なぜ自民党に入党しようと思ったか

詳しく知りたいと思ったから。

つまりもっと政治の本質や実際を勉強するには、いちばんデカいところ、歴史が長いところにはいるのがいちばんだと思ったわけです。

それに私は単に、世の中にベーシックインカムを導入したい。ベーシックインカムしかない、しか、言っていない。ついでに言えば人権がもっと守られ、多様性が認められ、地球環境に優しい政策を実行に移せる政党であれば、どの党だっていいだけです。

いちばん、そういうことやれそうなのは、単に自民党だったと言うことです。

たとえば今、最もベーシックインカムが導入の気運が盛り上がっている、そういう世界史的なフェーズに私たちは立っていますが、どの党がいちばんはやく日本でこれを導入出来そうでしょうか?

自民党以外にないでしょう。投票率を上げる? 有権者にがんばってもらう? 野党だってすごい優秀で立派な人がいるしごともしていれば対案も出してる? もちろんそうでしょう。でも私は、そういう人にこそ、ベーシックインカム導入のために自民党に鞍替えしてもらいたいと思っています。

いまから、そもそも私が政権交代のために運動はじめるとか、別の党の党員になってどうのこうのとか、そういうことに労力を費やしていたら、私はたぶんベーシックインカム云々以前に寿命が尽きると思います。ベーシックインカムウイルスとしていちばん最適な宿主は自民党でしょう。

空っぽなんだろう。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ