投稿

8月, 2020の投稿を表示しています

安倍首相がベーシックインカム導入の地ならしを果たしたことを評価

イメージ
  いろいろと批判があり、辞任を求める声も多かった安倍総理大臣だが、私は一定の評価をしている。評価というか、解釈というか。 まず私の立場を明らかにしたいが、サヨクの家に生まれつき、それなりの身分の再生産も享受してきたが、中年期になり子育て育児も経験して思ったのは、結局再分配制度が上手くいっていないので貧困に陥ると本当に悲惨だし、また格差をもたらすのは資本主義経済に原因がある。だからベーシックインカムを導入するほかはもう選択肢はないというのが結論だ。 そして安倍総理という人は、外観上結局MMT的な反緊縮財政で、ベーシックインカムのもとになる「お金」は、日銀に刷らせりゃいいというそういうコンセンサスを確立した。もちろん彼はベーシックインカムのために刷らせたわけではないが、その地ならしをした。つまり、カネがなければ政府が「しっかり」対応する、そのしっかりの意味は日銀にお金を刷ってもらう、チャン、チャン、というわけである。 この評価では右翼とか左翼とか保守革新とかは関係なくなる。だからまあ、左翼的な?私もこういうポジティブ評価になる(後で掲げる本の影響もある)。安倍総理はいろんな事情、特に選挙対策の必要から保守的なことばかり言ってきたけれども、ほぼ実行していない。実行したのはむしろ社会主義的な政策だったり、それどころか計画経済的なことすらやってきた。具体的には、国債を日銀に買い取らせる(本当は銀行が日銀に国債を売る)ことによりお金の総量を増やした。 こういうスキームをじゃんじゃんやって、とりあえず株価を上げたり、非正規ばかりとはいえ雇用を増やしたり、富裕層の資産を猛烈に増やしてきた。さらには、外国人労働者が日本で働けるようにするあれこれの施策を、これは経済界からの熱望にこたえるかたちでやってきた。 つまり、資本主義のいまのスキームのまま、やれることをそこそこやって経済成長のために働いたととりあえずいえる。日銀の副総裁は、金融政策面で、財政政策をしっかり支えていくと言った。これ日銀は政府のやることはどんどん応援するよって言っているのと変わらない。具体的には、政府が金を刷れと言えば、ハイ刷りますと。そういう意味である。 こういう道筋、つまりお金は必要ならあるんだよということを明らかにしたのが安倍総理の最大の功績といえる。株価のため。コロナのため。地方のため。(投票してくれる)高

コロナがベーシックインカム導入機運を加速させている

イメージ
最近、私がこの10年ほどこのブログで言い続けているベーシックインカムについて、そろそろもうこれ本気で実現させたほうがいいんじゃね?という気運が世界各地で盛り上がっている。 たとえば、フランシスコ教皇(ローマ法王)は2020.4.12、復活祭の日の講演で、「主立った社会運動や組織の兄弟姉妹たちへ」という書簡を発表。その中で教皇は、「今こそ、ユニバーサルベーシックインカムを検討すべき時かもしれません。これは、『権利のない労働者など存在しない』という人間的でキリスト教的な理想を現実のものにすることでもあります」とのべたらしい。 また、フィンランドやドイツで、小規模ながら実際に定額を給付する実証実験を始めている。 世界銀行はExploring Universal Basic Incomeというリポートを発表した( ダウンロードできる )。 国連開発計画(UNDP)は臨時的なベーシックインカムの導入で、コロナの世界的拡大を防げるのではないかと 提言 している。 私が読んできたいろんな経済学者や文明思想家、歴史家からは、必ず最後に、ベーシックインカム始めろと言ってる。 あたりまえだ。資本主義は格差を拡大するばかりで、もはや底辺に置いてけぼりを食った人たちはいわば衣食足りなくて礼節知らずになってる。 先進国で起こっている、解決が急がれる社会問題、例えば黒人差別、移民排斥、日本ではコロナ自粛警察、あおり運転、児童虐待、あとはまあ少子化とかうつ病や自殺の増加、少子化、生涯未婚率の上昇など。こういうのは要は金があればある程度何とかなる気がしているが、その根拠は昔から言われている「衣食足りて礼節を知る」だ。 心に余裕がないと何やっても社会はだんだん壊れていくに決まってる。その余裕は最低限度の収入、これを統治権力(国家)が担保してやらないといけない。 財源が心配な人たちには、私はいくらでも説明してあげることができる(膨大な関連書籍を読んでるので)。もちろん、時間がない人には短く説明もできる。 近所の管理物件の壁に、ベーシックインカムとだけ書いたイメージ広告を掲出した。ベーシックインカムなんて言葉も知らないほとんどの人たちに、まずは身近に目に触れてもらって、良いイメージを持ってもらうことから始めている。ザイアンス効果ってやつだね。 じつは、政治家の中にはベーシックインカムやれって言っている人

誰かの借金は誰かの資産 日本銀行と私たちの家計

イメージ
 今日は時間がないので。さらっと。 いつものように私は大好きな安富さんの動画を見ていてびっくりした。ブログでわたしが標榜してきた、こども産んだらひとり三千万円配れという、私の訴えtと同じ主張を、安富さんもこの動画で言っていた。 この動画を一言でいえば、日銀はここ十年ほどのあいだ、お金を爆刷りして老人の面倒を見ている。ついでにアメリカに「上納」金も払って、平和を金で買っている。 過去9年ほどのあいだにだいたい600兆円くらい日銀は資産を増やしたが、その資産の中身は、市中銀行から買った日本国債(債権)である。それらのうち300兆円くらいが日本の社会保障、もちろんそれは高齢者向けの年金と医療費である。また、100兆円はアメリカ国債を買った。 残りはいろいろあるが動画を見てほしい。 わたしがうすうす気がついていたことだけれども、こどもや若者にお金がぜんぜん行かない社会である。 で、 日本経済のあたらしい見方 、という本を読むと分かるが、高齢者は将来が不安だから金を貯金に回すし、またもっと悪いことに、最近は企業も金を貯め込んでる(企業貯蓄)。 いくら日銀がお金を刷っても、金は使われずに貯め込まれれば、経済が回るはずがない。構造的にデフレだったが、ここのところアベノミクスで、ちょっとずつカネが回るようになっては来ていたらしい(大方の見方と異なるかも知らんが、この本によればそうである、ただし消費税増税前まで)。 しかしここに来て、消費増税とコロナのせいで、決定的にヤバい局面になった。デフレの断崖絶壁の背中を押されて落っこちそうだが、それでも日銀が必死こいて株や社債を買い支えている。 若者のあいだに最近人気の動画カテゴリーで、軽トラックの後ろに自分たちで小さい箱を乗せて、車中泊しながら全国を旅するというのがあった(いまはチャンネル登録者数を維持するために、旅は自粛しないと「炎上」してせっかくの収益の元を失いかねないので、旅行系のユーチューバーは困っている)。 フーコー入門(筑摩新書)を読むまでもなく、ユーチューバーのような人気稼業はじつに空虚で問題の解決にまったくならない。むしろ異常に道徳やモラルで自分をがんじがらめにしなければ、たちまちひがみや羨望からくる攻撃で視聴者を失うという恐怖が彼らの日常を満たしているように見える。 それはそうと、ドイツがこのほど、非常に少ない人数ではある

日本のあたらしい分断、それは緊縮か、反緊縮か?

イメージ
何を隠そう私もこのブログで、10年以上前はよく言ったものである。「今や日本の国と地方の借金は1000兆円を超える。一人あたりうん百万だ、たいへんださあどうする!」みたな。つまり私も昔は緊縮財政派だった。 しかし日本の借金がたいへんだからどうのこうのという理屈は残念ながら、政府の借金と家計の借金を混同するという、経済学の基礎の基礎に盲目だったわたしが財務省のプロパガンダに完全にやられていたことの証だった。 今はもちろん、大西つねきさんとかの動画を見たり、あるいは本を読んだりして、政府の借金が莫大だから増税したり支出を切り詰めるべきだ!公務員を減らすべきだ!消費税を増税すべきだ!というのがすべて完全に誤ったことであるかを知っている。 日銀と、財務省は違う。財務省はさておき、日銀は分かっている。この動画は最近の副総裁の記者会見の模様だが、日銀が国債を引き受けたり株を買ったりして大丈夫かという記者の質問に「逆に何が問題なのか?いくらまで、いつまでそうするとどうなるのか?」と逆質問でカワしている。 結局、今、緊縮を唱えて国民をどんどん死に追いやっているのは、財務省、政府、一部の間違った政治家、あと御用学者、メディアのほとんどとなっている。つまり、多数派が、間違った政策=緊縮政策を全力で支持しているのである。 こうなると、この国はもはや集団自殺しか待ち受けない新興宗教にヤラれた船長が率いるタイタニックのような難破船で右往左往している様にしか見えない。本当に恐怖しかない。 ただ、この動画見ると分かるが、少なからぬ反緊縮派の人々が、何とかしろと騒ぎ出している。書籍では何年も前からあったが、今やSNSや動画で、反緊縮の勢いは増す一方だ。 若い人がネットを中心に、反緊縮の運動に次々立ち上がっているのはいいんだけれども、何しろ社会の世論を構成するマスメディアや、今の政府与党が反緊縮なのでまだまだ多勢に無勢である。 この動画で三橋さんらにこてんぱんにやっつけられてぐうの音も出なくなっているかわいそうなおじいちゃん(佐々木中央大学名誉教授・行政学)が、じつは世間では圧倒的多数派なのである。 この動画で三橋さんが言っていることは別に想いとか願い、妄想ではなく、日銀や政府が発表している統計情報に基づいたデータである。そういうデータに盲目になり、一般の多数派の人たち(数年前までの私も含めた)は自分

経営している学習塾の最後のひとりがやめる

 2017年からやっている学習塾事業の最後のひとりがたったいま退会してしまった。 さっそく秋に向けて集客プランを練らなければならないがそれはそうと、保護者が塾を辞めさせる理由をここで整理したい。 おおむね、退会の動機で大きなものを3つあげると次の通りとなる。 成績が上がらない 他にやることがある(学校の課題や部活動) 単に他の塾に移りたい(友達の多くが行っている等) 2と3は塾は対策の取りようがないので仕方ないとして、問題は、成績が上がらない生徒をいかにどうすべきかだろう。 ここで参考になるのは人間の動機についての過去の学術知見である。特に筆者の専門である哲学からは、人間の動機で最大のものはなんといっても「死の恐怖からの逃亡」であろう。人が最大のエネルギーを発揮して行動するのは死にそうになった場合に生きるための諸行動である。睡眠、排泄、食事、ここから始まり、安全、承認、自己実現へと続いていく(マズロー)。 先進国で生きる我々現代人の生活において、最大のモティベーションの源泉である「死への恐怖」はすっかり洗浄されて隠蔽されている。家庭内での生活の諸場面ではもとより、都市においてもジェントリフィケーションが進み、死とは無縁の毎日を送ることができる。 法哲学的にも公衆衛生や平和、人権尊重などの概念が立法によってあるいは国際間の条約によって隅々にまで行き渡っている。このことがいっそう死の恐怖を見えにくくしている。もちろん、まさに人類文明の進歩の最も本質的な果実といえるので、筆者は否定しないのは言うまでもない。 ところが、相変わらず生き物としての人間がやる気を出す発火装置として最も依存しているのは、死の回避である。だとすると、現代人はやる気を出す最大の燃料をすっかり喪失している社会で生きていることになる。 こうしたことから、成績を上げようという動機がない子供に勉強させて成績向上させるのは、私が経営するような吹けば飛ぶような一私塾にはあまりにも荷が重いといわざるを得ない。というか、これまで述べてきたとおり、それは実質的には不可能なのである。 残念ながら、子供を塾に入れる理由を「成績を上げたい」と漠然と捉えている人が多いが、塾で「成績を上げる」ことを目的としてうたうことはまさしく誇大宣伝だし、成績を上げること自体がそもそもできない(成績を上げるのは子供と学校の問題で塾は関係ない。

ヴェルファイアのクルーズコントロールが便利すぎた件

 レンタルしたヴェルファイア、たまたま運転支援システムが付いていたので試した。  ウィンカースイッチのレバーの少し下に小さいレバーが生えている。これがクルーズコントロールスイッチである。全車速自動走行機能は、レバーの先端のスイッチをオンにしておく。一定のスピードになるまでアクセルを踏んで、レバーを下げると、その後はアクセルやブレーキを操作しなくても、自動でその速度を保ってくれる。もちろん、前車との距離に応じて安全な車間を維持してくれるので、たとえば渋滞にはまっても何もしないでいい。原則はもとより、停止や発進も全部自動だ。  この機能が解除されるのは、ブレーキを踏んだときである。しかし、その後アクセルを踏んで発進して、レバーを下げると再び自動走行になる。自動走行中、スピードが気に入らないときは、レバーの上げ下げで速度を変えられる。  信号待ちで停止した場合は自動走行は解除される。この場合は、信号が青になって前車が発進したら、アクセルペダルを踏んで、すぐレバーを下げると、デフォルトで30キロのスピードまで加速する。そのあとレバーを、希望車速になるまで上げ続ければその車速まで加速してくれる。この間アクセルは踏んでいない。  道路にキレイにラインが引かれている場合は、レーントラッキングという機能も働かせることができる。これは、ハンドルに付いているボタンを押すと、車道のラインを読み取って、そのラインのまん中になるように常にハンドルを微調整してくれる。もちろん、運転者は常にハンドルを握っていることが前提で、もし手を話したり、手をかけただけだとたちまち車にそれがバレて(つまりちゃんと手でハンドルを握っていないことがバレて)機能が解除される。  高速道路では、ハンドル操作もアクセルもブレーキも、操縦のための力を加えることなく何十キロも走ることができた。  1度これに慣れたら、もうこの機能が付いていない車には戻れない。  なお、この機能を使いこなすのは簡単だが、レバーをいつどう操作するとどうなるのかを把握するために、はじめに分厚いマニュアルの該当箇所を読む必要がある。このレバーで最も重要な操作は、システムを起動させる方法(レバーの端のボタンを押す)、システムがブレーキで切れたときに再稼働させる方法(レバーを下げる)、車速のセット方法、あと、いつシステムが切れるのかなどである。これらの