投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

経済と貨幣

イメージ
今日は、哲学がなぜ、人々にとって最も必要な、いわば私は哲学は、現代人が備えるべき常識の一丁目一番地と思っているわけですが、その理由を述べたいです。
世の中にはいろいろな学問がありますが、哲学は「私とは何か」を真正面から取り扱います。ほかの学問で、こうした漠然とした問いを追及するものってありますか。ないです。ほかは全部、物理学、医学、経済学など、対象とするものがしっかり標ぼうされています。
現代資本主義社会、それも、人口現象が始まって高齢者が社会の多数を占める民主主義社会において、格差の拡大が大変な問題になっています。私が最も違和感を覚えるのは、例えば、弱者や貧者に対して、政府はもっと支出すべきだというと、必ず、同じ国民の立場の者が、「金の無駄遣いだ」「自己責任だ」「働け!」「財源はどうするんだ!」とか言い出す。
私はそういう人たちに対して、いったいあなたは何の立場で、何を守るためにそういうこと言っているのか、考えたことがあるのかと思うのです。たぶんないでしょう。彼らつまり、国民の生命健康と最低限度の文化的生活を守ろうとする政府の支出に反対する人たちは、間違いなく自分たちがいったい何者なのか、考えたこともない。ただ単に、ワーワーわめいて、憂さ晴らしやマウントしてすっきりしたいだけなんだとさえ思ってしまいます。
弱者のために国が支出しないのであれば、当たり前ですが早晩あなたにも支出されなくなるんです。
それに、経済学をちょっとかじれば分かることですけれども、政府が支出するんであれば、お金をつかってくれる起業家と、消費性向の高い消費者(つまり貯蓄ゼロの低所得なひとたち)にまず真っ先に配るべきです。
とかこういう話ですね。これを理解するのに、絶対に欠かせない知識がある ります。それがまさに自分とは何かということです。哲学的素養です。
まず自分=国民です。国民国家には、主体がいくつかあります。人の種類で分類すると、法人と、自然人です。法人には、会社はもとより、地方公共団体(村、市、町、区)、そして国や裁判所も含まれる。財務省もひとつの団体です。
いったい自分とは何か。この答えは、日本国憲法に書いてある国民でして、私=国民であり、主権者である。この理解が一丁目一番地の知識です。
この部分を吹っ飛ばして、国の借金が大変だから貧乏人には金を配るな、働かせろ、なんていったら、あなたは財務官僚や財務大臣…

匿名者のSNSのクソリプや誹謗中傷は嫉妬やルサンチマンが原因

イメージ
憚りながら申し上げると、内田樹さんという哲学者が著書『そのうちなんとかなるだろう』で書いていたことなのだが、SNSで匿名で、発信者に対する誹謗中傷やクソリプを上げる人たちの動機には、嫉妬があると。
で、なるほどと思った。ニーチェはキリスト教の原動力にはルサンチマン(分かりやすくいえば嫉妬)があると言ってた。
嫉妬は怖い。ただ、私は、有名なマズローの欲求五段階説にしたがって問題を整理すればそれほど怖くもない。
赤ん坊が、腹が減ればギャーギャー泣きわめく。あれは生存の欲求が脅かされてるので、全身全霊でアラートを発している。そうしなければ、その個体は次世代に遺伝子を残すというそもそもの埋め込まれたミッションを達成出来ない。だから、その泣きわめきに対して、うるさいとか、ギャーじゃなくて「すいません、おなかが減りました」というのが論理的に正しいとか言ってもまったく意味がない。
クソリプや誹謗中傷を匿名で行う人たちも、この赤ん坊の泣きわめきと結局は同じ欲求に由来している。つまり、SNSやネットで輝かしく、すばらしい地位にいる人たち、注目を集めている人たちに対して、そこにいるのはお前じゃない、オレなんだ、オレのために場所を空けろと言っている。そして、その場所にオレが行かないと、今の現状では自己承認欲求が満たされないので、もう早い話が死んでしまう。腹が減った赤ん坊の状態なのだ。
大人になった人に、小さいころ、ギャーギャー泣いてたでしょう?といったら、たしかに。オレはまだこどもだったからと言えば済むし、まったく自然でなんの問題もない。でも、SNSで噴き上がってクソリプ上げた人に、アンタそんな書き込みしてたでしょうと非難したらどうか。こどもだったから、とかいう言い分けは通用するか。ネットの誹謗中傷のせいで人が死んだり、鬱になったりしている。赤ん坊の泣きわめきとは異なり、重大な責任が生じている。
同じ欲求の充足を満たそうという人間の反応でありながら、赤ん坊と、匿名者のクソリプは、結果の重大性が大きく異なる。
私たちはこうしたしくみを知ったわけだから、ネット上に、ルサンチマンに駆動されたひとたちが、赤ん坊のようなレベルでわめき散らす場所を作ってはいけないのではないかと気がつく。
それはもちろん言論の自由云々とはまったく無関係な話だ。赤ん坊の泣き声に、言論の自由がどうのこうのなんていわない。
それで、赤ん坊…

MMTをドヤ顔で批判する「評論家」「学者」の性的倒錯について

この記事に典型的なように、MMT(一言で言うと基軸通貨の国はどんどん自国通貨をすって国債を積み上げてもインフレにはならないから平気理論)の危険性を指摘する学者や評論家も多い。

MMTをたとえば今の日本がやったときに、海外の投資家が日本売りをはじめるリスクを否定しきれいないから、危ないよというのがその主張の要旨だ。
まったくその通りで、べらぼうな政府がじゃんじゃん円を印刷して国民に配りだそうものなら、まあ、その通貨は大丈夫かなと思わないほうがおかしいだろう。
ただね、だいたい、MMTや緊縮財政論者に共通しているのは、そこまではたしかに、一定の合理性もあるし認めよう。円の暴落は怖いよねと。私はそれ分かってる。だから、もう一律に国民に配れというのはちょっとどうかなと最近思い始めている(ウソですが)。
そもそも、ドル、ユーロ、円、この3つの基軸通貨の信用を守るために、これまで日本人は身を粉にして働いてきた。で、そうやってなにやらがんばった結果ある程度豊かにはなった。蛇口ひねれば飲める水が出る。電気も、ガスも、水道もちゃんとしている。治安もよければ乳幼児死亡率も低い。失業者も家族が面倒見て求職中から外す統計ハックによってずっと低いまま(これはさる高貴な家族の人たちが象徴として、つまり彼らは働いていないがまさか失業者にカウントすることができない、そしてそれこそ日本の家族のあり方でモデルだから、家族に養われている人は失業者ではないという「数式」に由来している)。
ただ、勤労=善という価値観があまりにもはびこった結果、働けない人はダメ、みたいなことを、あろうことか国民同士で言い合いをするようになっている。これはぜったいにまずいだろう。いくら基軸通貨円がだいじったって、働けない弱者を同じ国民が攻撃するのはあり得ない。あんたらはじゃあ、働いていない人は全部攻撃するんだろうか?給与所得者なんて、全国民の半分も行っていないから、過半数を敵に回すのね、ご苦労様。
つまり働いていない人=悪というのは、成り立たない批判だし、そもそも基本的人権を蹂躙していて犯罪だ、そんなの。うちらの高貴な人たちをもその対象にしないといけないぞできるか?ぼくはぜったいにできないがな。
で、そうやって国民同士の行き過ぎた道徳観、規律意識のせいで、最近は副作用ばかり目立つわけでしょう。格差拡大。貧困の増大。サービス産業担い手低賃金…

絶望を希望に変える経済学――ノーベル経済学賞受賞学者もベーシックインカムしかない

最近読み始めたのがこの本。


この著者のひとりはアビジット・V・バナジーといって、2019年にノーベル経済学賞を受賞した人。
ただこの本読んでわかるし私もうすうす感じていることだが、まあ、だれもこういう話題に関心を示さない。
経済学者がいくら政策を奨めても政治家もその支持者も一顧だにしないらしい。民主主義がもうそれだけ厳しいことになっていることだろう。
理不尽を受け入れるのは生活のためで、そこをベーシックインカムみたいに、だぶついた金融経済のマネーを所得の低いほうから順に配れば、衣食足りて礼節を知ることができて世界はよい場所になる。

子どもばん・私のコロナたいさく【けいざいせいさくこみ】

私のコロナたいさくは、みっつあります。・外でモノにさわったり、家にかえったらしっかり手あらいうがいをします ・ひまつを、とばさない、とばされないようマスクします ・わたしたちこどもや、お金をあまりもっていないわかい人たちに国がお金をくばります
さいしょのふたつは、ウィルスのことをがくしゃの先生からきいて分かった、とても簡単でだれでもできるたいさくです。しかもとてもゆうこうだと言うことです。
みっつめの、お金をくばるというのは、せかいのえらい人たちや、がくしゃの先生がみんないいだしました。
こうれいしゃやすでにお金のある人に、お金がくばられても、けっきょくぎんこうのよきんに入ってしまい、いみがありません。
でも、ぼくたち私たちのようなことどもや、子どもをそだてているわかいお父さん、お母さん、あとはお兄ちゃんお姉ちゃんにお金をくばれば、ぜったいにお金をつかう自信があります!!
わたしが今ほしいのは、ニンテンドースイッチのそふとです。お父さんやお母さんは、くるまのいじひに使うと思います。お兄ちゃん、お姉ちゃんは、だいがくのがくひや、サークルかつどうに使うと言っていました。
ぎんこうよきんに入れたままにすることができるひとは、私のまわりに一人もいません。
どうか、おねがいです。
私は、ちゃんとマスクもするし、てあらいうがいもしますから、国のえらい人は、わかい私たちにお金をくばってください!!!今すぐにです!!
とうきょうとこがねいしりつこがねいだいさんしょうがっこう 39ねん3くみ いちはらりょうたろう

公共図書館を作っています

https://www.newsweekjapan.jp/ooba/2020/07/post-83.php
この記事にもあるように、公共図書館は市民なら、というか人なら誰でも入れる民主主義の最後の砦だ。
じつは私も「公共」図書館を作っている。設置も運営も一私人だが、理念は「公共」つまり公に供されるものである。
近所の物件は大家が関心を失いその維持や補修、環境衛生と防犯を私に託した。私は私財を投じて物件を丁寧に守っている。その物件は世界的なあるカテゴリーにおける「聖地」となっている建物の目の前で、その聖地にまつられたというか今もいる「神様」がしょっちゅううろうろしているので、気を抜くことができず、建物の外観や機能をととのえる際に要求される考え方や価値観は極めて重要だ。
政府や自治体が予算ありきでワーッとくる「箱物」とは異なり、私は命を吹き込み、そしてその維持のために毎日気を配っている。
そういう建物の一角を図書館に使用という試みである。すでに、昨年春にオープンしたが、今回はその拡張工事である。
ネットはもうバカと暇人のもので残念なことになっているので、図書館への流路という「単機能」をシンプルに使う戦略でいく考えだ。

ベーシックインカムしかないと竹中平蔵さんもいいだした

イメージ
ベーシックインカム導入に、竹中平蔵さんが前向きな発言で話題となっている。週刊エコノミストの記事によれば、月5万円を国民全員に配ればよいという。
まったく賛成だし、反対する理由が一ミリもない。
この期に及んで財源がとか言い出すのは百歩譲ってポジショントークでやむを得なかったのかもしれないが、それ以外の一般人がそれを言ったらばちょっと理解ができない。お金要らないの?お金ないと死んじゃうんだけど、それ財源がどうのこうのでじゃあ死ねっていうの?それくらいぶっ飛んでいる。
つまり、お金そんなに配らなくてもいいし、財源が心配だし、将来世代への先送りや通貨の信認がどうのこうのごちゃごちゃって、それ今までもずっと言われててそのことだけ気にしてたら結局この20年で中間層消えたし産業は壊滅、国民一人あたりの生産性も低ければ、子どもの貧困もOECDでワースト、どこに配って消えたのか、なぜか政府債務は爆上がり。それ金持ちが貯め込む金になって不動産と株だけ暴騰みたいなおかしな世界じゃない?
もはや、新自由主義の権化みたいにも言われている気の毒な?竹中平蔵さんでさえベーシックインカムって言い出した。
これ見て勉強しよう。

偶有性とはなにか?脳の栄養素

イメージ
脳は、サイコロを振ったりじゃんけんしたりみたいに完全にランダムでもダメだが、完全に思ったとおりのことしか起こらないことも退屈する。その中間に偶有性という領域、まあつまりちょっとスリリングで、挑戦しがいがあるが、能力を超えているほどでもない感じの活動に一番興奮するという話だ。
偶有性がほどよくある活動にうまく没頭出来れば、ドーパミンが出てシナプス結合が行われ、脳の能力がアップする。やったー!
私がここ2週間のあいだにやってることってまさにそれで、廃墟同然の建物の内装を徹底的にリフォームして、人々の想像を超えるファンタスティックでインクレディブルな場所をどんどん作っていくというもの。
木を切る、ペンキを塗る、穴を空ける、コンクリートも穴を空ける、ペンキを塗る、電線を結ぶ、照明を取り付ける、掃除をする。すべての動作は一時間程度で「小さな達成」をもたらしてくれ、ドーパミンが出てコンサータもいい具合に相まってフロー状態に入る。
非常に満足度が高く、完全に時間を忘れる。いつはじめたかも思い出せないほどである。
私にとってはDIYがまさに偶有性がたっぷりある脳のための活動なんだろうと思う。

結局逃避→夜型のメカニズムが分かってきた

今朝四時半でもう外が明るい。
今日は家事、洗い物、ゴミ捨て、床掃除(夜の部、40分)からの逃避で次のようなことを手がけられた。
・子ども花火見守り、火付け係、後片付け ・DIY電線関係からの逃避で天井への合板取り付け ・DIY電線設計、イラレで ・じゅんちゃんと茂木健一郎のYoutube見る(10分くらい) ・DIY工事現場清掃、ゴミ捨て ・DIY裏のストレージの上の樹木や枯れ葉の除去と波板設置工事その1 ・DIYベンチ解体し資材リサイクル ・同その2として波板打ち付けも波板用釘紛失につき翌日に延期 ・営業エリアの清掃、ゴミ捨て ・ちょっと離れた支配床にwifi飛ばすも電波不安定(一時間以上) ・溜まっていた書類の片付け ・いろいろな更新手続き書に押印したり
そして午前3時10分ころついに洗い物着手、ものすごい気分が悪くなるがここまで引っ張った自分が悪いんだけれども、そもそも洗い物の逃避とはいえ上記のようにかなりいろいろなことができた。洗い物着手という視点から見れば逃避だが、逃避という評価を何も私はしないでいいわけでもうしない。洗い物がどんどん後になって、最後にやった(ただしこのあと入浴と風呂洗いの30分の家事があるので寝るのは五時だろう)。
コンサータはとっくに切れてる。昼は子ども病院付き添いとか三日分の食材買い出しとか、後はDIYの資材調達とかいろいろ忙しかった。
波板の設置がこの半年間の課題だっただけに大きな進歩だ。

大西つねきさんは離党後自民党の党員になる道がある

イメージ
私は去年の7月から突然財政や国の借金に強い関心を抱くようになったが、そのきっかけは大西つねきさんだ。私は彼の動画のレクチャーを聴いてなかなか参考になった。  ところで彼は、7月のはじめころ、命の選別を政治家がやらないといけないみたいなことを自分のライブ配信で口走ったために大炎上、山本代表が謝罪し、また、党籍の剥奪も党の総会に諮られることとなっている(ブログ執筆時点)。れいわに敵対する人たちや、れいわ内でも大西さんは理解の埒外だった支持者が噴き上がって、炎上が半端ない。 「募ったが募集はしていない」総理 「金額は言ったが価格は言っていない」財務官僚 「いいかげんに死にたいと思っても生きられる。しかも、政府のお金で(中略)。さっさと死ねるようにしないと」政治家の麻生太郎氏 「(終末期医療について)さっさと死ねるようにしてもらわないとか、考えないといけない」政治家の麻生太郎氏  今の政府与党の官僚や政治家はとてつもない失言を繰り返しているが、謝罪撤回はもとより地位もまったく揺るぎない。大西さんよりもはるかに悪質で、そもそも今の日本に生きるある程度のおとななら、心のどこかに持ってるだろうが、絶対に公では口にしないように気を遣っている「本音」めいたモノの露出ぶり、自民党のロックな爺さんたちのシャウトが止まる気配は一向にない。  大西つねきさんは、この際自民党の党員からやり直すべきだろう。私みたいに自民党のウェブページ党員募集から資料請求して市議さんを呼んで党費4000円を納める、ということである。私が自民党の党員になったのは、こういう「スベリ」に寛大な党はじつは保守本流の自民党だけなのではないかと思ったからだ(冒頭中島岳志先生のいう「保守」について)。  なお大西つねきさんに一言言わせていただくと、私は6月に党員になったので、今月入党したとしたら私のほうが「先輩」になるので、よろしくお願いしますということです。  さて、人間の理性には限界がある。そもそも失言だって失敗だってやらかすし、寝坊もすれば忘れ物もするし、USBだって分からなくてもおかしくない。自民党はこの間、かなりでたらめでヤバい、およそ賢いとはいえず教養もない人でも、しっかりリーダーや大臣になって、故郷の錦を飾ることができている。ある意味すばらしく寛大な党なのだ。おまけに、支持率が下がるどころか選挙での強さは相変わらずだ(少数の…

民主主義社会のマインドゼロの、ここは美しい国日本

イメージ
よく、児童虐待の挙げ句残念な結果になったお母さんお父さんの報道を目にする。その報道の文脈では、いかに具体的に残虐なことが行われたのかが子細に伝えられる。
私はこうした報道がずっと続く一方で、相変わらず子どもや若者への社会的給付や再分配が不足している現状が放置、いや放置どころか加速していっていることがなにも問題にされず、スプラッター映画さながらのグロい報道ばかりがメディアを寡占するのは、結局民主主義社会のマインドゼロの、ここは美しい国日本だなと思う。
確か去年だったか、一人あたり生産性がイタリアや韓国に追い抜かれた。ここ20年、GDPが伸びていないのは日本くらい。産業はがたがたで輸出国家なのにもはや優位なのは、karoushiとかサービス残業ですっかり有名になった安い人件費くらい。もちろんアメリカへの上納金を絶やすことができないうえに、基軸通貨円の信用もあるので、通貨発行権があるのにそれも自由にぶんぱいに使えない。
にっちもさっちもいかないなかで、私は週に三度近く行くスーパーの売り場の美しさに驚嘆し、感動を覚え続けている。
首相は、この国は美しいといったけれども、スーパーの売り場を見る限り、たしかに美しい。スーパーの売り場には、あり得ないほど親切丁寧かつ、美術的に趣向を凝らしたパッケージに収まったいろいろな食料品や日用雑貨が、たいへん安い価格で売っている。
形がそろって、ぴかぴかになったトマトやなす、まっすぐで泥ひとつ付いていないネギ。グラム単位で梱包、値付けされた国産生肉。
私はもはやこの、生活の最も根本的な部分でさえ、余地がないほどの洗練を身にまとった消費社会の日本。
これをまずはしっかり観察して、模倣し、その流儀(なんの流儀かというと、どうでもいいような調味料や半加工食品、生鮮食品をとてつもない洗練さをもって市場に並べるやりかた)をすべての自分の生活部局に取り入れようと思う。
まずはその第一歩として、ブラザーの感熱ラベルプリンターをアマゾンで購入した。私が10代前半のころ、ワープロが登場した。当初、ワープロは感熱方式だった。その後すぐ、インクリボンになって、インクジェット、レーザーとなっていった。だから、感熱方式で何かを印字するってのは、え?まだあったの?っていうレベル。
しかも、ブラザーの感熱ラベルプリンターの洗練さったらない。あの今、風呂上がりで裸。この動画を見て噴き上がっ…