コロナがベーシックインカム導入機運を加速させている


最近、私がこの10年ほどこのブログで言い続けているベーシックインカムについて、そろそろもうこれ本気で実現させたほうがいいんじゃね?という気運が世界各地で盛り上がっている。

たとえば、フランシスコ教皇(ローマ法王)は2020.4.12、復活祭の日の講演で、「主立った社会運動や組織の兄弟姉妹たちへ」という書簡を発表。その中で教皇は、「今こそ、ユニバーサルベーシックインカムを検討すべき時かもしれません。これは、『権利のない労働者など存在しない』という人間的でキリスト教的な理想を現実のものにすることでもあります」とのべたらしい。

また、フィンランドやドイツで、小規模ながら実際に定額を給付する実証実験を始めている。

世界銀行はExploring Universal Basic Incomeというリポートを発表した(ダウンロードできる)。

国連開発計画(UNDP)は臨時的なベーシックインカムの導入で、コロナの世界的拡大を防げるのではないかと提言している。

私が読んできたいろんな経済学者や文明思想家、歴史家からは、必ず最後に、ベーシックインカム始めろと言ってる。

あたりまえだ。資本主義は格差を拡大するばかりで、もはや底辺に置いてけぼりを食った人たちはいわば衣食足りなくて礼節知らずになってる。

先進国で起こっている、解決が急がれる社会問題、例えば黒人差別、移民排斥、日本ではコロナ自粛警察、あおり運転、児童虐待、あとはまあ少子化とかうつ病や自殺の増加、少子化、生涯未婚率の上昇など。こういうのは要は金があればある程度何とかなる気がしているが、その根拠は昔から言われている「衣食足りて礼節を知る」だ。

心に余裕がないと何やっても社会はだんだん壊れていくに決まってる。その余裕は最低限度の収入、これを統治権力(国家)が担保してやらないといけない。

財源が心配な人たちには、私はいくらでも説明してあげることができる(膨大な関連書籍を読んでるので)。もちろん、時間がない人には短く説明もできる。

近所の管理物件の壁に、ベーシックインカムとだけ書いたイメージ広告を掲出した。ベーシックインカムなんて言葉も知らないほとんどの人たちに、まずは身近に目に触れてもらって、良いイメージを持ってもらうことから始めている。ザイアンス効果ってやつだね。


じつは、政治家の中にはベーシックインカムやれって言っている人たちもいる。ところがこの動画で日銀総裁が答えているように、日銀はうちのやることじゃないと。それは政治でやるべきだと。でも、やるならしっかりサポートできる、みたいなことは言っている。

この動画で、井上智洋先生が言っている通り、日銀は最近ETFも社債も買ってる。どんどん企業に金を入れてる。でも、企業はお金を内部留保にして(つまり溜め込んで)しまって、消費に回らない。消費に回らないということはつまり景気の下支えにならない。

それじゃダメで、企業じゃなくて、家計に配るべきだろう。企業より家計のほうが実効税率は高い。だから、金持ちにベーシックインカムが入っても税で回収できる。一方、もともと低所得の世帯には累進課税で、低い税しかかっておらず、ベーシックインカムの効果も世帯収入において相対的に大きくなる。

日本ではこの動画で渡辺先生も言っている通り、政治家が紙切れに50兆円と書いて日銀にそれを買い取ってもらって、日銀から入ってきた金を全部国民にばらまけばいい。これは大西つねきさんも言っていることなんだが。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ