ベーシックインカムはここからはじまる

ベーシックインカムは国が、憲法25条の要請(国民がまともに暮らせるようにする)にしたがい国民全員に無条件で定額を定時に給付する制度のことである。そして、現在資本主義が人間の数が減ってデフレが恒常化し、制度存続に赤信号がともっているなかで私みたいに子どもをたくさんそだてるためにはつまり資本主義の今後の存続のために努力している人間に報いるのに、ベーシックインカムしかないと言うことはずっとわたしが言ってきている。

何しろ今の日本では5000万世帯のうち約半数だったか3分の1は単独世帯である。デカい声で物を言うにはこどもの世話なんてやってたらそれはできない話しなのでいわゆる世論というのは子どもの数が少ない世帯前提で進んでいるように思う。だから、ベーシックインカム月7万じゃやっていけないって騒がれている。実際のところ足りないのはボッチ(ラウドスピーカー)たちの心の寂しさを埋め合わせるなにかであって金じゃない。ボッチが7万もらったって足りるはずがない。金額の多寡ではなく、ボッチに足りないのは孤独を癒やすコミュニティーからのフィードバックだがそこは混同されて語られている。孤独を癒やすコミュニティーは「資本主義の都合により」世界からものすごい勢いで消え去っている。詳細は宮台真司などの社会学者らの研究を参照してほしい。

で、うちのように子どもがたとえば4人いるとしよう。ベーシックインカム、「足りない」7万とはいえ、両親会わせて6人分、つまり6倍、42万円が入ってくる。42万あったらそもそも足りる。足りすぎる。このブログの活動じゃなくて、いよいよ拡散りょくの強い動画に着手する時間も出来るうれしいー!! というわけでベーシックインカムを待望しているのは私のような貧乏子だくさん世帯において最も切実で真剣だ。ところが声は非常に小さい。

さて金を1億人以上の人間に配るというのは書くのは簡単だが実行するのはこれはたいへんな手続きが必要になるだろう。また、手続き以前の話として、そもそも政治的には導入は現在困難である。ところが、ベーシックインカムとまでは行かなくても、少なくともこの憲法25条の国民の権利からの要求に応えることはまもなく出来る気配が私には感じられる。

それはマイナンバーカードの驚くべき普及の加速だ。管政権は2021年度からデジタル庁を設置する。この新省庁の爆誕こそがベーシックインカムのスタートの具体的な礎になると私は思っている。

ベーシックインカムに至らなくても、国民ひとりひとりに番号を振って、所得から何から全部自動的に政府が把握してくれるんだったら憲法25条の生活が出来ていない国民には足りない分を自動的に政府は補うことが出来るようになる(今は足りないと思った国民が自分で手続きして申請する必要がある)。こんなに楽な話はない。

そして、今世界経済は新型コロナウイルスのせいでヤバいことになっている。基軸通貨国が相次いでマネー供給を増やしてはいるがそれは国債を買ったり株や社債を買うなど、およそあまねく庶民の生活を支える政策とはほど遠く、足下では自殺者や生活保護受給世帯が急増している。鉄道、広告、メディア、旅行などの大企業は雇用を維持出来ず、将来への約束(つまり終身雇用の社員地位)を合法的に放り出す方策を懸命に考えている。

とにかく私は言いたい、出来ることをやってほしい。政府よ。そして、デジタル庁。いいじゃないか、それを待っていた。これは憲法に基づく金の再分配の効率化である。それをやれば、資本主義だってそこそこ時間稼ぎも出来るだろうし、そのあいだに私みたいなのが一生懸命ものを考えてこうして十人くらいの読者に「布教」することも出来る。


↑ぜひこの動画を見てほしいとおもう。行政の不効率、縦割りのせいで、毛脳25条のリネンもとい憲法25条の理念が軽んじられ放置され、「自助努力」(そもそも無理)とか総理が言い出してはいる(しかしその総理の政権でデジタル庁誕生)。政府はたしかに、新自由主義的でいやな感じには見える。しかし、丁寧に行政のやっていることをこうした記者会見で見ていけば、一概にそうもいえないことがよく分かるだろう。そして、政府の言うことを左右するのは、もちろん私たち国民ひとりひとりの政治に対する振る舞いなのね。だから政治に無関心なんて言うことを平気で言うのは、文明人の態度としてはもうご先祖様にたいへんに失礼だし、どうしたんですか大丈夫ですかレベルでガチで心配だし実際のところ迷惑です。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ