中島美嘉は貧者なのか?貧者だ。私も。

鹿児島で生まれた彼女は転校先の中学校になじめず、友人と共同生活をしながらアルバイトくらしをしていた。高校にはいっていない。彼女は貧困だったかも知れないが、友達や、彼女の音楽的な才能を見いだしメジャーにつなげることが出来た音楽の師匠に恵まれた。鹿児島のファーストフード店の店員は、7年後、中島美嘉として紅白歌合戦に初出場することになる。


貧困には3つの側面がある。人は誰でも貧困に陥るわけだが、もちろん「金がない」というだけが貧困ではない。陥りうる貧困には、経済的貧困の他、社会的貧困、そして身体的貧困があるように思う。

社会的貧困はもちろん、人間関係が乏しい、無い、だから孤独であるという状態のことだ。中島美嘉は違った。

身体的貧困は、疾病や先天的事情から、思い通りに身体を動かせない状態のことだ。私は体育がなぜかまったく出来なかった。他の教科は出来た。理由は分からなかった。体育が出来ない気持ちというのは、完全に貧者の境遇である。

人と同じように、競技できない。みんなが期待しているパスを失敗する。結局25メートル泳ぎ切ることはついに今もって出来ていない(スイミングスクールに通ったにもかかわらず)。やるせない。やりきれない。いつも体育があると思っただけで胸がズキズキした。この体育が週に何度もあり、それが12年続く。そしてすっかり(以下略)

さらに、それぞれの貧困は、直接的な貧困と、相対的貧困に分類される。私たちがなぜ、貧困に陥って、いわれなき屈辱、自己肯定感の否定、そして最悪の場合、死ぬ羽目に陥らないといけないのか。私は気がついている。それは資本主義がおかしい。学校教育のなにかがおかしい。

とにかく、いっせいに勉強するのはかまわないし必要なことなんだけれども、職業生活が始まると理不尽で不条理な経済社会にいっせいに放り込まれる(しかも最近はもっと悪いことに奨学金という借金まで負わされ)。身体を動かして人々の生活になくてはならない仕事(ケアワーク)は給料は極めて低いし、人間だからそんなに働けない(労働契約では週40時間以上働いて井はいけない)。一方、契約とか投資といったそういう、ちょっと人類の昔を振り返ると道徳的にまずいんじゃないかと禁止されていたような仕事が、とてつもない給料をもらう(富の偏在の加速)。


まあそれでも、働いているという点でまだ可愛い。ピケティによれば、労働は結局資本の増殖にくらべたらかなわない。複利のおかげで、資本の価値増殖は労働では到底実現し得ないほどの富を指数関数的に増やす。増えた資本は信用を獲得するので、銀行から金を借りることが出来る。元手より多くの金を投資に使うことをレバレッジというが、このレバレッジと複利によって増殖のループが際限なく回り始める。いま、コロナで人々のくらしが根底から崩壊しつつあるなか、各国の株価は最高値を更新している。これはなぜか。基軸通貨国の中央銀行が株価を下支えするために、お金を刷って株や社債を買うようになっている。資本の増殖に注がれる燃料は今や、市中のマネーのみならず、国民国家が主体となって加速させている。マジでこれはヤバい。労働よりも、資本に、国民国家が手を貸している。国を挙げてお金を刷って、資本増殖へと雪崩を打ってやっちゃってる。レントシーカーやロビイスト、タックスヘイブンらのプレイヤーが跋扈し、本当に少数の人たちへの富の集中が止まらない。次の動画は株を買うことをいとわない中央銀行幹部の会見。


資本主義の格差は、いくつもの国民国家を少数の私企業の前にひれ伏せしめ、この惑星を陰鬱な空気で満たしている。

NHKのETVをひっさびさに見たけど、作り手が、YouTubeに負けないように懸命に工夫している感じがガチで伝わってきた。要らないとかいう議論もあるが、私は要らないとはとてもじゃないが言い出せない(まあ受信料、格差がこれだけ進んでいるのに、一律、テレビを置いたら法律で、場合によっては争訟までしてバンバン取るってのはどうかとは思うが)。

今日見たのは大阪の子ども食堂を取り上げたETVスペシャル。ビザの関係で、一定以上の収入がなければフィリピンに帰らなければならないシングルマザーの子ども、小学六年のけんちゃん。週7日、朝から晩まで働く母親の帰りを、毎晩8時9時まで待つ気持ち。とてもじゃないが涙無くしてみられない。そもそもこの子ども食堂を始めた女性は、28年前、虐待で子どもが相次いで命を落とす事件に心を痛め、話を聞いてあげるだけでも違うんじゃないかと思ってはじめたという。本当に、そのことは重要だ。子どもに手を上げる親は、完全に人間関係の貧困に陥っている。だからまず、まわりのおばちゃんが、話を聞いてやることが最も重要だ。行政のアウトリーチは今はスッカリ普及し、昔にくらべたらはるかに浸透しているだろうが、とにかく余計な申請や手続きなどする力がもう無いから、だから子どもに手を上げるほどに追い詰められている。そこ(絶対に出来ない手続きや申請)をすっ飛ばし、子どもへの暴力を逸らす効果的な方法は、そこら辺にいる地域のおばちゃんの介入だと私は確信しているし、多分いろんな研究からもそれはたしかめられているところだと思っている。憚りながら申し上げれば私のパン屋なんかも、そういう役割を確実に担うようになってきている肌感がある。社会福祉事務所の受付ではなく、たまたまお客さんが他にいない、いつも行くパン屋のおばちゃんとの何気ない雑談のなかからでも、緊張はただちにほころんで、よりよい人生の物語をはじめるきっかけを、パン代で人は買うことが出来るようになってる。

さてこの子ども食堂は、今や学校区の小学校校長や教育委員も定期的にミーティングを持つほどの、地域になくてはならないインフラとなっている。こうした取り組みは、アドボカシーからの立法、予算措置ではなかなか間に合わない。ハンナ・アーレントは、仕事や生活の労働と区別した活動という人間の領域をさだめた。おばちゃんの子ども食堂の取り組みはまさにこの活動であり、人類の文明進展のためにも、もちろん、今となりにいる、孤独と寂しさに怯える子供達のためにも、すべての大人が取り組み、取り組んでいる人に金銭的人的支援を出来ればすべきことだろう。

社会は国連のSDGsやトランプが再選されなかったことなどから見ても、だんだん良くなっていると私は思っている。そういう、良くなっている、人々の少しずつの努力を、丁寧に、尊敬の気持ちを絶やさずこれからもETVで見ていこうと思った。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ