円の領収書があるとします。これは売上を上げるために必要な経費としての支出でした。まあじゃあ、消しゴム代ということにします。で、売上がその年、100円だったとします。もし領収書がないのならば、100円が利益になりますから、25パーセントは、三人に払わないといけない。でも、領収書があれば、100-100=利益ゼロなので、25円を払わないで済む。つまりどういうことかというと100円の領収書には、25円の価値があるってことです。100円の領収書は25円の金券、というか、25円そのものなんです。

そういうお金を、捨てる。あるいは無くす。こういう人がじつは多い。彼らはお金を捨てたりなくしたりしているわけです。

いかがでしょうか?この25%という数字だけを覚えておけばいいんだと思います。そしてそれは、一年に一回、逆らえない怖い3人のヤンキーに払う金額であり、でも彼らは領収書があれば退散します。領収書はお金であり、そして護符でもあるのです。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ