緊急事態下における生活保護制度の利用について

厚生労働省は事務連絡 2020年4月7日において、もしこの緊急事態下において、最低生活費を超える収入を得られなくなった自営業者は、そのビジネスを廃業して就職活動を強いられたり、店舗什器などを売り払うことを強制されることなく、生活保護を受給出来る旨、各地方公共団体の担当窓口に周知している。

一生懸命商売してきたけれども、コロナでお客さんが激減し、収入が減ってしまった。コロナがなくなればきっと再びお客さんは戻ってきてくれるし、当然収入だって回復すると思っているのなら、まずは福祉事務所にこの事務連絡を持って相談に行ったらいいだろう。

このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ