竹中平蔵が日経平均4万円も視野と発言


 2021.3頃のプレジデントの別冊版か何か本誌かもしれん、日経平均が4万円言っても不思議ではない旨の発言をしていた。

資本主義終わってる、だとか、自民党の政治だめだ、とか、コロナ対策日本やばいとか騒いでいるメディアばっかり見ていると、到底日本株なんて買う気は起こらない。

ところが、こういう経済誌をたまに読むと、一点だけ首肯できることがある。

それは、金余りだ。中央銀行がバンバンお金を刷ってばらまいている。だぶついたマネーは実体経済ではなくて株、不動産などの投資に向かう。それで、バブルが起こっている。

ここで買うのは天井で買うようなものだからとずっと様子見てるし、そもそも元手がないが、冷静に考えると確かに下がる要素はない。というか、散々言われてきているのに、一向に下がらない。

平三はデジタル庁、グリーン基金、統合型リゾート施設、スーパーシティをキーワードに銘柄を物色するのが吉だと言っていた。

こういう風な見方もあるんだなと感心した。





このブログの人気の投稿

宮台真司まとめ

悪の秘密ぼっち「ヘライザー」について

哲学入門チャンネルのじゅんちゃん、ゆとりfamのいよ