仮説・家事を無給はあり得ないを実の娘で検証

日頃から、家事を無償でやるってのはあり得ないと言うことをここで訴えております。しかし、これ私が感じていることで、何ら普遍性があったり科学的に証明されるような「定式」ではございません。そこで、少しでもこれを説得力あるものにするために、娘たちで家事あり得ない説を検証してみました。

娘らにためしに、私が週二回やっている買い物(買い物リストを持って近所のスーパーに行き、買ってくる)をやってもらいましたところどうなったか。さっそく見てみましょう。

娘A(中学生)「途中で元気がなくなった」
娘B(大学生)「マジであり得ない。だるすぎ」

いやこれ、しかも無給だが、と伝えると、目が点になっていました。

娘A(中学生)「何かやらかした?」
娘B(大学生)「かわいそー」

やらかしたかどうか?たしかに、私は妻と結婚してあんた方を育て始めて今も育てていることは「やらかした」と言えばそうです。かわいそうか? …涙出てきました。

キーーー!ベーッシックインカムしかないだろコレーーー!

昨日アマゾンで買ったトッド解説本(by 鹿島茂)に書いてあったんですが、なぜ、人類はある時点で少子化になったか。トッドは、女性の識字率と出生数に相関関係があることを発見しました。

字が読めれば、いろいろな目に見えない物事の道理、考え方、あるいはストーリーや公正さについて。さらには将来や過去の出来事を想像したり。できるようになるわけです。

字で書いてある物語(や評論)を読めばイマジネーションに翼を与えます。

娘たちの様子を見ていて、こりゃーなるほどと思った次第です。皆さんも、もしお子さんがいたら、「はじめてのお使い」やらせてみるといいですよ。はじめて、ということはその後2回目、とか、3回目とか、10回目とか、まあ、100回目とか、400回目とか、続きます。つまり、死ぬまで、何百回となくやることになる、そういうタスクを、子どもがどういう反応するか。イヤだ。うんざりだ、たいへんなだけ。希望も未来もなく退屈。

なぜそういう反応になるか。その体験から、どういう意思決定をし始めるか。少なくともトッドは、ぜひとも死ぬまで家事育児やりたいからすぐ結婚して子ども産んで、これからも一生買い物に行こうとは、字が読める人なら考えない、そういう結論です。私も同感です。娘たちも。

で、これはさらに今後どうなるかって話をしますけれども。識字率つまり英語で言うと「リテラシー」は今は先進国では当たり前で、今はただのリテラシーがさらに進化した「メディアリテラシー」を備える人の割合が増えています。たとえばYouTubeやInstagramなどに動画を作成して発信する能力のことです。

こういうことができると、ますます、家事育児の営みに向き合おうとする意欲ってどうなるんですかって話です。

放置したらまずいと思いますよ。保守層には、日本の礎が消失する事態ですし、革新層には、でっかい政府なんて夢のまた夢になります。

米国国防総省が2004年と2015年にUFO撮影した動画を今日公開しましたけれど。そろそろ地球は国境を取っ払って、世界国家でまとまったほうがいいんじゃないでしょうか? 急にそういうUFOから妙なウィルスとかでてこようものなら。ホント怖い。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ