大阪都構想と橋本徹、維新の会について

大阪都構想の住民投票が行われるらしい。

私は都民なのでまったく関心が持てないが、維新の会というのは申し訳ないが残念な印象を持っている。所属議員の舌禍事件とか、男尊女卑っぽいとか、差別的だとかあれこれ。

ただ詳しく知らない、知り合いがいるわけでも無いので何も言わないに越したことはない。最近、大阪都構想に反対する人たちと、賛成する人たちの訴えをチョロッと読んでみて思ったことをまとめたい。

面倒なのでまとめると、反対派は、市を廃止して特別区に分けることのメリットはまったくないという話。単に、維新の会の政治的プロパガンダに過ぎないというわけだ(冷静に考えると野党が党勢を伸ばすために何でもかんでも政治の材料にするのはまったく自然である)。

賛成派、特に橋下徹さんの話は、前野知事時代の大阪は公務員天国で、腐敗がひどかったというもの。家族も命を狙われるほどの緊張感のなかで一生懸命改革をして、やっとよくなってきたと言っている。それは分かる。おつかれ様。ただ、それと大阪市を廃止して特別区に分ければ財政も改善して(なんとこれは完全にフィクションというか、単なる「夢」だが)成長出来ると言ってる。そんなのは因果関係として成り立たない。

結局、既得権を持つ人たちと、それを奪おうとする人たちのせめぎ合いが政治の震央であって、その様子をプロレス仕立てにして面白がっている市民がいる。そういう感じがしている。悪者を設定してはこてんぱんにやっつけて面白がる(あとで分かったが格差に乗じてとてつもなく巧く集票してのし上がる政治集団、それが維新、いちばん最後に「分かった動画」掲載)。

日本の政治的な成熟が諸外国に追いついていないという話じゃないのか?

橋本維新の会の功績(大阪の行政改革)は一定の成果をもたらしたのは間違いないだろう。ただ、それはそれだ。それはもう終わった話しである。これから、よりよい社会を作るのに、どういうビジョンがあるんだろう? 私に言わせると、一地方公共団体がどうのこうの出来ることはないと思う。人口減少するのに、何か行政の改革をすれば成長出来るなんてのはもう完全に嘘っぱちなのに。

結局橋本さんがやったことは、日産自動車の立て直しでゴーンがやったみたいな、コストカットと人減らしなんじゃないのか? そうやって、行政サービスはたしかによくなったし財政もまともになったかも試練が、その地域に暮らす人たちの全体の幸せはどうなったんだろう? 腐った公務員をやっつけて胸がすっとした、でいいんだろうか? たとえば公務員ががっぽりお金もらってたって言うけど、そのお金を、公務員が全部貯め込めば微妙だが、消費に使ったんだったら、そのサービスなり商品の提供者である民間に金がまわったわけだから、それはそれで資本主義的には順接となる(大阪の公務員を叩くならもっといろいろ叩けるしきりがない。雰囲気も悪くなっちゃう)。

はーあ。公務員だけハッピーだと、こうやって矮小化、劇場、政治ポルノの悪に仕立てられて政争の具になる。かといって、それをケチって財政の蛇口を閉めたら、そのエリアに暮らす全員の首が絞まる。もう日本全体で、ベーシックインカムしかないんじゃね? いってるように。もうね、政治でどうこう出来ない。弱すぎて。

もらったベーシックインカムで森高千里の昔のライブDVD買って観たいよ。

こういうライブに行って熱狂することで、ハンナアーレントとか、オルテガが心配するような、大衆のヤバい暴走を止める、というか、ガス抜きが出来るんだよ。ボクはこれで十分です。

維新の本質は集票モンスター。まさに政治のプロ集団だ。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ