投稿

4月, 2021の投稿を表示しています

『つくられた格差』

イメージ
『つくられた格差 不公平税制が生んだ所得の不平等』エマニュエル・サエズ, ガブリエル・ズックマン他著はアメリカの、めちゃくちゃクレバーな学者たちが誠実な態度でいまの社会の問題点(特に格差を加速させる「税制」について)を鋭く突いた本。2年くらい前出たかな。朝日も読売も書評で取り上げてる。 こういう本はいくらでも類書がある。よく、国は金がない。財源どうする?消費税上げるしかない、とか、公務員を減らすべきだ、とか言う人たちがいる。こうした主張は、この本を読めばいかに間違っているかが分かる。残念ながらほとんどの政治家や、官僚、政策コンサルは、こういう本と縁がない(あっても意図的に無視している)。 制度設計に大きな影響力を持つ主体(大企業、グローバル企業、保守政治家など)は、自らの利益を最大化するために、手段をいとわない。問題は、経済成長に伴う、もっぱら隠蔽された「外部コスト」を、男性稼ぎ手の再生産や子供、高齢者ケアが行われている家庭へと転嫁されがちである点だろう。 育児には法外な費用がかかる。託児所の年間費用が幼児一人あたりに万ドルに及ぶケースもざらにある。そのため多くの家庭では、親が育児をすることになる。親といっても、この仕事を主に引き受けるのは母親のほうだ。これは事実上、政府支出の不足分を補うため、女性の時間に重税を課しているに等しい(時間は、もっとも古くからある課税対象である)。この課税は、女性のキャリアに深刻な影響を及ぼし、男女の格差を広げる。実際、アメリカの母親の収入は第一子の出産後、父親にくらべて平均31パーセント減少する。その結果、女性のほうが男性要理教育水準が高く、大学を卒業する割合も高いというのに、収入面での大きな男女格差がいまだ解消されていない。(引用終わり) もちろん、個別企業の福利厚生意識の高まりやもとより国連のもろもろのとりくみが奏功して大企業の一部には、女性でも不利益を被らなくても済むようになってきてはいる。しかしゲームのルールとしてひろくシェアされ競争の前提として外部コストからとにかく逃れたもの「勝ち」の大きな構造はそうかんたんには変わらないだろう。 マルクスガブリエルが言うように、今の資本主義や経済のルールというのは道徳的には間違ってセットされているのだから、そのルールをきちんとやり直して、改めて市場を回していくという選択肢だって全然ありだと

最近ブログの更新が滞っている理由について備忘

 アマゾンのアレクサはすごい。まったくナチュラルな日本語で、Kindleの本を朗読してくれる。次々と本が読める。夢のようだ。 格差とか、資本主義の本、経済学、あと民俗学、通貨や簿記会計の歴史物…。 マニアックすぎる。読んでるものがマニアックすぎて、ネットに書いたところで誰も興味を持たないに違いない。自分だけ知って、ほくそ笑むようなイヤな趣味になってきた。趣味が読書ってのは微妙だな。取り付く島を与えない感じだ。 歴史本が面白いと思うようになったってことは歳を取ったからか…。 ブログに書く暇があったら次々他の本を読みたい衝動が起こる。そもそもブログに書くという表現行為と、読書行為は違うと思う。それぞれに時間が必要だ。 最近は9時間寝ないとダメってことが分かって、募る一方の読書欲が去るまではブログの更新も、当分進まないだろう。 長いインプットの期間を経たほうがいいものが出来そうだし。

竹中平蔵が日経平均4万円も視野と発言

イメージ
 2021.3頃のプレジデントの別冊版か何か本誌かもしれん、日経平均が4万円言っても不思議ではない旨の発言をしていた。 資本主義終わってる、だとか、自民党の政治だめだ、とか、コロナ対策日本やばいとか騒いでいるメディアばっかり見ていると、到底日本株なんて買う気は起こらない。 ところが、こういう経済誌をたまに読むと、一点だけ首肯できることがある。 それは、金余りだ。中央銀行がバンバンお金を刷ってばらまいている。だぶついたマネーは実体経済ではなくて株、不動産などの投資に向かう。それで、バブルが起こっている。 ここで買うのは天井で買うようなものだからとずっと様子見てるし、そもそも元手がないが、冷静に考えると確かに下がる要素はない。というか、散々言われてきているのに、一向に下がらない。 平三はデジタル庁、グリーン基金、統合型リゾート施設、スーパーシティをキーワードに銘柄を物色するのが吉だと言っていた。 こういう風な見方もあるんだなと感心した。