ベーシックインカムvsベーシックサービス議論に抜け落ちている物

 ベーシックインカムは、国民に等しく定額を配る政策。月7万配ると年100兆円という巨額財源が問題視されている。その解決策として、医療費窓口負担無償化、大学授業料無償化、環境問題解決のための投資をすすめることにお金をつかうと、ベーシックインカム月額7万の十分の一程度の11兆円でまかなえるという。

私は、ベーシックインカムの財源については、世界各国が協調して膨張の一途をたどる金融経済への金の流れを強制的に実体経済に振り向けるだとか、租税回避地をなくすことでなんとかなると思っている。

思っているっていっているんですが?あなたが何を思おうと自由ですし、もちろん私も、自由なんで。

ベーシックインカムで、財源を持ち出す人ってのは、金が今世界中で不健全に偏在している、格差の問題に関してどう思っているのか。ぶっちゃけ何も考えておらず、単に、単年度予算主義だとか、中央銀行とインフレの問題とか、そういう既存の枠組みの中だけで財源を用意しようとしてそれでダメだと言っているとしか思えない。そんなのダメに決まっている。だからベーシックインカムはダメというのはおかしいし、怠慢だろう。

で、ベーシックサービスについてはどうか。ぶっちゃけ、貧困の人とか、社会的弱者には、今はすでにそうなっている。環境だけは資本の論理で投資が進んでいないように見えるが、これも国連とかががんばって、地球滅ぶぞまずいぞってことで、それなりにやっているように見える。市民もだ。

ただ、いずれにも抜け落ちている重要なポイントがある。いみじくも以下の動画で堀江さんが言っていることだけれども、今、金がない人に単に金を配ったりサービスを与えて済む話ではない(もちろん与えないといけないんだが、それに加えて必要なことがある、といっている)。

それはなにかというと、きめ細やかな生活の知恵とか工夫、それを丁寧に、寄り添って教えるコンサルティングのようなサービスである。携帯代が月3万で、家賃も6万だから生活保護だのベーシックインカムでは足りないというけれども、格安SIMとか、家賃だってもっと安い物件はいくらでもあろう。

人が孤独に陥った場合、そこから彼を救済することは、ベーシックインカムも、今のベーシックサービスも出来ない。人を孤独から救済し、おなけが無くてもじつは案外快適で楽しく暮らせるという工夫や知恵を丁寧に授ける、そういう情報の流路が求められている。それはYouTubeでも言っていて井戸果たされているが、行政は、アウトリーチを活発化して、直接対面する仕事が最も効率的だろう。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ