ヴェルファイアのクルーズコントロールが便利すぎた件

 レンタルしたヴェルファイア、たまたま運転支援システムが付いていたので試した。

 ウィンカースイッチのレバーの少し下に小さいレバーが生えている。これがクルーズコントロールスイッチである。全車速自動走行機能は、レバーの先端のスイッチをオンにしておく。一定のスピードになるまでアクセルを踏んで、レバーを下げると、その後はアクセルやブレーキを操作しなくても、自動でその速度を保ってくれる。もちろん、前車との距離に応じて安全な車間を維持してくれるので、たとえば渋滞にはまっても何もしないでいい。原則はもとより、停止や発進も全部自動だ。

 この機能が解除されるのは、ブレーキを踏んだときである。しかし、その後アクセルを踏んで発進して、レバーを下げると再び自動走行になる。自動走行中、スピードが気に入らないときは、レバーの上げ下げで速度を変えられる。

 信号待ちで停止した場合は自動走行は解除される。この場合は、信号が青になって前車が発進したら、アクセルペダルを踏んで、すぐレバーを下げると、デフォルトで30キロのスピードまで加速する。そのあとレバーを、希望車速になるまで上げ続ければその車速まで加速してくれる。この間アクセルは踏んでいない。

 道路にキレイにラインが引かれている場合は、レーントラッキングという機能も働かせることができる。これは、ハンドルに付いているボタンを押すと、車道のラインを読み取って、そのラインのまん中になるように常にハンドルを微調整してくれる。もちろん、運転者は常にハンドルを握っていることが前提で、もし手を話したり、手をかけただけだとたちまち車にそれがバレて(つまりちゃんと手でハンドルを握っていないことがバレて)機能が解除される。

 高速道路では、ハンドル操作もアクセルもブレーキも、操縦のための力を加えることなく何十キロも走ることができた。

 1度これに慣れたら、もうこの機能が付いていない車には戻れない。

 なお、この機能を使いこなすのは簡単だが、レバーをいつどう操作するとどうなるのかを把握するために、はじめに分厚いマニュアルの該当箇所を読む必要がある。このレバーで最も重要な操作は、システムを起動させる方法(レバーの端のボタンを押す)、システムがブレーキで切れたときに再稼働させる方法(レバーを下げる)、車速のセット方法、あと、いつシステムが切れるのかなどである。これらの重要な部分の記述は、他の記述と同じフォントで書かれていて、たとえば色が変わっていたり、太字になっていたりしない。段落や、タイトルすら付いていない(運転支援システム、とか、クルーズコントロールといったレベルのタイトルはあるのだが、それが数ページにわたっているので、何ページか地の文を読まないといけない)。

 レンタカーの営業所に訊いてももちろん、マニュアルを読んでくれたらいい的なレベルの答えしか返ってこない(それすら数分間待たされた)。

 こんなすばらしい技術で人間の生活を革命的に便利にしてくれるのに、自動車会社は今や青息吐息だという。これは車を所有させるという形態には合わないと思う。車はレンタルにして、強制的にもうある時期からいっせいにこういう機能を搭載させて、借りる人に一定の講習を受けさせればいいだろう。

 もし自分がローンや現金で車を買った場合に、この機能が付いていないのなら、私は後悔したくないので、こういう機能については一切見ないようにしたに違いない。いくらテレビで有名人が、未来の何チャラとかいって、かっこいいビジュアルを流そうが、一切無視するだろう。それは知りたくないということだ。人間とはそういうものだ。

 だから、繰り返しになるが、この革命的な機能はあまりにすばらしいし、車の会社はこれでもっと儲かってもおかしくないのにそうなっていないのは、何か資本主義のシステムの根幹で齟齬が起こっていることの表れであろう。

 ちなみに、3日ほど借りた金額は55,000円である。都内の一等地なら駐車場の1ヶ月分にもなるまい。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ